ホワイト系 CT(レクサス)CT200h Fスポーツ DAA-ZWA10(10111338) の画像

ガリバーのカタログCTCT200h Fスポーツのカタログ 平成29年8月(2017年8月)〜令和1年9月(2019年9月)の画像

画像を選択すると拡大画像をご覧いただけます。

絞り込み

※カタログ画像は他グレード共通のものを利用していることがあります。

CTのカタログ の関連情報

新車時価格(税込)
440万円
中古車相場
44.9万円〜428.5万円

レクサスCT200hは、初のCセグメントのハイブリッド専用車として、2011年1月に発売された。ハイブリッド車に足りなかったスポーティさをアピールしたモデルで、パフォーマンスダンパーによる高いボディ剛性や新開発サスペンション、パドルシフトなどにより、とにかく運転して楽しいクルマに仕上げられた。パワーユニットは、3代目プリウスと基本的に同じ1.8Lハイブリッドシステムを搭載。走行性能を重視したモデルながら、30.4km/Lという低燃費を実現。また、スポーツモードを選択すると、モーター駆動の電圧が500 Vから最大650 Vへ昇圧され、よりパワフルな走行を可能とした。さらに、専用エアロやサスペンションを装備したグレード「Fスポーツ」も用意された。2014年1月にマイナーチェンジを受け、レクサスのデザインアイコン「スピンドルグリル」に加え、ワイド&ローを強調するバンパーデザインにより、力強くスポーティなイメージを増幅。ボディ剛性を高め静粛性や乗り心地を向上することで、ハイブリッド専用プレミアムコンパクトとしての魅力に磨きをかけた。

  • 安全装備には作動条件や限界があります。機能を過信せず、安全運転を心がけましょう。

CTの購入をお考えの方

  • 当社調べ2023年8月現在 創業からの累計販売台数

CTのご売却をお考えの方

  • 2020年1月(株)日本能率協会総合研究所調べ(国内の大手自動車買取事業者を対象とした「中古自動車買取台数No.1調査」より)