車購入とカーシェアリングの比較

close
購入までの流れと押さえておきたいポイント
自家用車とカーシェアリング、どっちがお得?

維持費を徹底比較

暮らしの中でクルマがあった方が便利な機会は多いもの。でも、クルマには何かとお金がかかるのも事実。クルマの所有とカーシェアリング、どちらの方がお得なのでしょうか?費用以外に見落としている点はないでしょうか?クルマを手放す人、買う人の話を聞き続けてきたガリバーが、費用やそれぞれのメリット・デメリットについて、具体例を含めてご説明します。

POINT 1 マイカーとカーシェアリング、それぞれにかかる費用は?

クルマの所有とカーシェアリングは、お金のかかり方に違いがあります。クルマを買うときは、最初に大きな出費が発生しますが、それ以降の維持費は比較的少なく済みます。そのため、多く乗る人ほどお得になります。

それに対し、カーシェアリングは乗った回数や時間の分だけ、都度お金がかかり続けます。ここで、それぞれにかかる費用を明らかにしてみましょう。

クルマを所有した場合

クルマを所有した場合、まず最初に掛かる車両代が大きな出費になります。また消費税や自動車取得税などの税金、登録費用など諸手続きにもお金がかかります。

また初期費用に加えて、車検料や保険料、ガソリン代、駐車場代などが必要になってきます。(クルマにかかる維持費について、詳しくはこちら

カーシェアリング、レンタカーの場合

カーシェアリングも、少しですが初期費用がかかります。サービスにより料金体系が異なりますが、概ね以下のようなものがおり、数千円~数万円程度のお金が毎月掛かります。

  1. カード発行料など数千円の初期費用
  2. 数千円程度の月額使用料
  3. 1回あたりの利用料数百円

ちなみにレンタカーの場合、登録料などの初期費用は不要です。半日、一日という単位での利用料金に加えて、保険代とガソリン代を負担するというのが基本です。

POINT 2 結局安いのはどっち?

では、自家用車とカーシェアリング、どちらの方がお得なのでしょうか。以下のように、割と頻繁にクルマに乗るという前提で、具体的にかかる費用を1か月あたりで算出してみました。

  1. 家族4人が乗れる、小型車を利用
  2. 週に1回、家族で半日程度の外出(各8時間)
  3. 週に1回、ちょっと遠くへ買い物(各2時間)
  4. 週に2回、近場にちょっと買い物(各30分)
  • 1か月は4.5週間として計算

上記のような例だと、新車/中古車それぞれでクルマを買った場合とカーシェアリングを利用した場合で、それぞれ以下のような費用になります。(実際には、乗るクルマ、乗り方、利用するサービス等によって費用は異なる場合があります。)

自家用車(新車)
  • 200万円の小型車を10年保有するとして計算
車両代 1万7000円
車検代・保険料・税金 1万5000円
駐車場代 5000円
ガソリン代 5000円
合計 4万2000円
自家用車(中古車)
  • 5年落ちの小型車を75万円で購入し5年保有するとして計算
車両代 1万2500円
車検代・保険料・税金 1万5000円
駐車場代 5000円
ガソリン代 5000円
合計 3万7500円
カーシェアリング
月額使用料 1000円
利用料金 3万9600円
無料利用分 ‐1000円
合計 3万8600円

このように、週に4回程度乗るのであれば、中古の自家用車とカーシェアリングが概ね同じような料金になり、新車でクルマを買うと少し高くなります。最近は10年経っても全く問題なく乗れるクルマが多いため、さらに乗り続けるのであれば自家用車の方がトータルでの費用が抑えられます。

また、どんなクルマに乗るかによって費用が変わってきます。購入するクルマを軽にすると車両代や税金、ガソリン代はもう少し安くなります。ミニバンのような大きなクルマの場合、自家用車の場合には車両代やガソリン代が高くなりますし、カーシェアリングの場合にも少し高いプランになるため、何割かは多く費用がかかることを覚悟しておいた方が良いでしょう。

POINT 3 費用以外にチェックすべきポイントは?

自家用車とカーシェアリング、月額費用だけで比較すると、それ以外のメリットとデメリットを見落としてしまうので注意が必要です。

カーシェアリングのメリット

ミニクル

カーシェアリングのメリットは、「クルマを買うほどではない」という程度しかクルマに乗らない人が、気軽に利用できることです。しかしもう一つ、旅先などで利用しやすいのもメリットでしょう。

例えば家族で旅行に行くとき、何百キロも先までクルマを運転していくのは疲れるもの。そこで途中まで新幹線や特急で移動し、そこからはカーシェアリングを使うと、移動による疲れを防ぎつつ、電車では行きにくいところに出かけることができます。長時間の移動が大変な子どもやお年寄りがいる家庭には、便利な使い方です。

カーシェアリングのデメリット

一方、カーシェアリングのデメリットとして、駐車場が遠いことがあるという点が挙げられるでしょう。子どもや荷物を抱えて駐車場まで歩くのであれば、クルマを使うメリットが半減してしまいます。カーシェアリングの利用を考えるなら、近くに駐車場があるか確認しましょう。

走るミニバン

また最大のデメリットは、「自分のモノとして使うことができない」という点です。「いざという時に他の人が利用中で、借りられなかった」という話をよく聞きます。チャイルドシートやスポーツ用品などクルマに積んでおけないというのも、不便を感じる人が多いようです。

自分のモノではないため、自分のライフスタイルに合ったクルマを選べないのがマイナスだという声も聞きます。カーシェアで用意されているのは、平均的なサイズのセダンやハッチバックが中心。そのため運転しやすい軽や、大人数の家族や大きな荷物も載せられるミニバンに乗りたいという人だと、ちょうど良いサービスが見つかりにくいです。

クルマを買いたいけれど、カーシェアリングの方がお得そう。自分にはどっちが合っているのか迷っている。そんな人は、ぜひガリバーのお店にお越しください。

何年くらい乗るつもりか、予算はいくらくらいか、カーシェアリングよりお得なクルマはどれか。そして利用後に手放した時、高い値段で売れるクルマを選べるのも、中古車の買い取りも行っているガリバーの強みです。一人一人に合わせたクルマをご案内します。