ディーラーと販売店の違い

クルマを扱うお店の違いとメリットデメリット
ディーラー?販売店?中古車専門店?

クルマを扱うお店の違いとメリットデメリット

大きな金額が動き、買った後も長く使うことになるクルマ。安全を乗せて走るものでもあるため、お得に、しかし不安なく購入したいものです。色々とお世話になることも多いからこそ、気になるのがお店選び。様々な種類がある中で、それぞれどんな違いがあるのか。メリット、デメリットを整理してご案内します

POINT 1 新車を販売しているお店の特徴と違い

日本国内で新車が買えるお店は、大きく分けると「ディーラー」と「販売店(サブディーラー)」の2種類が存在しています。それぞれの違い、特徴をご紹介します。

ディーラー

クルマを検討していると、耳にすることも多い「ディーラー」という言葉。特定のメーカーのクルマだけを販売する、特約店契約を結んだお店のことを指します。

例えばトヨタのお店は、「トヨタ」のほかに「トヨペット」や「ネッツ」などの名前を見たことがないでしょうか。このようなお店がディーラーです。わたしたちが「トヨタのお店」「ホンダのお店」などと認識しているお店は、基本的にはディーラーだと思って差し支えないでしょう。

ディーラーは特定のメーカーと特約店契約を結んでいるため、お店の品質の基準がメーカーによって決められているところが多いです。そのため工場などの設備が充実しており、スタッフやサービスの水準も一定のレベルを満たしています。お店ごとの当たり外れが少ないのが、ディーラーを使うメリットです。

ディーラーとは

他方で、この特約店契約はディーラーのデメリットでもあります。特約店契約があるため、特定のメーカーのクルマしか扱うことができません。クルマを買う時に、メーカー横断でクルマをオススメしてくれたり、あるいは中立的にクルマの情報を教えてくれたりといったことは、あまり期待できないでしょう。また値引きについてもメーカーの基準があるため、販売価格は後述の販売店よりも高い傾向があります。

販売店(サブディーラー)

新車を買う時のもう一つの選択肢が、「販売店」や「サブディーラー」と呼ばれるお店です。特定のメーカーと特約店契約を結んでおらず、上述のディーラーからクルマを仕入れています。また契約に縛られていないため、様々なメーカーのクルマを取り扱っている販売店も多いです。

販売店の一番のメリットは、価格がディーラーよりも安いこと。ディーラーからクルマを仕入れているのにディーラーよりも安いというのは、不思議な感じもします。しかし知名度で勝るディーラーと勝負するために、多くの販売店ではディーラーよりも安く売っています。

また、複数のメーカーを取り扱っている販売店の場合は、メーカー横断でクルマを比較し提案してもらえるのはメリットでしょう。修理やメンテナンスも、窓口は販売店ですが、実際にはディーラーが行ってくれるので安心です。

車の修理・メンテナンス

デメリットは、お店により知識や接客の品質にバラつきがあることが挙げられます。ディーラーであれば「一定以上の品質」を保っているのに対し、販売店の場合は十人十色。クルマに詳しい人ならお店の質、店員の話なども自分で判断できるので販売店でも困ることはないでしょう。近所で評判の販売店も、安心です。良さそうなお店が思い浮かばないなら、ディーラーの方が無難だといえるでしょう。

POINT 2 中古車を販売しているお店の特徴と違い

中古車を販売しているお店も、新車と同様、大きく分けると「ディーラー系」のお店と「それ以外」に大別されます。この「それ以外」に属する、いわゆる販売店の中にさらに2種類あり、中古車の販売だけを行っている中古車販売店と、買い取りも行っている中古車販売店に分かれます。この合計3種類のお店についてご紹介します。

ディーラー系の中古車販売店

上述のような新車を扱うディーラーに隣接するエリアに、中古車を置いているところを見たことはないでしょうか。ディーラーの名前を冠しながら中古車を売っている、それがディーラー系の中古車販売店です。

取り扱っているクルマは、やはり特約店契約を結んでいるメーカーが中心ですが、実はそれ以外のメーカーのものを見かけることもあります。ディーラーでは、新車を買いに来た人が今まで乗っていたクルマを下取りすることがあります。そういった下取り車の中には違うメーカーのクルマもあるため、ディーラー系といえども他社メーカーのクルマを置いていることがあるのです。

ディーラー系の中古車販売店のメリットは、メンテナンスや保証がしっかりとしているということでしょう。お店ごとの品質のばらつきもなく、どのお店でも手厚いアフターサービスが受けられる安心感は、ディーラー系の強みです。

しかし、そういった手厚いアフターサービスの費用は、全てクルマの代金に上乗せされています。そうでなくてもディーラー系というだけでクルマは売れるため、クルマの代金は高めに設定されているというのが、ディーラー系中古車販売店を利用するデメリットです。

その他の中古車販売店(販売のみ)

中古車を取り扱うお店には、ディーラー系以外に、いわゆる「町の中古車屋さん」もあります。ガリバーやビックモーターなどお店をいくつも持っているような大手から、地域密着の小さな中古車屋さんまで、多くがここに入ります。

中古車販売店

その中でも、中古車の買取も販売も行っているところと、販売のみを行っているところがあります。町の小さな中古車屋さんなどは、販売しか行っていないところが多いです。

販売しかしていない中古車販売店の場合、仕入れは中古車販売店向けのオークションが中心です。オークションで中古車を競り落として在庫にするため、各お店の「目利き力」や「相場理解」が重要になってきます。

こういったお店の場合、ディーラー系の中古車販売店に比べるとクルマの代金は安いことが最大のメリットです。アフターフォローなどのサービスにはムラがありますが、地域密着のお店も多いため、馴染みのお店であれば安心でしょう。

他方で、やはりお店の品質にバラつきがあるのがデメリットです。安全なクルマかどうか見極める力がないお店もありますし、知識のない人に状態の良くないクルマを売る心無いお店もないとは言えません。安心してクルマが買えるお店か、慎重に判断するようにしましょう。

その他の中古車販売店(買取と販売の両方を実施)

上述の「販売だけをしている中古車販売店」に対し、自分たちでクルマの買取を行っているお店も存在します。ガリバーもここに含まれ、お客様の愛車を買い取ると同時に、そのクルマを徹底的に点検、整備して、店頭やウェブで販売しています。

ガリバーの点検

買取と販売の両方を行っている中古車販売店のメリットは、いわば「ディーラー系の中古車販売店」と「町の中古車屋さん」の良いとこ取りができることでしょう。ディーラーというブランドがない分、クルマの価格は手頃なことが多いです。ディーラーと違い特定のメーカーの影響がないため、客観的で中立的なアドバイスができます。

また買取と販売の両方を行っているため、ワンストップでクルマの買い替えができるのも便利です。しかも買取価格はディーラーの下取りより高い傾向にあります。自分たちで買取をしている分、クルマの状態に詳しく、目利き力もしっかりしているお店が多いです。

車の買取・販売店ガリバー

デメリットとしては、やはりお店による品質のばらつきがあることです。大手チェーンの中でも、保証や返品などのアフターフォローには差があり、「買取をしているお店ならどこでも大丈夫」とは言い切れないところがあります。

ガリバーでは、中古車ならではの不安を解消していただくため数多くの項目を点検し、その状態をきちんとご説明しております。また、保証や返品などのサービスもしっかりしておりますので、安心してお買い求めください。

POINT 3 良いお店を見極めるポイントは?

お店のタイプがわかったら、具体的に「どんなお店に行くべきか」を見極めていきましょう。クルマ選びはお店選びといわれるほど、お店の影響は大きいです。良いお店を選ぶときには、以下を目安にしてください。

  1. 自分に合ったクルマを、幅広い選択肢の中から提案してくれる
  2. クルマに関係ない話も含め、質問にしっかりと答えてくれる
  3. 下取りや買取の価格、手続きの費用などについて明快である
  4. (中古車の場合)念入りに点検をし、その結果を教えてくれる
  5. (中古車の場合)取り扱っているクルマの台数が多い
  6. (中古車の場合)保証や返品など品質の保証をする制度がある

良いお店の見極め方について、こちらのページで更に詳しくご紹介しています。特に中古車はそれまでどんな風に使われていたか分からないだけに、お店選びが重要になってきます。ぜひご活用ください。

買取実績、販売実績ともに15年連続No.1のガリバーは、様々なメーカーのあらゆる車種を取り扱っています。メーカー横断でお客様にピッタリの一台をご提案しており、全国550の店舗からお客様の条件を満たすクルマをお取り寄せしております。クルマの買い替えや手続き、返品や保証サービスに関するご質問も承っていますので、お気軽にお近くのお店をご利用ください。

  • 2001年〜2016年 主要中古車買取専門店7社における中古車買取台数株式会社矢野経済研究所調べ 2017年8月現在
  • 2016年度主要10社における国内中古車販売台数 小売・卸売合算値 グループ企業除く株式会社矢野経済研究所調べ 2017年8月現在