新車と中古車どっちがお得?その2~メリットとデメリットを徹底比較!~

close

2 どっちにしよう?! ~メリットとデメリットを徹底比較!~

新車と中古車のメリット・デメリットを
さまざまなテーマで比較!
今回は「業界の悪いクセ」
「リセールバリュー」について。
購入時に気になることを、どっちがどう良いのか
勝敗をつけながら決めちゃいます。

04.業界の悪いクセ

大岡・初心者N

初心者N(以下、N)「次はあえて、新車業界・中古車業界の悪いところを教えてほしいのですが…」

大岡(以下、O)「それを聞きますか(苦笑)。
新車業界で『う~ん』と思ってしまうのは値引きの商習慣です。新車なので車体ごとに状態の差が無いものなのに、人によって金額で差が出るという不平等感。これは納得がいかない。
たとえば、同じスーパーに2人で大根を買いに行ったとしましょう。当然、レジで支払う金額は2人とも同じです。
それが新車を購入するときは、同じクルマを買う人でも10万円引きの人もいれば30万円引きの人も存在します。それが商売だ、と言われてしまえばそれまでなのですが…」

N)「なるほど。どういうお客様だと値引きして、どういうお客様だと値引きしない、という傾向はあるんですか?」

O)「商談のときにライバル車と比較して値引きを強要する人や、商談時間や検討期間を伸ばす人などが値引きされやすい傾向にあります。逆に、目当てのクルマに惚れ込んで、値引きも強要せずに即決するという、販売店にとって一番嬉しいはずの顧客ほど値引き額が少ないのです。」

N)「新車を買いたいなら値引き交渉術を磨かないと!!」

O)「高額な商品を買うのに不平等感が出てしまうんですね。
しかし、大幅な値引きをしなければ売れないということは、不人気車という可能性もあります。大きな値引き額は、そのままリセールバリューにも反映されます。安く買うことができても、その分下取りのときに安い金額でしか売れないのであれば、結果的に得をしたのか損をしたのか分からなくなります。
過去にこういった仕組みを無くそうと、多くのメーカーがワンプライス制度を導入しましたが、成功した例はありません。これは新車最大のデメリットかと。」

大岡

N)「中古車業界はどうですか?」

O)「まだまだ事故車が偽って売られている可能性があることでしょうか。
故障と同様に判別するのが難しいのですが、中古車販売店の多くに『事故車(修復歴あり)』と書かれて販売されているクルマはあまりありません。」

N)「事故車(修復歴車)ってなんでだめなんですか?見た目は変わらないんですよね。」

O)「故障が多いだけでなく、再び事故にあったときの安全性能にも問題が出てくる可能性があるからです。一度、大きな衝撃を吸収して骨格部分変形してしまったら、修復しても再び大きな衝撃を同じように吸収することはできない可能性が極めて高いからです。
このような事故車は相場より安いことが多いので、相場より安いなと思ったら注意しましょう。ただ、なかなか見抜けるものではないので、販売店を信じるしかないというのが現状です。悪いお店ほど妙に親切だったり、気軽に値引きに応じたりするので慎重に見極めましょう。」

N)「最初からどんなお店を選ぶと安心ですか?」

初心者N

O)「事故車を売りません!と宣言しているお店や、返金対応などが書面に明記されているお店で選ぶといいでしょう。あとは“事故車”と表示して販売してくれるお店も好感が持てますね。
新車のように均質な状態ではなく、1台1台コンディションが違えば、価格も違うのが中古車です。ハズレとアタリが混在しているというのは、中古車の最大のデメリットでしょうね。」

N)「そうすると…引き分け、でしょうか?」

O)「そう思います。中古車は、クルマの状態を見抜く目をもつこと。そして、新車は値引き交渉術を磨くことが強いられるということです。」

業界の悪いクセは引き分け

05.リセールバリュー

N)「ところでさっき、新車の値引きの話でリセールバリューという言葉が出てきましたが、どういう意味ですか?」

O)「いわゆる下取り価格です。」

N)「それはきっと新車の方がいいですよね?」

大岡

O)「3~5年間程度という短い期間で乗り換えるのなら、新車のリセールバリューはとても魅力的です。
たとえば、300万円で買ったクルマが超人気車だとすると、5年後のリセールバリューが50%くらいになって、150万円で下取りや売却ができるということです。つまり、次にまた300万円のクルマを買うときに150万円支払えばOK。
このように乗り換えるのは、常に新車に乗っていたいという人にはおすすめですが、同時に注意も必要です。」

N)「どんなことに注意しないといけないのですか?」

O)「リセールバリューは、中古車マーケットでの人気がすべてです。気に入ったクルマが、中古車市場で超人気車であればいいのですが、不人気車だとリセールバリューが20%以下になってしまうことも考えられます。
また、どこで下取りをしてもらうかも重要です。一般的に、ディーラーより買取専門店の方が高値で買い取ってくれるケースが多いです。そうでなければ、買取専門店のビジネスは成り立たないですからね。
ディーラーの下取り価格が適正か確かめるためにも、買取専門店へ一度は出向き、下取り車の査定をしてもらうことをおすすめします。より高額で引き取ってくれるところに売却すればいいだけのことです。買取店に行く手間を省くと、損する可能性も高くなります。」

初心者N

N)「あとは、さっき言っていた値引き額も関係してくるんですよね?」

O)「そうです。すでに全然売れていないから大幅な値引きができるのであれば、リセールバリューも低いと見込んで正解です。」

N)「中古車でもリセールバリューが高いことってあるんですか?」

O)「ほんの一部ですがありますよ。不動の人気を誇る一部の車種で、かつ経過年数が少なかったり、距離を走っていなかったり、人気の色だったり…。つまり、リセールバリューの高い中古車は購入時の値段も高くなります。
そうは言っても新車の値落ちがバカらしいから、新車よりは安いけど中古車としては高いゾーンにある中古車を2~3年ごとに乗り換えるという人もいます。」

N)「高いリセールバリューを期待するのであれば、新車で人気車を選んだほうがよさそうですね!」

O)「はい。ただし、新車でも経過年数によってリセールバリューは大きく変わるので、要注意。7年も乗ったら新車でも、0円になってしまうことはよくありますから。」

リセールバリューは新車

クルマ評論家 CORISM代表 大岡智彦 氏
CORISM編集長。自動車専門誌の編集長を経験後、ウェブの世界へ。新車&中古車購入テクニックから、試乗レポートが得意技。さらに、ドレスアップ関連まで幅広くこなす。最近では、ゴルフにハマルがスコアより道具。中古ゴルフショップ巡りが趣味。日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員。
初心者 N
ようやく重い腰を上げ、脱ペーパードライバーにチャレンジ!
そのあかつきにはマイカーを手に入れたい。今日も元気に検討中!