自動車ニュース

10639 件中 1〜15 件を表示

「やっぱり出た! ハイブリッド車のエアロモデルが登場!」トヨタ ノア&ヴォクシー、エスクァイア購入ガイド

NEW2016年2月7日

< 一部改良の摩訶不思議! 重くて大きいミニバンなのに、なぜ歩行者検知ができない自動ブレーキを装着?> トヨタは、人気5ナンバーミニバンであるヴォクシー &ノア 、エスクァイア を一部改良し発売を開始。一部改良では、待望 …

MORE

「プレミアムなコンパクト感を向上させた一部改良と特別仕様車」マツダ デミオ購入ガイド

NEW2016年2月5日

<静粛性の快適性を向上させた改良。そして人気の高い特別仕様車ブラックレザーリミテッドを投入> マツダは、コンパクトカーのデミオを一部改良し、同時に人気の高いブラックレザーを使った特別仕様車「BLACK LEATHER L …

MORE

「SUV濃度やや薄めな新型クロスオーバー車」スズキ イグニス購入ガイド

NEW2016年2月2日

<マイルドハイブリッド機能搭載で、価格はやや高めながら燃費は28.8km/L!> スズキは、SUVのクロスオーバー車となるコンパクトカー新型スズキ イグニスの発売を開始した。 この新型イグニスのコンセプトは「シンプルアイ …

MORE

「歯がゆい馬力自主規制内の64psのまま」スズキ アルトワークス購入ガイド

NEW2016年1月30日

<旧アルトワークスがきっかけとなった軽自動車の馬力自主規制。その枠を超えられなかった新型アルトワークス> スズキ は、アルトをベースとした軽スポーツカーであるアルトワークスを15年ぶりに設定し発売を開始した。 アルトは、 …

MORE

遠藤イヅル「今月のふせん絵」第14回 BMW ミニ ワン(F56)

2016年1月29日

今月のふせん絵 第14回 BMW ミニ ワン(F56) ◆ドイツで生まれ変わった稀代のブランド「MINI」 2001年、ドイツのBMWが開発して登場した新しい世代のミニも、2013年に3代目となった。偉大なクラシック・ミ …

MORE

遠藤イヅル「もやもやクルマ選び」第3回 スズキ ソリオ バンディット

2016年1月28日

「もやもやクルマ選び」第3回 スズキ ソリオ バンディット レアでマニアックなだけがクルマじゃない。新型車たちにも、世間から忘れられた中古車たちにも、クルマ好きのぼくらをワクワク「もやもや」させる悩ましい魅力を持つクルマ …

MORE

遠藤イヅル「今月のふせん絵」第13回 フィアット・ウーノ

2016年1月27日

今月のふせん絵 第13回 フィアット・ウーノ ◆フィアットを代表するヒット作 傑作小型車ウーノは1983年にジウジアーロ・デザインのボディで登場、フィアットらしい堅実で優れた設計とプレーンでルーミーなスタイル、モダンなイ …

MORE

「是か非か? わずか1年足らずでの一部改良」マツダCX-3購入ガイド

2016年1月27日

<高級コンパクトSUVとしての価値を高めた改良。静粛性と乗り心地性能が向上!> マツダCX-3は、2015年2月に発売されたばかりのコンパクトSUV。そんなデビューから1年未満のCX-3が早くも一部改良を施し発売が開始し …

MORE

安全装備&便利機能|「サイドエアバッグ標準装備化が進む? 」安全なクルマの選び方

2016年1月26日

<欧米では、ほぼ標準装備化されたサイドエアバッグ。しかし、日本では一部を除きほとんどオプション設定> 日本マーケットは、安全装備にたいして非常に意識が低い。とくに、サイドエアバッグやカーテンエアバッグなど、もはや当たり前 …

MORE

安全装備&便利機能|「日・欧・米、それぞれ微妙に異なる安全基準」安全なクルマの選び方

2016年1月26日

<自動車の安全性能を評価する機関が各国に存在する> 交通死亡事故は、年々減少している。減少理由は多岐にわたるが、シートベルト着用の義務化が浸透したことや、クルマのパッシブセーフティ(衝突安全)やアクティブセーフティ(予防 …

MORE

10639 件中 1〜15 件を表示

記事を探す

SEARCH

キーワードから検索する

  • 検索

例) 新車、スズキ、ハスラー

メーカー・車種から探す

  • 検索

国産車

輸入車

人気のTAGから探す

ガリバーが最も選ばれているには、理由があります。

販売実績No.1

お客様視点のサービスが、共感を得ています。

全車修復歴 0 修復歴のあるクルマは決して販売しません。
なぜ事故歴が
重要なの?
長期オプション保証(有料) 最長 10年 輸入車は最長3年 重要機構部分を対象に最長10年の長期オプション保証。
保証期間って
そんなに重要?
返品可能期間 100日 万が一の場合も納車後100日まで返品可能。
本当に返品できる?

ガリバーでは、管理コスト削減のため、2週間しか保有しない「期間限定販売」という仕組みをとっています。そのため常にクルマが入れ替わっています
さらに毎日400台の新規車両が入荷されるので、日々新しいクルマとの出会いがあります。それら全国420店舗にあるクルマを、お住まいの地域に関係なく選ぶことができる画像販売システム「ドルフィネット」があるので、お客様のご希望にあったクルマを探し出すことが出来るのです。

買取実績No.1

最高値を提示できる仕組みが、納得されています。

ガリバーでは、全国を網羅する約150ヶ所のオークション会場から集められた、45万件にも及ぶ相場価格データを把握しているから最高価格で買い取れます
また、買取したクルマを約2週間以内に再販もしくはオークションに売却します。在庫管理コストを抑えるスピード売却が、高価買取できる理由なのです。
さらに全国420店舗のネットワークを駆使し、常に今の時期にどのエリアでどのクルマが求められているかを把握して、最適なお客様へ販売することが出来る専門店(ブランド)を展開しています。そのため、メーカー車種を問わず、高い評価をすることができるのです。