良いお店を見極めるポイント

close
クルマ選びはお店選び!良いお店を見極める6つのポイント
クルマ選びはお店選び!

良いお店を見極める6つのポイント

クルマを買うなら、クルマ選びからアフターフォローまで安心して任せられるお店で買いたいもの。しかし「どんなお店を選んだらいいか分からない」「断りにくいから営業さんと話す前に見極めたい」という人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、良いお店の選び方を、お店に入らずにわかるポイントまでご紹介します。

POINT 1 自分に合ったクルマを、幅広い選択肢の中から提案できる

誰もが「良いクルマ」が欲しいと思っていますが、誰にとっても「良いクルマ」というものは存在しません。大事なのは、「その人に合っているか」です。すなわち、一人ひとりのライフスタイルやクルマの用途を把握し、それに合わせた提案ができるお店が良いお店であると言って間違いはないでしょう。

もちろん、お客様の話を聞く能力、クルマに関する知識なども重要です。でも、そんなものはお店に入る前にはわからないものです。一度お店に入ってしまうと断れないという人もいるので、お店に入らなくても提案力を見極める方法をご紹介します。

それは、色んなクルマを取り扱っていること。

車種が多い車販売店

どんなによく話を聞いてくれても、どんな提案力があっても、その人に合ったクルマを取り扱っていなければ良い提案はできません。例えばトヨタのディーラーの営業マンが、ホンダや日産のクルマを薦めることはあまりないでしょうし、トヨタのクルマのデメリットも聞きにくいでしょう。

だからこそ、多くのクルマを取り扱っているお店を選ぶのがポイントです。条件がボンヤリとしているなら大きなお店を選べば間違いがないです。自分が欲しいクルマが明確なら、そのジャンルのクルマが充実している専門店に行くという手もあります。

 外車専門店リベラーラ

ガリバーのような中古車販売店ならメーカー横断であらゆる車種を取り扱っているため、何のしがらみもなくご提案ができます。ドイツ車を中心とした輸入車専門のブランド「リベラーラ」などもあるので、気になるお店を探してみてください。

POINT 2 クルマに関係ない話も含め、質問にしっかりと答えてくれる

次にご紹介するPOINT 2とPOINT 3は、お店に行ってみないと判断できないポイントなので、少しレベルが上がります。

お客様の話をちゃんと聞く気がない、あるいは後ろめたいことが多い営業マンは、自分が一方的に話す傾向があります。「とにかく売りたい」という思いが強く、「この人にとって良いクルマとは」「ベストな選択肢は」という意識は希薄です。

こういった営業マンがいるお店は、売り上げのノルマが厳しい、お客様満足度を軽視している可能性が高いため、後々のアフターフォローなどもあまり期待できません。「このクルマの欠点ってどんなところ?」「保険や税金の観点でお得なクルマは?」などと聞いた時に丁寧な対応をしてくれないお店であれば「少し考えます」といって早々にお店を出ることをオススメします。

POINT 3 下取りや買取の価格、手続きの費用などについて明快である

新しいクルマを買う時には、色々とお金がかかります。今まで乗っていたクルマを手放すなら、下取りや買取をしてもらうこともあるでしょう。手続き代行サービスを使う人も多いです。

お店によっては、車両代を安く見せておき、手続き料などを多くとっているお店もあります。また本来かからないお金を取っておいて、大きな割引をしているように見せかけているところもないとは言えません。

中古車販売店の営業マン

ですので、見積もりをもらったら、その内訳は明快か確認しましょう。下取り価格は適正か、中古車買い取り専門店の見積もりと比較しても良いでしょう。手続きの中には、簡単に自分でできるものもあります。手続きの仕方や、節約できる費用などを教えてくれるお店は信用できる可能性が高いです。

POINT 4 (中古車の場合)念入りに点検をし、その結果を教えてくれる

中古車を買うお店を選ぶ時には、新車以上に念入りなチェックが必要です。中古車は、前にどんな人が、どんな風に乗っていたのか分かりません。だからこそクルマをキチンと点検しているか、その情報を公開しているかが重要になってきます。

ガリバーを含む、中古車の買取もしているお店の場合、自分たちで査定をしています。うっかりと質の悪いクルマを高く買ってしまえば損をするのは自分たちなので、そのチェックは自ずと念入りになります。

ガリバーの点検

またそのお店ではどんな項目を点検しているのか、その項目数はどれくらいなのかわかれば、それも一つの判断材料になります。点検に力を入れているお店なら、ウェブサイトなどでそれをアピールしているはずですので、それがお店選びの参考になるはずです。

ガリバーでも、外装の小さなキズや凹みはもちろん、エンジンの部品の状態など表からは分かりにくいところまで点検し、お客様にお知らせしています。

POINT 5 (中古車の場合)取り扱っているクルマの台数が多い

新車の場合、欲しい車種が決まったら、自分が好きな色やグレードを選び、希望する装備を付けてもらいます。注文してからクルマが用意される、それが新車です。

それに対して中古車は、一つとして同じクルマがない中から、一番自分の条件に近いクルマを探すという買い方です。目の前のこの中古車が気に入ったからといって、その色を変えてもらったり、サンルーフを付けてもらったりはできないのです。

だからこそ、多くのクルマを取り扱っていることが重要になります。多くのクルマがあれば、「似たような条件で色がブラックのもの」「同じ車種で、もう少しだけ走行距離が短いもの」などが見つけられる可能性が上がります。在庫が少ないと、必要な装備がついていなくて買ってから後悔したり、不要な装備にまでお金を払って損をしてしまう可能性が上がってしまいます。

在庫が豊富な車販売店

ガリバーでは毎日500台の入荷があり、全国550のお店から条件に合ったクルマを取り寄せることもできます。またお客様の条件に合ったクルマが入荷したら連絡するサービスもございますので、お気軽にご利用ください。(詳細はこちら

POINT 6 (中古車の場合)保証や返品など品質の保証をする制度がある

どんなに丁寧に説明されても、どんなに万全に点検されていても、前に乗っていた人がわからない以上、「このクルマで良いのだろうか」という一抹の不安は残るもの。そんな時、故障や不良に対する保証があったり、買ったクルマを返品できるサービスがあると安心です。

そして返品や保証などのサービスがあるということは、自社の点検や整備の品質に自信があるということの証明でもあります。お店にとってはアピールできるポイントなので、ウェブサイトなどを見ると、返品や保証に関する情報を確認できます。

「お客様に安心して中古車に乗っていただきたい」という思いから、ガリバーでも返品サービスと、オプションの保証をご用意しています。「クルマに乗ってみたら、思っていたより大きくて運転しにくかった」「やっぱり自動スライドドアが欲しかった」といった理由でも返品を承っていますので、迷っている方も安心です。

最後に 良いお店を見極める6つのポイント まとめ

大きな金額が動き、かつ長く付き合うものだからこそ、自分に合った一台を選びたいものです。自分一人で選ぶのは自信がない、そんなに車種に詳しくないという人は、クルマ選びの代わりにお店選びに時間を割いてみては如何でしょうか。

ガリバーでも、お客様が安心してご相談いただけるお店作りを目指しています。実際にクルマを見ると、サイズ感もわかります。今乗っているクルマと並べれば、その差は歴然です。このメーカー・車種のメリットデメリットは何か、ガソリン車とハイブリッドカーはどちらがお得なのかなど、あらゆる車種を取り扱っているガリバーならではの客観的なご提案をしています。お近くのお店を、ぜひご利用くださいませ。