車の必要性

自家用車は必要?クルマ購入を考えている人がチェックすべき4つのポイント
乗り換えの基礎知識

クルマ購入を考えている人がチェックすべき4つのポイント

「クルマがほしい。しかし維持費のことを考えると、買うべきか迷ってしまう」「クルマを買うべきか、カーシェアリングやレンタカーにすべきか考えている」

POINT 1 クルマに乗る頻度と用途は?

クルマを買うべきか迷っている人は、まず「クルマの利用イメージ」を明確にしましょう。ガリバーにいらっしゃるお客様の話を聞いていると、どうしても「クルマを買うべきか」という点に意識が集中してしまいがちです。

しかしガリバーでは、最初は「クルマは必要なのか」「クルマがあることで得られるコトやモノは何なのか」から考えることをおすすめしています。その上で、その用途やライフスタイルならマイカーが最適なのか、カーシェアやレンタカーの方がお得なのか、という順で考えていく方が合理的です。

  1. もしクルマがあったら、生活はどのように変わるか
  2. クルマに乗る回数は、1週間、1か月に何回くらいか
  3. どんな用途で、誰が乗るのか

以下のケースは、公共交通機関が使いづらく、クルマの使用頻度が高いため自家用車があるとないとでは生活のリズムや快適さに大きな差がでてきます。

例① 小さな子供がいる場合

小さな子供がいる場合

例えば、子育て中のママは、公共交通機関はなかなか使いにくいものです。小さな子供を抱えて外出すること自体も負担が軽減されます。

クルマがあればママが外出しやすくなり、結果として育児の精神的、肉体的な負担から解消されるでしょう。そんなママの場合、クルマに乗る頻度はかなり高くなるでしょう。

例② 家族で遠出することが多い場合

週末は家族で郊外にあるお店に買い物にでかけることが多い方や、子供が遊べる場所を探しに少し遠出することが多い方は、移動にかかるコストと時間を考えると、クルマが合った方が圧倒的に便利でしょう。

例③ 足腰が弱い、通院することが多い

また、家族に足腰が弱い方や病気で病院に通わなければいけない場合、駅やバス停まで歩く距離や道中の不安など、クルマがあれば解消してくれます。

例④ ペットを飼っている場合

ペットを飼っていて外出がしにくい、という声はよく聞きます。その理由の1つに、ペット連れだと公共機関が使いにくい、ということが挙げられます。クルマがあれば、周りを気にすることなくドライブや旅行にでかけることができます。

一方で、クルマは安い買い物ではないし、維持費もかかります。そのため、家族全員で旅行にでかける回数が年に2回だけなら、レンタカーを借りた方がお得でしょう。「クルマの利用イメージ」が明確になったら、クルマの車両代や維持費が払えるか、そしてマイカー、カーシェア、レンタカーといった選択肢のうちどれがお得なのか考えてみましょう。

POINT 2 自家用車にかかる費用はいくらくらい?

クルマを買うべきか迷っている人の多くが、実は、クルマにかかる費用を充分に知らないまま、漠然と検討してしまっています。何となく費用がかかるイメージがあり、躊躇してしまっている人もいるのではないでしょうか。

車両の価格イメージ

クルマにかかる費用として、真っ先に思い浮かぶのが車両代。新車だと軽自動車など安いクルマでも100万円前後、セダンやSUVも一般的なもので150~250万程度はかかります家計にとってはかなりの負担となる金額ですが、今のクルマは10年を超えてもまだまだ現役。 100万円のクルマに10年乗ると、1か月あたりの車両代は8300円ほど。負担は思ったよりも軽いのです。

そうは言っても、この価格だと新車には手が出ない。そんな人には中古車という選択肢もあります。中古車の価格はクルマの年式や走行距離、キズの有無などで千差万別。しかし新車という「プレミア」がない状態なので、状態の割にはかなりお得な価格設定になっていることは間違いありません。予算が厳しい場合には、それに合わせたクルマが選べるのも嬉しいポイントです。

車両代以外に必要な費用

車両代以外でクルマにかかる費用もあります。主には、駐車場代、ガソリン代、保険代、税金など。乗り方や地域、車種などによってかなり変わってきますが、1年間に10~20万円程度だと考えておくと良いでしょう。

クルマにかかる費用、維持費やローンについて知りたい場合は、こちらで詳しくご紹介しています。

POINT 3 カーシェアリングやレンタカーと比べてどっちがお得?

最近増えてきているカーシェアリングやレンタカー。しかしどれがお得なのかわからず、クルマを買うべきか決めきれない人もいるのではないでしょうか。

どれを選ぶのがお得かは、クルマの使い方によって変わります。ごく稀にレジャーにでかけるだけならレンタカーがお得ですし、毎日乗るならクルマを買ってしまった方がリーズナブルです。週一回ほどの頻度で、しかし1回に乗る時間は短い人はカーシェアリングが一番安く済むでしょう。

ただし金額だけで判断すると、それぞれの特性を見落としがちなので注意が必要です。たとえば自家用車の場合、「すぐ乗れる利便性」や「他の人に気を使わない気楽さ」も大きなメリットです。

もっと具体的に、マイカーとカーシェアリングのどちらがお得なのか検討したいという人は、こちらも確認してみてください。利用する時間や回数を想定して、具体的にシミュレーションしています。

POINT 4 今のライフスタイルはどれくらい続く?

今はクルマが必要だが、子どもはすぐに大きくなる。転勤の可能性があるから、今後、クルマは必要じゃなくなるかもしれない。そんな場合はクルマを買うべきなのでしょうか。それともカーシェアリングで乗り切るべきなのでしょうか。

クルマが必要なのが数カ月~半年程度なら、カーシェアリングの方が良いでしょう。駐車場や保険、税金などの手続きが面倒ですし、経済的にも割高になってしまうことが多いです。

しかし1年以上乗ることがわかっているなら、思い切ってクルマを買ってもそれほど損はしません。乗らなくなったら、車買取専門店に買い取ってもらいましょう。その時に損をしないポイントは、新車ではなく割安な中古車を購入すること、そしてリセールバリューが高いクルマを選ぶことの2つです。

リセールバリューが高いクルマとは、手放した時に高い価格で買い取ってもらえる可能性が高いクルマ。とはいえ、どのクルマを選ぶべきかわからないという方は、中古車の買取と販売の両方を行っているお店に聞いてみると良いでしょう。ガリバーのお店でもご相談を承っていますので、まずはこちらからお店の場所を確認してみてください

まとめ 結局、クルマは買うべきなのか?

クルマを買うべきか決める一番のポイントは、クルマをどう使い、どんな生活を実現したいかです。子どもが一緒でも周りを気にせず外出する、時間をムダにしない、そんな生活にお金を払う価値を感じるのか、考えてみてください。

中古車を上手く選べば、求めるものを満たしながらも、必要な費用はかなり抑えられます。クルマを買うべきなのか、中古車を買うとしたらどんなクルマを選ぶべきなのか、どのメーカーのどんな車種が良いのか。色んなメーカーのクルマを長年見てきたガリバーならではの、ライフスタイルに合った、お得なクルマをご案内します。