燃料の種類・ガソリン

ガソリンにも種類があるの?
はじめての中古車購入ガイド

ガソリンにも種類があるの?

クルマを購入する際に燃費のことを考えるとガソリンの種類を知っておく必要があります。
主に自家用車に使われるガソリンには「レギュラー」と「ハイオク」があります。
それぞれの違いを把握し、クルマ選びにお役立てください。

「レギュラー」と「ハイオク」の違いとは?

レギュラーとハイオクの2つのガソリンの違いは「オクタン価」で、ハイオクはオクタン価が高いガソリンです。オクタン価が高くなる、とエンジンの中の圧縮比が高くなり、1回の爆発でより強い力を得ることができます。
逆にオクタン価の低いレギュラーガソリンは、ガソリンの性能だけで比較するとハイオクに比べ、得られる馬力が少なくなります。

より安全なカーライフを目指して

レギュラー仕様車にハイオクガソリンを入れても、基本的にはエンジンが壊れることはないでしょう。逆の場合も同様です。
しかし、ハイオク仕様車にレギュラーガソリンを給油すると燃費が低下するなどの例もあるので、ハイオク仕様車の場合はハイオクガソリンを、レギュラー仕様車にはレギュラーガソリンを給油するのが望ましいでしょう。