ツイン(スズキ)の新車・中古車カタログ装備スペック情報

close

ツインのカタログ | 新車・中古車

新車時価格(税込)
49万円〜146万円
中古車相場
6万円〜86.4万円

ツインの概要

スズキ ツインは、2003年1月に発売され、しばらくの間ラインナップされていた個性的な軽自動車である。全長は2735mmと極めて短く、全幅も1475mmにとどまるので、普通の軽自動車よりもずっと小さい。乗車定員も2名とされていた。外観デザインは、丸みを帯びたボディに丸型のヘッドランプ&テールランプを採用したもので、ほかのどのクルマにも似ていないものだった。前後バンパーはブラックの樹脂製で左右のフェンダーと一体になっていた。660ccのガソリンエンジンを搭載して5速MTまたは3速ATと組み合わせたほか、エンジンと4速ATの間にモーターを配置して専用の鉛バッテリーからの電力によってエンジンをアシストして走るハイブリッド車の設定もあった。ハイブリッド車は、当時10・15モードで32.0・/Lという燃費値を誇った。駆動方式はFFのみの設定である。ハイブリッドは価格が高かったために売れ行きは芳しくなく、受注生産に変更されて2005年2月には生産を終了している。ガソリン車も短命で、2005年6月に生産を終えている。

ツインのモデル一覧

歴代モデルのスペック情報は下記歴代モデルリンクよりご覧いただけます。ツインと他の車種を比べてみたい方はこちら

  • 歴代モデル

  • 新車時価格(税込)

  • 中古車相場

  • 1000km
    走行時燃費

    1000km走行時燃費とは
    WLTCモード燃費、JC08モード燃費、10・15モード燃費と燃料ごとの全国的な平均指標値より算出
  • 相場傾向

ツインと気になる車種を比較する

中古車購入サービス

ツインの査定買取・下取りもあなたに合ったサービスで

ツインと同じ特徴の新車・中古車カタログ