燃料の種類・ガソリン

close
燃料の種類と調べ方
guide ガソリン?ハイオク?ディーゼル?

クルマに入れる燃料の種類と調べ方

レギュラーやハイオク、プレミアムガソリン、ディーゼルなど種類が多い燃料。それぞれどのような特徴があり、どう違うのでしょうか。また自分が検討しているクルマがどの種類の燃料なのか、その調べ方もご紹介します。

燃料の種類と特徴

燃料の種類は色々と目にしますが、主なものはレギュラーガソリン、プレミアムガソリン(ハイオク)、ディーゼル(軽油)の3種類です。

レギュラーガソリン

(無鉛ガソリン)

  • 日本国内では最も一般的な燃料
  • 単に「ガソリン」といった場合、レギュラーガソリンを指すことが多い

プレミアムガソリン

(ハイオク/プレミアム無鉛ガソリン)

  • レギュラーガソリンと同じ、ガソリンの一種
  • レギュラーガソリンよりも高いエネルギー力を持つ
  • レギュラーガソリンよりも値段が高い

ディーゼル

(軽油)

  • ガソリン同様に石油を原料にしている
  • より高い温度で蒸留した燃料であるため、効率よくエネルギー化するには高温高圧の環境が適している
  • レギュラーガソリンよりも税金が安いため、値段が安い

燃料の値段が異なると、必要な維持費も変わってきます。
ガリバーでは「レギュラーガソリンのこのクルマと、ディーゼルのあっちのクルマ、車両代や維持費を考えるとどっちが安い?」といったご相談も承っております。

モデルごとの燃料の調べ方

「欲しいと思っていたあのクルマの燃料ってどれだろう?」「レンタカーで借りているこのクルマってレギュラーガソリンで良いのかな?」といった時には、以下の方法で調べることができます。

検討中に調べる方法

  • メーカーサイトで、その車種の詳細を確認する
  • お店で質問する

クルマの利用中に調べる方法

  • 車検証の「燃料の種類」欄を見る
  • 給油口の蓋やキャップを見る

Check! 間違って給油してしまったら?

給油の間違いには注意

注意が必要なのは、ガソリンとディーゼルの入れ間違いです。
ガソリン車に軽油を混ぜてしまうと、まず加速が鈍ります。タンクの中が軽油だけになると、黒い排気ガスが出てエンジンが停止するとも報告されています。
逆にディーゼル車にガソリンを入れてしまうと、排気ガスが白くなってきます。エンジン始動ができなくなることもあり、噴射ノズルや燃料ポンプの交換といった修理が必要になります。

レギュラーガソリンとプレミアムガソリンは同じガソリンであり、間違えて給油しても、それだけでエンジンが壊れてしまうことはないでしょう。しかし、燃費が低下してしまうケースもあるので、指定された燃料を使うことをおすすめします。

間違って給油してしまったことに気付いたら、すぐにクルマを停め、JAFといったロードサービスに連絡するようにしてください。うっかりと誤給油をしないよう、日頃から気を付けるようにしましょう。