事故や売却した際、残りのローンは?

車を購入する際、金額が大きいためよく利用されている自動車ローン。万が一ローン返済中に事故を起こしてしまったり、車を手放さなければならなくなった場合、残りのローンはどうなるのでしょうか? ここでは事故や売却時の自動車ローンの返済方法についてご紹介いたします。

自動車ローンとは
01

自動車ローンの種類によって違う返済方法

返済方法に大きく関係する自動車ローンの種類について解説いたします。

開く
ディーラーや信販会社 金融機関
クレジット型の自動車ローン 目的別フリーローン

自動車ローンには、主にディーラーや信販会社が扱うクレジット型の自動車ローンと金融機関の目的別フリーローンがあり、この方式の違いで残りのローンの返済方法が異なります。

クレジット型のローンでは、車の所有権は自分ではなくローン返済中はローン会社となるので注意が必要です。車検証には所有者が記載されていますのでまずここでローンの種類を確認してください。

02

通常返済が可能な金融機関の自動車ローン

銀行など金融機関のローンの返済方法について解説いたします。

開く

金融機関の自動車ローンの場合、車の所有権は自分にあります。そのためローンが残っていても車を売却することは可能で、車を売却しても基本的にはそのままローン契約を継続し、残債を分割で払い続けることができます。ただし契約条件が付与されていることもありますので、事前に金融機関に確認しておきましょう。

03

一括返済が必要! 信販会社等のクレジット型ローン

信販会社等のクレジット型ローンの返済方法について解説いたします。

開く

車のディーラーや信販会社が扱っているクレジット型ローンでは、車を担保にローンを組んでいますので、ローンを完済するまでは車の所有権はローン会社にある所有権留保の状態です。したがって勝手に車を売ることはできません。車を売却したい場合は、一旦ローン全額を清算もしくは返済した後、所有権を自分に移動する手続きが必要です。

04

一括返済に便利な買取店のローン返済サービス

買取店が行っているローン返済サービスについて解説いたします。

開く

中古車買取店では、自動車ローンの一括返済に車の売却代金を利用するローン返済サービスを行っています。車の買取代金をローンの返済に充て、面倒な所有権移動の手続きなどを一括して代行してくれるサービスです。買取額よりも残債が大きい場合は差額を支払わなければなりませんが、一括で支払うことが困難な場合には新たに別のローンを組みなおすことも可能です。

05

事故で廃車の場合の自動車ローンの返済方法

事故で廃車の場合のローン返済について解説いたします。

開く

事故を起こして廃車になってしまう場合ではローンの取り扱いはどのようになるのでしょうか? クレジット型のローンの場合、廃車の手続きを勝手に行うことはできません。信販会社から所有権を解除してもらうことが必要です。

この場合も基本的にローンの一括返済が求められますが、信販会社によってはローンの種類を変更することにより分割返済も可能な場合もあります。また、事故原因での廃車に限り、信販会社が所有権の解除を承認する特例もありますので、まずは利用中の信販会社へ早急に相談しましょう。

株式会社Mapコンサルティング南達也

専門家プロフィール

植木美保子

二級ファイナンシャルプランニング技能士。長年販売業に携わっていたがマネープランニングの重要性を感じFPへ転身。
現在は相談業務の傍ら、金融関係記事の執筆も手がける。得意分野は個人資産設計。

  • ご提案サービス ベストな車とお探しします
  • 車をお探しの方はコチラ
  • 乗りたい車を選んで比較しよう!