ボディカラーの選び方

close
クルマの色の特徴と選び方
guide 何色にすべき?

クルマのボディカラーの特徴と選び方

クルマの印象を大きく決める、ボディカラー。「好きな色にして大丈夫?」「どんな色が良いの?」など迷う人も多いです。汚れやキズが目立ちにくい、事故に遭いにくいなど実は色に特徴があります。色の特徴を知って、ボディカラー選びの参考にしてください。

POINT 1

クルマの色が持つ特徴

クルマのボディカラーには、色ごとに「汚れにくい」「事故に遭いやすい/遭いにくい」「色褪せしにくい」などの特徴があります。

  • 清潔感があり万人受けする、人気の定番カラー
  • ワゴンやコンパクトカーだと「社用車/業務用っぽく」見えてしまうことも
  • 膨張色なので、クルマが大きく見える
  • 泥や水垢など汚れが目立ちやすく、黄ばんで見えることもある

  • 落ち着いた雰囲気の、白と並ぶ定番のカラー
  • 熱を吸収しやすい色のため、白と比べて車内が4℃ほど高くなる
  • 水滴や泥といった汚れや、細かいキズが目立ちやすい

シルバー/
グレー

  • 白、黒に次ぐ定番カラー
  • 光を反射して目立つため、事故に遭いにくいともいわれている
  • 中間色であるためキズや汚れが目立ちにくく、手入れが楽

ブルー

  • さわやかで、スポーティーな印象のカラー
  • 濃いブルーなどハッキリした色味の場合、ややキズが目立ちやすい
  • 遠くにあるように見えてしまう色(収縮色)なので、事故に遭いやすいといわれることも

レッド/
オレンジ

  • スポーティーな印象で、非常に目立つカラー
  • ハッキリした色味の場合、キズが目立ちやすい
  • 日光にさらされ続けると、色褪せしやすい傾向がある

イエロー

  • 珍しい色で、人と重なることが少ない
  • ハッキリした色味だとキズが目立ちやすいが、花粉や砂などの汚れは目立ちにくい
  • 注意を促す色であるため、事故に遭いにくいともいわれている

ブラウン/
ゴールド

  • 珍しい色で、人と重なることが少ない
  • 花粉や砂、泥などの保護色でもあるため、汚れが非常に目立ちにくく手入れが楽

パステル

  • グレーがかった色は、水垢やキズが比較的目立ちにくい
  • 柔らかい印象で、軽自動車に多く採用されている
POINT 2

クルマの色の選び方

毎日のように目にするクルマなので、「自分が好き」と思える色を選ぶのが一番です。
それ以外だと、以下のような基準で選ぶ人が多いようです。

  • 汚れもキズも目立たないクルマが欲しいなら、ブラウン・ゴールド系
  • いつか手放す可能性があるなら、人気が安定している黒、白、グレー/シルバー系
  • 事故に遭いにくいクルマが欲しいなら、イエローやゴールド/ブラウン系、グレー/シルバー系
  • 目立つ色が欲しいならイエロー、レッド、ブルーなどビビッドな色
  • 柔らかい印象、穏やかな印象を与えたいならパステル系

色に全くこだわりがないのなら、それを値引き交渉に使っても良いでしょう。
お店の人に「一番安くできる色はどれ?」「色にこだわらないから、とにかく安くしたい」と相談してみてください。

ワンポイント 手放す時に「高く売れる色」がある!

手放す時に「高く売れる色」がある!

安く買うためには「人気のない色」を選ぶのがおすすめですが、いつか手放す可能性があるなら「リセールバリュー」が高い色、つまり「高く売れることが見込まれる色」を選ぶという考え方もあります。

リセールバリューが高い色は、ボディタイプによって変わります。
白、黒、シルバーといった定番色は、どのボディタイプでもリセールバリューが安定しています。一方、例えば軽自動車なら、パステル系の色も人気があるため、リセールバリューも高い傾向があります。

ガリバーでは「どんな色を選ぶべき?」「人気がない色だけど安いクルマと、どっちを買うのがお得?」などのご相談も承っています。