自動車メーカーの特徴と選び方

close
自動車メーカーの特徴と選び方
どんな特徴があるの?

自動車メーカーの一覧と選び方

クルマを購入する時に迷うのが、どのメーカーのどの車種にするのか。ディーラーに行っても客観的な情報は教えてもらえないし、口コミサイトだと自分の条件に合わせた提案などは得にくいと困っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、様々なメーカーのクルマを取り扱っているガリバーが、メーカー・車種の選び方とそのポイントをご説明します。

日本の自動車メーカーと特徴

日本の自動車メーカーは以下でご紹介している通り、ラインナップや得意な分野に、それぞれ特徴があります。

総合自動車メーカー
トヨタ
  • 販売台数世界一の日本を代表するメーカー
  • レクサスやクラウンなどの高級車からコンパクトカーまでラインナップが豊富
  • ハイブリッドカーのラインナップも充実しており、「プリウス」「アクア」などがその代表
  • 軽自動車の種類は、他のメーカーと比べてあまり多くない
ホンダ
  • F1にも参加するなど、高いエンジン性能を誇るメーカー
  • 軽自動車の「N-BOX」は2017年、2018年の新車販売台数1位を獲得した主力商品
  • ハイブリッドカーの「フィット」やSUV「ヴェゼル」など時代に合わせたクルマ開発が得意
日産
  • 高い半自動運転の技術が評価されているメーカー
  • ミニバン「セレナ」やSUV「エクストレイル」といったファミリー向けのクルマが売れ筋
  • 国内では数少ない完全電気自動車「リーフ」や、自動車ファンに人気のスポーツカー「GT-R」を展開
三菱
  • SUVの「パジェロ」「アウトランダー」、ミニバンの「デリカ」などスポーティーなクルマが得意なメーカー
  • 完全電気自動車「i-MiEV」やプラグインハイブリッドSUV「アウトランダーPHEV」を展開し、電気自動車の分野では国内メーカーで一歩リード
マツダ
  • デザイン性という点で特に評価が高いメーカー
  • 「CX-3」「CX-5」といった海外でも評価が高いSUV、根強いファンが多い「ロードスター」が有名
  • 他社がハイブリッドに注力するなか、クリーンディーゼル車を数多く展開
スバル
  • SUV「フォレスター」やワゴン「インプレッサ」が有名なメーカー
  • 安全技術「アイサイト」は国内外から高い評価を受けている
軽自動車やコンパクトカー中心の自動車メーカー
ダイハツ
  • 軽自動車で国内シェアNo.1 のメーカー
  • 軽のオープンカー「コペン」、背が高い「WAKE」や「タント」などが有名
スズキ
  • 軽自動車とコンパクトカーを中心に販売
  • 特に軽自動車のラインナップが豊富で、「スペーシア」「スイフト」「ワゴンR」「ラパン」などが代表格

自分に合ったメーカーの選び方

たくさんのメーカー名を見ると「どのメーカーにしたらいいんだろう?」と迷う人も多いでしょう。
最初に知っておいて欲しいのが、「メーカーを1つに決めてしまう必要はない」ということです。
メーカーを決めてしまうと「相見積もりをとって値下げ交渉をする」といった、お得に買うためのテクニックが使えなくなってしまうからです。

そのため、メーカーを選ぶ時には、いくつか候補を持つようにしましょう。
上記のキーワードをもとに、「自分が欲しいタイプのクルマを扱っていそうなメーカー」「家の近くにお店があり交渉に行きやすいメーカー」などをピックアップしてみてください。
以下はその一例ですが、ぜひ参考にしてみてください。

  • 軽自動車なら、販売台数No.1のN-BOXがあるホンダと、軽自動車が豊富なダイハツ、スズキで検討
  • ミニバンが欲しいなら、ラインナップが豊富なトヨタと、ファミリーカーが多い日産、そのライバルのホンダ
  • 環境性能が気になるなら、電気自動車がある日産と三菱、ハイブリッドカーが強いトヨタ
  • SUVは各社がラインナップを増やしているので、日産やホンダに加えて、マツダやスバルもチェック

このようにいくつか「良さそう」なメーカーの目星がついたら、両方のお店に行って、クルマを見てみましょう。
気になるクルマの見積もりを取ってもらい、「ライバルメーカーも検討している」ということを伝えて値引き交渉をするのもおすすめです。

メーカー横断で相談できるお店も

新車が買えるお店には、特定のメーカーしか扱っていないディーラーのほかに、「複数メーカーのクルマを扱うサブディーラー」も存在します。
「ディーラーに行くのはハードルが高い」という方は、サブディーラーに行ってみるのも良いでしょう。

中古車を考えているなら、取扱台数が多い、大きなお店に相談することをおススメします。大きなお店のスタッフなら日々多くのクルマを目にしているので、「メーカーごとの得意な車種」「隠れたお買い得メーカー」について教えてくれるでしょう。
中古車店であれば複数メーカーのクルマを取り扱っているのは普通ですが、取り扱い台数が多ければ希望に合うクルマに出会える確率が高くなります。

ガリバーは中古車の買取台数、販売台数ともNo.1です。
多くのメーカーの車種を扱っているため、お客様の希望や条件に合ったメーカーやクルマをご紹介できます。

  • 2018年9月、(株)日本能率協会総合研究所調べ(国内中古自動車販売業の主要小売企業を対象とした「中古自動車販売台数 No.1 調査」より)