自動車保険の基礎知識

close
自動車保険について教えて!
はじめての中古車購入ガイド

自動車保険について教えて!

クルマに乗る上で欠かせない自動車保険には、様々な種類があります。
もしもの時に欠かせない存在となる自動車保険についてご説明します。

自動車保険とは

画像:自動車保険とは

自動車保険とは、自動車事故によって起きる損害を補償してくれる損害保険のことをいいます。万が一事故が起きたときのためにも運転する上で欠かせないのが自動車保険です。

自動車保険には自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)と任意保険の2種類あります。その違いから紐解いてみましょう。

自賠責保険と任意保険の違い

自賠責保険と任意保険の大きな違いは、「加入義務の有無」

この二つの保険の大きな違いは、加入義務があるかないか、という点です。

  • 自賠責保険とは

    自動車やバイクを動かす際に加入が義務付けられている保険(強制保険)です。加入していない車・バイクは車検を受けることができません。そのため、自賠責保険に入っていない状態で走らせると、罰せられます。

  • 任意保険とは

    その名の通りクルマの所有者が任意に入る保険で、加入していなくても車をを走らせることができます。

補償範囲と金額の違い

すべてのクルマが自賠責保険に入っているなら、任意保険に入る必要はなさそうですが、なぜ任意保険があるのしょうか?その違いは、補償金額と補償範囲にあります。

自賠責保険は被害者救済を目的としており、補償範囲は対人のみ。金額も上限が4000万円までと決められています。それを超える金額や事故で壊したものは補償されません。つまりクルマ(相手車または自車)やガードレールなどの修理代は自賠責保険でまかなうことができません。そこで、自賠責保険ではカバーできない分を補うのが任意保険です。こちらは対人、対物の賠償額が無制限のタイプや、自分のクルマが壊れた場合の車両保険にも入ることができます。任意保険ではありますが、必ず入っておいた方が良いでしょう。

保険料は新規契約や継続契約(前年の事故の有無など)によって変わります。また車両保険の金額は、クルマの価格や事故率、そして盗難率によって大きく変わります。最近ではインターネットで自動車保険料が比較できるサイトもあるので、少しでも金額を低く抑えたいなら、そういったサイトを利用するのもおすすめです。

  • 自賠責保険

    「自賠責保険」の補償内容は、他人(被害者)のケガへの補償のみに限定され、また、補償額(限度額)は死亡事故で最高3,000万円となっており、これを超える損害は補償されません。

  • 任意保険

    「任意保険」は、自分の車両や相手方の物的損害も補償の対象とできるなど、様々な自動車を取り巻くリスクに備えることができ、補償額(限度額)も任意に選択して設定できます。

自賠責保険料一覧 2020年版

2020年4月から自賠責保険料が引き下げられます!

自賠責保険が改定され、以前の保険料と比較して平均で16%引き下げられます。安全運転支援技術の向上などにより事故が年々減っていることもあり、保険料の見直しがされました。
これにより、2年間の普通車保険料金は、以前の2万5,830円から2万1,550円となり4,280円安くなります。※沖縄県を除く

改定後の保険料金は以下の表を参照してください。

自賠責保険料金表(令和2年4月1日から適用)

車種 保険期間
37ヶ月 36ヶ月 25ヶ月 24ヶ月 13ヶ月 12ヶ月
自家用自動車 30,170円 29,520円 22,210円 21,550円 14,090円 13,410円
軽自動車 29,550円 28,910円 21,780円 21,140円 13,870円 13,210円
小型貨物(4ナンバー) - - 25,580円 24,790円 15,860円 15,050円
普通貨物(1ナンバー)
※最大積載量2t以下
- - 36,560円 35,330円 21,620円 20,370円
沖縄県・自家用自動車
※離島を除く
14,270円 14,040円 11,360円 11,120円 8,400円 8,150円

最適な自動車保険の選び方

  • 保険料はどうやって決まるの?

    自動車保険は事故を起こす危険性をいくつかの要素でわけて保険料を決定します。

    詳細をみる
  • 自分にあった保険を選ぼう

    保険にも様々な種類があり、自分にあった保険を選ぶことで節約にもつながります。

    詳細をみる