中古車購入の手続き

close
はじめての中古車購入ガイド 中古車の注文から納車までの流れ
guide はじめての中古車購入ガイド

中古車の注文から納車までの流れ

「中古車が買いたい」「欲しい中古車があるけど購入の手続きが不安」そんな人のために中古車の注文から納車までの流れを詳しく説明します。

POINT 1

クルマを探す

中古車を買うなら、まずはクルマを探しましょう。メーカーやモデルが決まっていないなら、まずは条件やライフスタイルからピッタリのボディタイプを選ぶことをお勧めします。ボディタイプの決め方やポイントはこちらからチェックしてみてください。

ボディタイプやモデルが決まらない場合は、近くのお店で相談してみるのも良いでしょう。予算や条件などを伝えれば、ピッタリなモデルを紹介してもらえます。ガリバーでは、様々なクルマを取り扱っているため、メーカー横断でお客様にピッタリな車種やモデルをご紹介しています。

はじめての車選び

自分に合っているボディタイプや車種が分かってきたら、具体的にどの車両が良いか「運命の一台」を探していきましょう。インターネットなら、誰に気兼ねすることなく、自分のペースで探していくことができます。

上手くクルマが決まらない時は、気軽にお店に行ってみましょう。お店なら「このモデルがお買い得」「年式を少し落とすだけで相場がぐっと下がる」などのアドバイスも受けられます。

POINT 2

商談と申し込み

購入したいクルマが決まったら、具体的な商談と申し込みです。車購入の契約をするとともに、通常販売店では必要な書類についてもこの段階でご案内します。ガリバーでは遠方にあるクルマを取り寄せることもできるので、その場合も最寄りのお店で商談やお申し込みを行っていただけます。

今まで乗ってきた愛車を手放される場合については、そのクルマの査定や買取契約などもこの段階で行います。ガリバーで中古車の販売だけでなく買取も行っているため、クルマの乗りかえの手続きがワンストップで済みます。

POINT 3

支払い方法を選ぶ

車の支払い方法を選ぶ

申し込みの際には、支払い方法も選択します。中古車であってもクルマは高額であるため、ローンなど様々な支払い方法が用意されていることが多いです。ガリバーでも、ベーシックなオートローンから今のクルマを手放して新しいクルマを購入される方のためのローンまで、様々な支払い方法をご用意しています。

ローンはディーラーや自動車販売店だけでなく、銀行などでも借りることができるので、それぞれの特徴をチェックして、自分に合ったものを選びましょう。借入金額はもちろんのこと、返済期間や返済の方法なども選ぶ必要があるので、予め調べておくと申し込みがスムーズに済みます。

POINT 4

納車のための手続きをする

契約書類と印鑑

支払い方法を決めたら、いよいよ納車をするための手続きを残すのみです。クルマは所有者を登録しなくてはならないので、契約が成立したら、名義変更手続きが必要になります。それに向けて用意しておくべき書類は以下の通りです。

【車購入の手続きで必要となる書類】

  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 車庫証明書
  • 委任状(※販売店に名義変更手続きを依頼する場合)

【車購入の時に販売店から受け取るべき書類】

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自賠責保険証
  • 自動車税証明書
  • リサイクル券

車検証の写しがあると、任意保険の車両入替手続きも進められます。納車されたらすぐに乗れるように、納車を待つ間に手続きを済ませてしまいましょう。保険会社のウェブサイトなどから申し込み、指定の方法で新しい車検証を保険会社に共有、最後に車両切り替えによって発生する差額を支払えば、手続き完了です。ガリバーでは保険の手続きも承っています。

POINT 5

メンテナンス・アフターサービス

点検 メンテナンス

クルマは、納車されたら終わりではありません。数多くの部品によって作られた複雑なマシンなので、急に動かなくなる可能性もゼロではありません。そんな時に修理をしてもらえるよう、保証が付けられる中古車販売店を選んでおくと安心です。返品できれば、さらに安心です。

また安心して乗り続けるためにも、日々のメンテナンスも欠かせません。オイルのような消耗品は定期的に交換する必要もあります。命を乗せて運ぶものだからこそ、きちんとメンテナンスや定期的な点検を行うようにしましょう。