中古車とは

close
はじめての中古車購入ガイド「中古車ってなに?」
guide はじめての中古車購入ガイド

「中古車ってなに?」

中古車というと「古いクルマ」「人が乗った後のクルマ」というイメージが強く、「汚い」「キズらだけ」だと思っている人もいるのではないでしょうか。しかし実際には、ほとんど走っていないクルマも中古車として販売されています。「新車にしよう!」と決めてしまう前に、どんな種類があるのかチェックしてみてください。

POINT 1

中古車の定義とは?

中古車(ちゅうこしゃ)とはメーカーで生産された後、一度、人や企業、その他の組織によって所有されたクルマを指します。単に購入されただけでなく、陸運局に登録されナンバー交付を受けたものを指すのが一般的です。

中古車といって思い浮かぶのは、一度は誰かが購入して乗ったり、レンタカーとして使用されていたりしたクルマが、再度売りに出されている状態ではないでしょうか。中古車専門店などで多く並んでいる、何年か乗って少し古くなったクルマをイメージする人が多いかと思います。

POINT 2

未使用の中古車って?

しかし実は、使用されていない「未使用」の中古車もあるのです。

「未使用車」や「登録済み未使用車」などと呼ばれる中古車は、陸運局に登録され、ナンバー交付は受けています。一度、ディーラーや中古車販売店の名義で登録されているため、中古車という扱いになります。しかし実際には、使われていません。

軽自動車専門店ガリバーミニクル

では、なぜこのような未使用車があるのでしょうか。

それは、自動車のメーカーと販売店の関係に原因があります。日本では、メーカーと販売店は別会社なのが一般的。一般に「トヨタのお店」「日産のお店」などと認識されているお店の中には、地元の小さい会社が運営していることもあるのです。

こういったディーラーは売上金額だけでなく、売り上げ台数にも責任を持っています。一定の台数を販売するとメーカーから「報奨金」「奨励金」などの名目でインセンティブが渡されるため、ディーラーはそれを達成するために、利益を度外視してでも中古車販売店に売り払ったり、自分のお店で購入したりするのです。そうして「未使用なのに中古」というクルマが、店頭に並びます。

POINT 3

中古車のメリット・デメリットは?

新車といえば「高いけど新品」で中古車といえば「安いけど古い」だという印象ばかり先行しています。しかし実は、価格以外にも注目すべき特徴があるのです。

【中古車のメリット】

  • 未使用車も含め、新車より価格が安い
  • 同じ予算でも様々なボディタイプ、車種、グレードの選択肢がある
  • 納車が早い

【中古車のデメリット】

  • 在庫の中から自分の条件や好みを満たした1台を見つけなければならない
    (=自分好みにカスタマイズするのは限界がある)
  • エコカー減税の対象になるクルマが少ない
  • どの販売店でも保証が付いている訳ではない

価格が安いため、事故を起こす可能性が高い初心者には中古車がおすすめです。また決まった予算の中で条件を満たす一台を見つけたい場合は、中古車も視野に入れるとぐっと選択肢が広がります。

新車と中古車どっちにしよう?

他方で、インテリアやエクステリアの色、グレード、付いている装備などを事細かに指定したい場合は、中古車だとなかなか思い通りのクルマは見つからない可能性があります。まずは新車で予算内に収まるか考えてみましょう。

こちらでは、新車と中古車のメリット・デメリット、さらには業界の悪い習慣や購入時に気を付けるべきことまでこちらでご紹介しています。新車と中古車で迷っている人は参考にしてみてください。