自動車メーカー別おすすめ

close
クルマのメーカー・車種の選び方は?オススメの選び方とそのポイント
クルマのメーカー・車種の選び方は?

オススメの選び方とそのポイント

クルマを購入する時に迷うのが、どのメーカーのどの車種にするのか。ディーラーに行っても客観的な情報は教えてもらえないし、口コミサイトだと自分の条件に合わせた提案などは得にくいと困っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、様々なメーカーのクルマを取り扱っているガリバーが、メーカー・車種の選び方とそのポイントをご説明します。

POINT 1 まずは自分に必要なクルマの条件を確認

クルマが欲しいと思うや否や、いきなりメーカーや車種のことを考えている人もいるのではないでしょうか。しかし、少し待ってください。その選び方だと、自分に本当に必要な条件を見逃し、必要のない装備や性能にお金を払ってしまう可能性があります。

ですので、まずはライフスタイルやクルマの用途を棚卸し、クルマに必要な条件を明らかにしましょう。例えば運転が得意ではない人なら「運転しやすいクルマ」が大事ですし、子育て中のママならベビーカーを載せられる高さと自動スライドドアがあると便利です。沢山乗る人なら維持費が安いハイブリッドの方がお得な可能性がありますし、レジャーで使うならその道具まで載せられるクルマを選びたいです。

子育てに便利なオートスライドドア

もちろん、機能的な条件だけでなく、色や形、ボディタイプやスタイルなど自分なりの好みやこだわりも大事です。わがままかもしれないと思っても、まずは希望を挙げてみましょう。予算も「最大でいくらまで出せる」「可能ならこの範囲で収めたい」という条件を考えてみてください

ライフスタイルや用途に合ったボディタイプについてははこちらから、運転しやすいクルマの見極め方はこちらでご紹介していますので、参考にしてみてください。

POINT 2 各メーカーの特徴をチェック

自分のライフスタイルやクルマの使い方に合った条件がハッキリしてきたら、いよいよ自分に合った車種を探す段階に入ります。どんな車種が良いのか、そして比較するためのライバルはどれを選ぶべきかを明らかにしていきましょう。

そのために注目すべきは、メーカーです。というのも、最近は各社ともラインナップが充実しており、幅広いボディタイプや価格帯を用意しております。条件が決まっていて、メーカーの候補があれば、車種は簡単に絞り込めます。例えば、ベビーカーが載せられるトヨタの軽自動車といえば、自然と候補は絞られてきます。

メーカーに目星が付けば、サイトを見るにしても、お店で相談するにしても、グッと探しやすくなります。それぞれの条件や予算によってもピッタリのメーカーは異なるので、ランキング形式ではなく、まずはメーカーごとの特徴を確認してみましょう

トヨタ
  1. 販売台数が世界一の、日本を代表する自動車メーカー
  2. その規模を活かし、レクサスやクラウンなどの高級車からコンパクトカーまでラインナップが豊富
  3. ハイブリッドカーのラインナップも充実しており、「プリウス」「アクア」などがその代表
  4. 他方で軽自動車については、あまり種類は多くない
ホンダ
  1. F1にも参加するほどの、高いエンジン性能を誇る
  2. トヨタほどラインナップは多くないものの、「N-BOX」のような軽自動車、「ヴェゼル」のようなSUV、「フィット」のようなコンパクトカーなど時代に合わせた車種が豊富
  3. ハイブリッドカーの「フィット」は燃費、コストパフォーマンス、サイズ感、豊富なカラーバリエーションで人気
日産
  1. カルロス・ゴーン社長による立て直しで息を吹き返したメーカー
  2. 最近では、自動運転の技術も評価されている
  3. ミニバン「セレナ」やSUV「エクストレイル」といったファミリー向けのクルマが売れ筋
  4. 国内では数少ない完全電気自動車「リーフ」や、自動車ファン垂涎の「GT-R」も日産のクルマ
三菱
  1. SUVの「パジェロ」や「アウトランダー」、ミニバンの「デリカ」などスポーティーなクルマに定評がある
  2. 電気自動車やプラグインハイブリッドでは国内メーカーで一歩進んでおり、完全電気自動車の軽「i-MiEV」や、プラグインハイブリッドのSUV「アウトランダーPHEV」を展開している
マツダ
  1. デザイン性という点で特に評価が高い日本メーカー
  2. 「CX-3」「CX-5」など海外でも評価が高いSUV、根強いファンが多い「ロードスター」などのラインナップがあるが、軽自動車のラインナップは少なめ
  3. 他社がハイブリッドに注力するなか、クリーンディーゼル車を数多く展開
スバル
  1. トヨタの傘下に入ったメーカーながら、根強いファンを持つ
  2. 安全技術「アイサイト」は国内外から高い評価を受けている
  3. 最近だとSUV「フォレスター」が有名
ダイハツ
  1. トヨタの子会社であり、軽自動車で国内シェアNo.1
  2. ラインナップの大半は軽自動車
  3. 軽のオープンカー「コペン」、丸みを帯びた「ミラ」シリーズや「Cast」、背が高い「WAKE」や「タント」など軽自動車のラインナップは非常に豊富
スズキ
  1. 軽自動車とコンパクトカーを中心に販売
  2. 特に軽自動車のラインナップが豊富で、「スペーシア」「スイフト」「ワゴンR」「ラパン」などが代表格
メルセデス・ベンツ
  1. 高級車の代名詞でもある、ドイツ車のメーカー
  2. 「Sクラス」のような手が届きにくいクルマだけでなく、「Aクラス」や「GLA」などなら新車で300万円台、中古なら100万円台とリーズナブルなクルマも
  3. インテリアの高級感、安全技術のレベルの高さには定評がある
アウディ
  1. 高いデザイン性で特に若い人に人気のドイツ車メーカー
  2. シンプルながら上質なスタイルは嫌味がなく人気
  3. ハッチバックの「A3」やSUVの「Q3」や「Q5」なども展開
BMW
  1. 走りに定評がある高級ドイツ車メーカー
  2. 特に「3シリーズ」は、BMWファンから入門者まで自動車好きの中で幅広い支持を集めている
  3. SUVの展開も豊富で、ドイツ車では珍しく「グランツアラー」「アクティブツアラー」というミニバンも展開している
フォルクスワーゲン
  1. ドイツ車ながら、比較的リーズナブルな価格帯のメーカー
  2. 特徴的なフォルムの「ニュービートル」はブランドのシンボル
  3. 他にも「ゴルフ」のようなコンパクトカーやワゴンを多数展開している
MINI
  1. イギリスに起源をもち、今はBMWの傘下に入っている自動車メーカー
  2. その名の通り、コンパクトなサイズのハッチバックやSUV、クーペのみを展開
  3. クラシカルで個性的なデザインは、一目見るだけでミニのクルマだと分かるほど
  4. カラーやパーツデザインのバリエーションが豊富

自分の条件に合いそうなメーカーが見つかったでしょうか。それぞれに得意、不得意があるので、そのメーカーのサイトも併せて見てみましょう。

「特徴は分かったけれど、それではメーカーは選べない」「メーカーではなく、個別の車種で考えてみたい」という人は、POINT4に移りましょう。ガリバーのようにメーカー横断でクルマを扱っているお店だと、メーカーの垣根に関係なく、一人ひとりの条件に合わせたクルマをご提案できます。

POINT 3 自分に合っていそうなメーカー・車種+ライバルで見積もり

良さそうなメーカーが見つかったら、次は車種選びです。基本的な性能、デザインなどに加えて、最終的な見積もりも含めて検討していきましょう。

この時にオススメなのが、ギリギリまでは複数のメーカーを検討すること

最近は各社ともラインナップや技術に差がなくなってきているため、特定のメーカーの熱烈なファンでなければ、「このメーカーでしか希望通りのクルマが見つからない」ということはほとんどありません。それであれば、複数メーカーのクルマを比較して、より良い条件のクルマを選んだ方がお得です。この時にオススメなのが、ギリギリまでは複数のメーカーを検討すること

あるクルマがモデルチェンジをしたばかりだと、ライバルになるクルマは値引きしてもらいやすいです。他社の見積もりを持参すれば、それを叩き台に価格交渉をすることもできます

新しめの中古車の見積もりもあれば、更に交渉はしやすくなります。新車ならではの安全装備やオプションを付けてもらえることもあるでしょう。そのためにも、一つのお店に行くのではなく、中古車販売店も含めて複数のお店で見積もりを貰い、よりよい条件を引き出せる車種を選ぶのがオススメです。

POINT 4 メーカー横断で扱っているお店を使うのもオススメ

ここまで、各メーカーの大まかな特徴と、代表的な車種、そして最終的に車種を絞り込む際のお得な選び方をご紹介しました。

しかし、自分では決めきれないという人もいるのではないでしょうか。メーカーごとにそれぞれカラーはありますが、日本のメーカーはどこも技術力が高く、消費者の目から見ると大差ないというのもまた現実です。

軽自動車、コンパクトカー、SUVなど自分が希望するクルマのボディタイプが決まっているなら、ボディタイプごとの人気ランキングを確認してみるのもオススメです。そこで挙がっている車種が自分の条件を満たすか、好みにも合うのかを確認してみてください。

ガリバーの中古車大型展示場

また中古車を考えている場合、そして登録済み未使用車(新古車)を考えている人なら、ガリバーのように様々なメーカーのクルマを取り扱っているお店を使うという手もあります。そういったお店ならメーカーの枠にとらわれず、一人ひとりの条件やライフスタイルにピッタリのクルマをご提案することができます。

メーカーや車種にお客様を合わせるのではなく、お客様に合わせてメーカーや車種をご提案できるのが、ガリバーの強みです。ライフスタイルや利用目的に合ったクルマの選び方もご案内していますので、お近くのお店にお気軽にお寄りください。電話やウェブからのお問い合わせも用意しておりますので、「お店に行くのはちょっと…」という人もぜひご活用ください。