Mercedes Benz A Classのカタログ | LIBERALA

Catalog

Compact Hachback Mercedes Benz A Class

Mercedes Benz A Class メルセデス・ベンツが1997年に発売した、最も小型で、安価な価格設定の5ドアハッチバック。またメルセデス・ベンツが初めて発売したFFコンパクトカーでもある。

【概要】

メルセデス・ベンツで最も小さい5ドアハッチバック「Aクラス」。1997年にデビューして早20年以上。それまではなかなか手が届かなかった高級輸入車メーカーに新たな選択肢をもたらし、メルセデス・ベンツの裾野を広げることに大きく貢献してきた。現在もその人気は健在で、メルセデス・ベンツの販売台数でトップ5に入ることも多い。その間に2度のモデルチェンジも経験し、現在は3代目を迎えている。

ヨーロッパでいうところのCセグメントに属し、そのサイズは現在販売されている3代目で全長4290mm×全幅1780mm×全高1435mm。高さ、幅ともコンパクトで、日本の交通環境でも扱いやすいサイズ感に仕上がっている。

この3代目が発売された2012年にはキャンペーンの一環として、オリジナルアニメーションの「NEXT A-Class」が製作され、テレビCMでは予告編が、特設サイト上では本編が公開された。これはメルセデスブランドとしては初の試みで、Aクラスを通じてブランドの新しいイメージを創造しようという意図が感じられる。

価格も約300万円程度からと、手が届きやすいように設定されており、メルセデス・ベンツのエントリーモデルとなっている。

【試乗フィール】

初代と2代目Aクラス最大の特徴といえば、フロアを2重底にした「サンドイッチコンセプト」だろう。その背景には燃料電池やEV動力としてのバッテリーを床下に搭載することを見通した先進的な設計思想があり、その革新的なシャシーと独特のパッケージングは、メルセデス・ベンツの中でも、そして同クラスの車の中でも異彩を放っていた。その反面、どうしてもフロアが高くなってしまい、かつパッケージングへの制約も大きくなるという弊害があった。

3代目のAクラスでは、このコンセプトを大きく転換。このサンドイッチ式シャシーに代わり、現行のBクラスでも用いているプラットフォームを採用した。そのため全長は延長し、全高は下がり、ワイド&ローでスポーティーな印象になった。2代目までの独特の外見と比較すると、スタンダードなハッチバックのスタイリングに仕上がっている。2015年のマイナーチェンジで、ダイヤモンドグリルを搭載するなど、「最新のベンツの顔」も手に入れた。

インテリアも、ハッチバックらしいデザイン。特にSLS AMGを思わせる丸形送風口を備えたダッシュボードは、それだけで走行性能が上がった気分にさせてくれる。ヘッドレスト一体型のバケットタイプのフロントシートに加え、リアシートもスポーティーな形状をしている。

いざシートに座ってみると、ハイペース走行にも耐えられるホールド感。シンプルなスイッチとダイアルを用いたセンターコンソールは、機能的でスマートな使い心地。これで操作するオンダッシュのディスプレーは、ナビやオーディオを表示するのはもちろんのこと、ハンズフリー電話や後部画像カメラにも使用される。

搭載するエンジンは、AMGモデルを除いて2タイプ。1.6リッターと2.0リッターの直列4気筒ターボ付きから選べる。加速にはやや癖があり、アクセルを踏んでみると、最初はやや加速が鈍い印象を覚える。しかし思い切って踏み込むと、エントリーモデルというAクラスのイメージとしては意外なほどにパワフルな加速が味わえる。

その走りはワインディングでも安定しており、ステアリングの反応も上々。先述のようにアクセルワークのコツを掴むまでは少し使いにくさを感じるだろうが、一度慣れてしまえば快適そのものだろう。

Model

3代目(2012年~)

2012年にジュネーブモーターショーでお披露目され、翌2013年から日本でも発売された3代目Aクラス。それまでのサンドイッチ式シャシーと決別したことにより、スポーティーなフォルムに仕上がっている。一部グレードに四輪駆動が追加され、またAMGモデルが発売されたのもこの3代目から。2015年にマイナーチェンジ。「ダイヤモンドグリル」が採用されたなどインテリア、エクステリアの変更に加え、安全装備も更に充実している。

2代目(2004年~2013年)

2004年にフルモデルチェンジした2代目Aクラス。初代Aクラスの特徴ともいうべきサンドイッチ式シャシーを踏襲している。また初代では課題だったボディ剛性や衝突安全性も向上しており、初期Aクラスの完成形といってもいいレベルである。
エクステリアやインテリアのクオリティも、メルセデス・ベンツというブランドのイメージに合わせて大幅にレベルアップしている。

Book この車種が気になる方へ。ブックディレクターがオススメする書籍はこちら。

ティファニーのテーブルマナー
アメリカを代表するプレミア・ジュエラー、ティファニーが、宝石を購入した人に贈っていたテーブル・マナー・ブック。シンプルなイラストとウィットに富んだ語り口調で、テーブル・マナーを肩肘張らず教えてくれます。最後の一節までぜひ読んでみてください

鮨12ヶ月
鮨職人の12ヶ月に密着した1冊。季節感がなくなってきた今、おいしく旬の魚を食することで感じたり知ることができるのは最上の幸せかもしれません。飾らず、真摯にネタを紹介する内容も◯。

お金をちゃんと考えることから逃げ回っていたぼくらへ
作家・経済評論家の邱永漢にコピーライターの糸井重里がお金の意味を尋ねる、学校では教えてくれない話。お金に対する漠然としたスタイルやイメージ、疑問を払拭してくれるヒントが随所に散りばめられています。