MINI 3 Doorのカタログ | LIBERALA

Catalog

Compact Hachback MINI 3 Door

MINI 3 Door ミニラインナップの中で最もスタンダードであり、かつ最も人気のモデルミニ3ドア。
ミニの伝統的なデザインを受け継いでおり、後部ドアがない3ドアハッチバックである。

MINI 3 Door

【概要】

そのルーツはBMWがミニブランドを設立するよりも遥か前、イギリスのブリティッシュ・モーター・カンパニーが1959年に発売した小型大衆車ミニにまで遡る。最大の特徴は特異なFFレイアウトであり、それによってミニマムなボディながら最大限のスペースを確保していた。

2000年まで発売されていたクラッシックミニの伝統を受け継いで、2001年に発売されたBMWミニから発売されたのが、ミニ3ドアである。このミニ3ドアは、3ドアハッチバックのデザインだけでなく、センターメーター、横置きFF駆動エンジンも踏襲している。

                

このミニ3ドアのサイズは3代目となる現行モデルのミニ ONEで全長3650mm×全幅1690mm×全高1455mm。ヨーロッパでいうBセグメントに当たり、BMWによってミニが投入されたことで活性化し、現在は他社も力を入れて新車を開発・投入している激戦区となっている。

最も手が届きやすい価格のONEで200万円台前半から。更にグレードが上のクーパーやクーパーS、走行性能を大幅に強化したジョン・クーパー・ワークスというグレードも展開されている。

MINI 3 Door

【試乗フィール】

最もミニらしいミニといっても過言ではない、ミニ3ドア。そのアイデンティティともいえるミニマムなボディは健在だが、僅かながらボディサイズは拡大している。豊富なボディカラーは言うに及ばず、ルーフカラーやミラーキャップなどを選ぶことで、クラシカルにもポップにも印象を変えることができるのはミニの最大の魅力の一つといっていいだろう。

インテリアには、スピードメーターやタコメーター、トグルスイッチなど随所に丸をモチーフとしたデザインを用いることで、クラシカルでありながらユニークな雰囲気を演出。車内の居住性は見た目の印象ほど狭くない。3ドアなのでリアシートへの乗り降りはしにくいものの、一度乗ってしまえば大人でも頭上の空間には余裕がある。

MINI 3 Door

エンジンは、ミニ ONEは1.3リッター、クーパーは1.5リッターの直列3気筒ターボ付きを、クーパーSは2リッター直列4気筒ターボ付きを搭載している。エンジンによって燃費性能の数値に若干の差はあるものの、ONEマニュアルモデルの20.2km/Lを筆頭に高い燃費性能を実現している。

その走りはグレードによって印象が異なるが、ONEでも意外なほどスポーティー。硬めの足回りで、ロールも抑えられた走りは「ゴーカートフィーリング」を謳うだけのことはある。クーパーだと、その「ゴーカートフィーリング」に滑らかで力強い加速が加わる。クーパーSだと優れたステアリングとサスペンションの効果でダイレクトな操作感覚を味わえるので、ドライブの楽しさを満喫できるモデルに仕上がっている。

Book この車種が気になる方へ。ブックディレクターがオススメする書籍はこちら。

礼儀作法入門
礼儀作法とは「他人に迷惑をかけない」ことで、そのためには「まず、健康でなくてはならない」と、礼儀を人づきあいの根本から教えてくれる良書。もちろん様々なシチュエーションも著者・山口瞳流の言葉で書かれていて読みものとしても面白い。誰だって最初は初心者。

ジス・イズ・パリ復刻版
旅を愛した絵本作家、ミロスラフ・サセックによる名作絵本シリーズのパリ編。パリの街並みを素敵なイラストで眺められるのはもちろん、ミニ知識まで散りばめられた、ちょっとしたガイド本。旅の愉しみ方を教えてくれる1冊でもあります。

奇界遺産
中国の洞窟村、ボリビアの忍者学校からお馴染みのアメリカのUFO基地・エリア51まで、辺境フォトグラファー・佐藤健寿が自らの足で訪れ、撮影・取材した世界の奇妙な場所と人物を集めた1冊。眺めているだけでこんなに楽しいんですから、行って見れば・・・。

Stock List