中古車の年式について

close
中古車は何年落ちまでにすべき?年式でクルマを選ぶ際の5つのポイント
中古車は何年落ちまでにすべき?

年式でクルマを選ぶ際の5つのポイント

中古でのクルマ選びで走行距離とともに注目される年式。古い年式であるほど安くなりますが、あまり古いと心配になるもの。安全性や機能、見た目などを考えた時に、何年落ちくらいまでにするのが一番良いのでしょうか?今回は年式で考えるお得で賢いクルマ選びの方法をご紹介します。

POINT 1 3・5・7年落ちに注目!車検前に手放す人が多いためお買い得

画像:3・5・7年落ちに注目!車検前に手放す人が多いためお買い得

どうせ中古車を買うのだったら、できるだけ安く買いたい。とはいえあまり古いと心配。そんな人に注目してほしいのが、新車で販売されてから3年、5年、または7年経ったクルマ。いわゆる3年落ち、5年落ち、7年落ちのクルマです。

車検

この3年、5年、7年というタイミングは、車検のタイミング。車検の時はまとまったお金が出ていくため、せっかくならと車検の前にクルマを手放す人が多いのです。中古車の価格も需要と供給のバランスで決まりますので、手放す人が多いクルマは安く購入できる可能性が高いです。

この傾向が特に顕著なのが、新発売のクルマ、そしてモデルチェンジした後の新しいスタイルのクルマです。こういったクルマの発売直後はCMが多く流されることもあり、新車で買う人が増えます。そのため、新発売のあと3年、5年、7年経ったクルマは狙い目です。

中古車は車検直前のクルマが安い

ちなみに、中古車を買う人は「車検後」のクルマを買いたがるため、特に車検直前のクルマは値段が安い傾向にあります。自分で車検を受け、税金を払った場合とどちらが安いか比較してみると、よりお得に買える可能性が高いです。

ガリバーのお店では「どんなクルマを買うのが一番お得か」というご相談も承っておりますので、お気軽に活用してください。

POINT 2 新しめのクルマが欲しい場合は3年落ちがオススメ

画像:新しめのクルマが欲しい場合は3年落ちがオススメ

POINT 1 でご紹介したように、中古車を買うならは3年落ち、5年落ち、そして7年落ちのクルマを選ぶのがお得です。中でも「できるだけ状態の良いクルマを安く買いたい」という人は、3年落ちのクルマを選ぶと良いでしょう。

3年落ちの車

とはいえ「3年落ちのクルマって、どんな状態なの?」「もっと年式が新しいクルマにしなくていいの?」と心配になる人もいるのではないでしょうか。

もちろん、一口に3年落ちといっても状態はクルマにより様々です。何万kmも走っていて、見た目もかなり使い古された印象のあるクルマを見かけることもあります。しかし最近はあまりクルマに乗らない人も多いため、新車と比べても遜色のない状態のクルマに出会うことも多くあります。

また最近はクルマの性能自体も向上しており、3年くらいで故障や不具合が起こることはかなり珍しくなっています。それでいて、新車を買って3年長く乗るよりも安く済むため、「できるだけ状態の良いクルマを安く」ということでれば、3年落ちを狙って買うのがお得でしょう。

POINT 3 マイナーチェンジ前後のクルマは価格が安くなる

画像:マイナーチェンジ前後のクルマは価格が安くなる

クルマの市場価値が下がりやすい、つまり中古車の値段が安くタイミングとしてもう一つ注目したいのがモデルチェンジのタイミング、特にマイナーチェンジの前後です。

マイナーチェンジとはその言葉通り、デザインや性能において若干の変更が行われるというもので、通常はデビューから3~5年くらいで行われます。あまり大きな変化がないとはいっても、元のモデルからバージョンアップするため、新しいバージョンに人気が集まり、その分だけ古いバージョンのクルマは中古車としての価格が下がります。

ステップワゴン新型と旧型

裏を返すと、あまり大きな変化がない割に中古車の価格が下がるということなので、マイナーチェンジ前後の車種を狙ってクルマを選ぶというのも得策でしょう。

ちなみに、モデルチェンジには上述のマイナーチェンジの他、クルマのデザインや性能も大きく変わるフルモデルチェンジというものがあります。こちらは5~10年くらいの間に行われる大掛かりなバージョンアップで、このフルモデルチェンジによって「前のバージョン」になってしまったモデルも価格が下がります。

デザインも性能も一新される場合も多いので「別のクルマになっているかもしれない」という認識をした上で、フルモデルチェンジのタイミングのクルマがあれば候補に入れてみましょう。

POINT 4 お買い得さを求めるなら古い年式・走行距離が短めのクルマを

画像:お買い得さを求めるなら古い年式・走行距離が短めのクルマを

年式と走行距離の関係についてはこちらのページでもご紹介している通り、「1年=1万km」が基本となります。使用年数に対して走りこんでいるクルマは部品の消耗が早いですし、使用年数に対して走行距離が短いクルマはメンテナンスが充分されていない可能性もあります。そのため、使用年数と走行距離はある程度比例している方が良いでしょう。

その上で、クルマを少しでも安く購入したいということであれば、やはり走行距離が短めで、その割に年式が古いクルマを選ぶ方が良いでしょう。現在のクルマはメンテナンスさえきちんと行っていれば、10年落ちであって充分に走ることができます。

10年落ちのクルマって大丈夫?

10年落ち6万kmの車

10年落ちのクルマの中でも、走行距離が10万kmを超えるものは特に安く販売されています。ただし、よっぽど丁寧にメンテナンスされていない限りは、部品が劣化しているケースがほとんどなので、きちんと点検しメンテナンスされているクルマで買うことをオススメします。

「とにかく安さが第一」「自分の目利きに自信がある」という場合には10年落ち・10万km以上走行しているクルマを選んでも問題ないでしょう。しかし「できるだけ安くしたいが、自分では状態を見極められない」という人は、10年落ちで7~8万km走行しているクルマなど、年式の割に少し走行距離の短いクルマを選んだ方が安心です。

POINT 5 クルマの状態は、やはりプロの目で確認!

長年中古車のご案内をしていると、「年式と走行距離のどちらをより重視して買うべきなのか」というご質問を多く聞きます。どちらの方が重要かというのは難しく、やはりそれぞれのバランスをとりながら購入するというのが一番でしょう。

年式を基準に中古車を選ぶ場合、車検やマイナーチェンジ前後、10年落ちといった節目のクルマが候補に入ってくることも多いでしょう。車検済みのクルマなのかどうか、部品の劣化が進んでいないか、部品の交換などがされているかといったメンテナンスの状態をよく確認してください。

クルマの状態の確認は、やはりプロの目を頼るのが一番です。ガリバーではクルマの買い取り査定も行っているため、クルマの状態についてはしっかり把握しています。「このクルマはなぜ安いのか」「把握しておくべきことはないか」など丁寧にご案内しています。

年式と価格のバランス、メーカー横断での比較など一人ひとりに合ったクルマをご紹介していますので、お近くのお店をぜひご利用ください。