クルマの色選び

close
はじめての中古車購入ガイド クルマの色ごとの特徴と選び方のポイント
guide はじめての中古車購入ガイド

クルマの色ごとの特徴と選び方のポイント

クルマの印象を大きく決める、ボディカラー。「好きな色にして大丈夫?」「どんな色が良いの?」など迷う人も多いです。汚れやキズが目立ちにくい、事故に遭いにくいなど実は色に特徴があります。色の特徴を知って、ボディカラー選びの参考にしてください。

POINT 1

クルマの色が持つ特徴

クルマの色を選ぶ時、何を基準にしていいか迷うもの。「どんな印象に見られるのか」なども気になりますし、「キズや汚れが目立ちにくい」などの実用性も高い方が嬉しいものです。

実はクルマのボディカラーにはそれぞれ、以下のような特徴があります。

  • 一番人気のカラー
  • 清潔感があり万人受けするため社用車にも使われる
  • 膨張色なので、クルマが大きく見える
  • 泥や水垢など汚れが目立ちやすく、黄ばんで見えることもある

  • 白と並び、定番のカラー
  • 落ち着いた雰囲気になる
  • 熱を吸収しやすく、白と比べて車内が4℃ほど高くなる
  • 水滴や泥などの汚れや細かいキズが目立ちやすい

シルバー/
グレー

  • 飽きにくい定番カラー
  • 目立つ色なので事故に遭いにくいともいわれている
  • キズや汚れが目立ちにくく、手入れが楽

ブルー

  • さわやかで、かつスポーティーな印象のカラー
  • グレーなどに比べるとややキズが目立ちやすい
  • 遠くにあるように見えてしまう色で、事故に遭いやすいといわれることも

レッド

  • スポーティーな印象で、非常に目立つカラー
  • キズが目立ちやすい
  • 太陽の光で色褪せしやすい

ブラウン

  • 珍しい色で、人と重なることが少ない
  • 花粉や砂、泥などの保護色でもあるため、汚れが非常に目立ちにくく手入れが楽

パステル

  • グレーがかった色も多く、水垢などが目立ちにくい
  • 軽自動車に多く採用されている

インテリアの場合にも、色が持つ基本的な印象や効果は同じです。ただしインテリアの場合は水垢などが付く心配がなく、またコーヒーなど色が濃いもので汚れる可能性も高いので、黒系が最も汚れが目立ちにくいです。他方で薄い色の方が空間が広く見えるという効果があります。

POINT 2

高く買い取ってもらえる可能性が高い色

クルマのボディカラーを選ぶ時に忘れてはならないのが、手放す時のこと。「このクルマを乗り潰す」と決めているのでなければ、何かの事情で買い替えなければならない時に備えて、売ることも視野に入れて購入するに越したことはありません。

車の定番カラー

実は、ボディカラーによって中古車買取店の査定額は異なってきます。人気のある色の方はより高く買い取ってもらえますが、人気のない色だと買取価格は下がります。

定番色である白、黒、シルバーはどんなボディタイプでも人気なので、買取価格も高めで安定しています。

スペーシア_ホワイトピンクツートン

軽自動車だとパステルカラーなど可愛らしい色の買取価格も比較的高く、スポーツカーだと派手な色のクルマの評価も高いです。

「ハッチバックの場合は何色が良いの?」「マツダの場合は赤も人気じゃない?」などより詳しく知りたい場合は、お店の人に相談してみても良いでしょう。ガリバーも含め中古車買取店は自分たちが買取をしているので、誰よりも詳しいアドバイスがもらえます。

POINT 3

汚れやキズを目立たせないポイント

いくら汚れやキズが目立たないとはいっても、気に入らない色のクルマを買うのはあまり気が進まないもの。安い買い物ではないだけに、色にも妥協したくないという人も多いでしょう。

そんな人におすすめしたいのが、最初にきちんと手入れをすること。そうすることで手入れが楽になったり、そもそも汚れやキズが付きにくくなったりします。たとえばポリマーコーティングを先にしておくことで、撥水性がぐっと上がり、汚れが落としやすくなります。

コーティングをするとクルマの色の見え方も少し変わるので、それも含めてお店の人に相談してもいいでしょう。お店に行けば、安く買える色、高く売れる色も分かるので、手入れの仕方と一緒に相談して、ぴったりの一台を見つけてください。