ハイブリッドはお得なのか

close
ハイブリッドはお得なのか?ガソリン車との違いを比較
ハイブリッドはお得なのか?

ガソリン車との違いを比較

最近はすっかりラインナップも増えたハイブリッドカー。燃費も良いし、経済的なのではないかと検討の候補に入れている方も多いようです。ハイブリッドカーとガソリン車、どちらがお得なのでしょうか。費用以外のメリット・デメリットはないのでしょうか。ガリバーが分かりやすく解説します。

POINT 1 ハイブリッドカーとガソリン車のメリットとデメリットは?

今は、軽自動車にもハイブリッドカーが用意される時代。ハイブリッドカーにするかガソリン車にするかという選択肢は、誰もが直面するといってもいいでしょう。

ハイブリッドカーの最大のメリットは、何といっても維持費が安いことです。モーターを搭載している分、使用するガソリンが少なくて済みます。またエコカー減税の対象になる場合が多いので、車検の時に払う自動車重量税、そして毎年の自動車税も安くなることが多いです。

最近は、ガソリン車でも低燃費のクルマが増えています。しかし、同じ車種のハイブリッドモデルと比べると少し燃費としては劣るものが多いです。

ガソリン車のメリットは、ハイブリッドカーと比べて初期費用が安いところです。例えば車両代も、ハイブリッドモデルと比べて数十万円も安く設定されている車種も多々あります。車両代が安ければ消費税も少なくて済みます。

ここまではお金に関わる話しか出てきませんでしたが、無論、コストの他にも差があります。

画像:ハイブリッドカーのエンジン

ハイブリッドカーのエンジン音は非常に静かで、車内にいる時は音や振動が少ないため快適です。しかし、音がしないため近くを歩く歩行者がクルマの存在に気付きにくく、事故のリスクが高いというデメリットもあります。

またハイブリッドカーは最初モーターで走り出すため、加速がスムーズです。しかし従来のクルマが象徴していた「クルマらしさ」や「運転の楽しさ」を味わうのには向いていません。

POINT 2 購入時の価格と維持費はそれぞれいくらくらい?

ハイブリッドカーは維持費が抑えられる、ガソリン車は初期費用が安いというところまではお分かりいただいたと思います。では差額はどれくらいなのでしょうか。具体的な金額で比較してみましょう。

今回はトヨタのヴィッツ「ハイブリッド U」とガソリン車の「U」を比較してみましょう。燃費は「ハイブリッドU」が34.4km/L、ガソリン車の「U」が25.0km/L(JC08モード燃費)です。

  ヴィッツ ハイブリッドU ヴィッツU
メーカー希望価格(税抜き) 1,933,000 1,665,000
消費税 154,640 133,200
自動車税(初年度)
  • 平成31年3月31日までに購入の場合
  • 2年目以降はエコカー減税なし
9,000 34,500
自動車取得税
  • 平成31年3月31日までに購入の場合
0 35,900
自動車重量税
  • 平成31年3月31日までに購入の場合
0 16,800
自動車重量税(3年後)
  • 平成31年3月31日までに購入の場合
0 (未定)
自動車重量税(5年後以降) (未定) (未定)
ガソリン代(10年分)
  • ガソリン代:130円/L、年間:1万km、JC08モード燃費で試算
377,900 520,000
  2,474,540 2,405,400

この例だと、クルマそのものの代金はガソリン車の方が安く、税金やガソリン代を考えても総額はハイブリッドカーよりもお得になります。

もちろん、これは試算の話です。

年間1万kmというのは通勤や通学で毎日クルマに乗る人の走行距離の目安ですので、「近所の買い物だけ」「主な用途はレジャー」という方はもっと走行距離が少なくなります。そういう人の場合は維持費の影響は少ないので、ガソリン車の方がお得になる可能性が更に高くなります。もっと沢山クルマに乗る人は、ハイブリッドカーの方がお得になるでしょう。

画像:給油

但し、ガソリン代の相場やエコカー減税の制度がいつまで続くかによっても変わるので注意しましょう。今後、ガソリン代が高騰するとガソリン車の負担は増えますし、エコカー減税制度が廃止されたり条件が厳しくなったりすると、ハイブリッドカーの負担が大きくなります。

上記も理解した上で、自分が乗る場合はどちらの方がお得か、そしてどちらの方が自分に合っているのか考えてみてください。

POINT 3 ハイブリッドカー、ガソリン車それぞれに強いメーカーって?

画像:トヨタのハイブリッドカー

一口にハイブリッドカーといっても、実はメーカーごとに特徴があるのはご存知でしょうか。その影響で、低燃費なメーカー、逆に車両代がそれほど高くないメーカーとそれぞれのカラーがあります。

もともと、トヨタが先陣を切って開発していたハイブリッド技術。その特徴はモーターの出力が大きいことにあります。独自の技術や特許も多くあり、ハイブリッドカーのトップランナーといってい良いでしょう。

他方で、トヨタを追いかける形で開発をしたホンダや日産は、モーターを「エンジンを補助するもの」と位置づけています。そのためエンジン出力を邪魔しない軽量なモーターを用いており、「クルマらしい」走りを残しています。モーター出力はそれほど大きくないですが、モーターが軽いため、燃費には大きな影響はありません。

また最近ではスズキなどもハイブリッドカーを投入しています。スズキのマイルドハイブリッドは、ブレーキの摩擦によって生まれるエネルギーを電池に蓄え、それでエンジンの補助をするという仕組みです。非常にコンパクトかつ低コストで作れるため、ハイブリッドカーでも価格が抑えられ、かつ軽自動車にも載せられるというメリットがあります。

画像:スズキのマイルドハイブリッド

どのメーカーのハイブリッドカーが自分に合っているのか。どのメーカーのクルマを選ぶとお得なのかは、ライフスタイルやクルマの使い方によっても変わってきます。クルマに求める、その他の条件によっても重視すべきポイントが異なるでしょう。

車種によってもハイブリッドの性能が異なるので、分からなければお店の人に聞いてみてください。ガリバーでは様々なメーカーの、あらゆる車種を取り扱っていますので、例えばトヨタとホンダ、スズキとダイハツのどちらが良いか、第三者の客観的な立場からアドバイスすることもできます。お気軽にご活用ください。

POINT 4 もっとお得に買うためのポイント「リセールバリュー」って?

ここまで、ハイブリッドカーとガソリン車はどちらがどのくらい得なのか、そしてハイブリッドカーを買うならどのメーカーが良いのかをご紹介してきました。もっとお得にクルマに乗りたい人に、最後にチェックしてほしいのが「リセールバリュー」です。

「リセールバリュー」とは、3年後に手放すとしたら、その時にどのくらいの価値が残っているのかを表したもの。価値が残っているということは、より高く売れるということ、つまり実質的には安くクルマに乗れるということになります。

画像:リセールバリューが高い車

5年後、7年後に手放すにしても、同じような値段で同じような条件のクルマが買えるなら、より高く売れるクルマを選んでおくとお得です。ですので、クルマを買う時は「リセールバリューがどれくらいなのか」という点に注目しておきましょう。

一般に、ガソリン車よりもハイブリッドカーの方がリセールバリューが高い傾向があります。ハイブリッドカーのリセールバリューが特に高いもの、むしろガソリン車の方が重宝されるものなど、車種による差もあります。

リセールバリューについてはこちらの記事で更に詳しくご紹介しているので、もっと詳しく知りたい方は参考にしてみてください。

中古車の買取もしているガリバーはリセールバリューのプロなので、高く売れるクルマ、値崩れするクルマについての情報も豊富です。メーカー横断で、リセールバリューも含めてベストなハイブリッドカー・ガソリン車をご案内することもできますので、まずはお近くのお店にお寄りください。電話やウェブでのお問い合わせも承っていますので、「お店には行きにくい」という方はそちらをご利用ください。