チャイルドシートの選び方

close
チャイルドシートの選び方
はじめての中古車購入ガイド

チャイルドシートの選び方

通常のシートベルトでは子どもの小さい身体には合わず、いざという時の安全を確保できないという観点から生まれたチャイルドシート。6歳未満の子どもを乗せる場合には、チャイルドシートの使用が義務付けられています。

また6歳を過ぎた子どもでも、チャイルドシートやジュニアシートを着用したほうが良い場合があります。通常のシートベルトは身長140センチ以上の体型に有効な働きをするといわれており、小さな子どもがシートベルトをそのまま着用すると、ベルトが首に掛かるなどの可能性があります。
シートベルトを着用せずに座るのはもちろん、大人用のシートベルトをそのまま着用して座るのも危険なため、身体が小さな子どもにはチャイルドシート、ジュニアシートを用意したほうが良いでしょう。

年齢や体重で異なるチャイルドシートの基礎知識

  • 乳児用
    体重10kg未満・新生児から1歳くらい

    乳児期首がすわっていないため、寝かせる姿勢で乗せます。
    後ろ向きに使用する「シートタイプ」と、横向きに使用する「ベッドタイプ」があります。

  • 幼児用
    体重9〜18kg以下・1〜4歳くらい

    幼児の首がすわり、自分自身で座れることが、使い始めの目安です。
    新生児から使える「乳児用、幼児用兼用タイプ」、学童用としても使える「幼児用、学童用兼用タイプ」もあります。

  • 学童用
    体重15〜36kg以下・4〜10歳くらい

    ジュニアシートとも呼ばれます。
    おしりの位置を高くすることで、大人用のシートベルトが、正しい位置にかけられるようにします。
    おしりに敷くだけのものと、背もたれのついたものが背もたれのついたものがあります。

より安全なカーライフを目指して

ガリバーでは、万が一のことを考え安全性の高いクルマをご紹介しています。
理想のカーライフを実現するために安全性は重要です。