ディーラーと販売店の違い

close
 ディーラーと販売店
ディーラー?販売店?

クルマを扱うお店の種類とメリット・デメリット

大きな金額が動き、買った後も長く使うことになるクルマ。安全を乗せて走るものでもあるため、お得に、しかし不安なく購入したいものです。色々とお世話になることも多いからこそ、気になるのがお店選び。様々な種類がある中で、それぞれどんな違いがあるのか。メリット、デメリットを整理してご案内します

POINT 1

新車が買えるのはディーラーなど2種類

日本国内で新車が買えるお店は、主には以下の2つです。

  • ディーラー…メーカーからクルマを仕入れて販売。特定メーカーのクルマを販売する特約店
    (例)トヨタの「トヨペット」
  • サブディーラー(販売店)…ディーラーからクルマを仕入れて販売。複数メーカーを扱うこともある

「トヨタのお店」「ホンダのお店」といったように、「メーカーのお店」として認識されているお店は、基本的にディーラーだと考えて良いでしょう。
例えば、トヨタのディーラーには、「トヨペット」「ネッツ」「カローラ」などがあります。メーカーとディーラーは別の会社です。

サブディーラーは、お店の看板に複数のメーカー名が書いてある場合があります。トヨタ、ホンダ、日産といったメーカー名が並んでいたり、「全メーカー新車販売」と書かれていたりしたらサブディーラーと考えて良いでしょう。

POINT 2

中古車が買えるのは中古車販売店など2種類

日本国内で中古車が買えるお店は、大きく以下の2つに分かれます。

  • ディーラー系…下取り(=買取り)したクルマを中心に販売。ディーラーに併設されていることが多い
  • 中古車販売店…いわゆる「中古車屋さん」。ガリバーのように査定(=買取り)を行っているところも

ディーラー系のお店では、そのお店で下取り(買取り)した中古車を中心に販売しています。
新車については特約店契約を結んだメーカーのものしか扱わないことが多いディーラーですが、中古車に関しては、それ以外のメーカーを置いているお店もあります。

一方、いわゆる「中古車屋さん(中古車販売店)」では、メーカーの縛りはなく、様々なメーカーを取り扱っていることが多いです。
「軽自動車が多いお店」「輸入車のみを扱うお店」といったように、特定のジャンルに特化したお店もあります。

POINT 3

それぞれのメリット・デメリット

ディーラー(新車・中古車)

メリット
  • お店の品質基準がメーカーにより決められており、お店ごとの当たり外れが少ない
  • 設備やスタッフのサービス基準も一定のレベルを満たしている
  • 修理、メンテナンス、保証などのサービスが充実している
デメリット
  • 特定メーカーのクルマしか購入することができないことが多い
  • メーカー横断での中立的なアドバイスはあまり期待できない
  • メーカー基準があるため、販売価格は高め

サブディーラー・販売店(新車)

メリット
  • 知名度で勝るディーラーと勝負するため、新車の販売価格がディーラーよりも安いことがある
  • 複数メーカーを扱っていることも多く、メーカー横断でクルマ選びの相談ができる
  • 修理やメンテナンスはディーラーが行ってくれるので安心
デメリット
  • お店によって知識や接客の品質にばらつきが大きい

中古車販売店(中古車)

メリット
  • ディーラー系のお店よりも中古車価格が安い傾向
  • メーカー横断で、中立的なアドバイスが貰える
  • 査定(買取り)も行っているお店だと、ワンストップでクルマの乗り換えができる
デメリット
  • 保障や返品、アフターフォローといったサービスは、お店による差が大きい
  • 小さなお店だと、購入できる中古車の選択肢が少ない

ガリバーは、上記の表の一番下にある、中古車販売店に当たります。
あらゆるメーカー、車種を取り扱っているので、メーカーにとらわれることなく、お客様にピッタリのクルマをご案内しております。
また安心してご購入いただけるよう、有償・無償の保証サービスや、販売時の車両本体価格での買取りをお約束する返品サービスもご用意しております。

  • 返品のご利用には諸条件がございます。一部返品サービスを実施していない店舗があります。