Mercedes Benz M Classのカタログ | LIBERALA

Catalog

SUV Mercedes Benz M Class

Mercedes Benz M Class メルセデス・ベンツが販売するSUV、Mクラス。最近では一ジャンルを確立した感さえあるオンロード重視のプレミアムSUVだが、
その市場に先鞭をつけたのがメルセデス・ベンツであり、初代Mクラスであった。

【概要】

その発売は1997年。それまでは万人向けとはいいがたいGクラスしか発売されていなかったメルセデス・ベンツのSUVラインナップに、都会派のMクラスが加えられた。その後、2度のモデルチェンジを経て、2015年にGLEクラスに名称が変更された。

北米アラバマ州タスカルーサ工場で生産された初の「アメリカ産メルセデス・ベンツ」であり、発売当初は北米のみで生産されていた(その後、ヨーロッパで生産された時期もある)。またハリウッド映画「ジュラシックパーク」に登場したことでも注目を集めた。

GLクラスより一回り小さいMクラスは、一部の国で販売されている7人乗りグレードを除き、基本的には5人乗り。そのサイズは全長4810mm×全幅1925mm×全高1795mm。全長はEクラスに近いが、全幅や全高はEクラスよりも一回り大きい。

販売時の新車価格は800万円程度からだった。通常のMクラスに加え、AMGシリーズのモデルも販売されていた。

【試乗フィール】

GLクラスより小さいと分かっていても、いざ目の前にするとその大きな体躯に驚きすら感じるMクラス。日本では使いやすいとは言い難いサイズだが、しかしSUVらしい堂々とした存在感はそのサイズだからこそ。プレーンなボディサイドや傾斜したCピラーの効果で、メルセデス・ベンツの他のSUVラインナップと比較すると、ソフトでフォーマルな印象が強い。

インテリアは、質の高いレザーやウッドパーツやメタルパーツを多用した上質な仕上がり。Mクラス発売当初は既存モデルに比べて質感が劣るという評判も一部見られたが、モデルチェンジと共に改善され、特に3代目になり、品質が大きく向上した。

3代目Mクラスはガソリンエンジンに加えディーゼルエンジンも用意されているのだが、このディーゼルエンジンが秀逸。ゼロからの加速が非常に軽快かつパワフルで、押し出されるような走り出し。アクセルを踏み込めば、急速な加速も可能だ。最高速度こそガソリンエンジンと差はないものの、最大トルクの差が如実に出ている。

乗り心地は、まるでSクラスに乗っているかのような、静かで落ち着きのある仕上がり。ハイペースで走らせても、下からの突き上げ感も皆無だった。変なロール感もなく、濡れたワインディングでも安心して走ることができる。

その背景には、都会派SUVとはいえオフロード性能も手抜きしたくないというメルセデス・ベンツの考えがある。四輪駆動なのは言うまでもなく、加えて駆動力を最適に分配する4ESP(4エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)や、下り急勾配で速度を自動制御するDSR(ダウンヒル・スピード・レギュレーション)などを搭載しているところからも感じられる。

オフロード性能を支える機能だけでなく、以下のようなドライバーの快適なドライブや、事故を予防するための技術もふんだんに搭載されており、この技術も高く評価されている。

●レーダーセーフティーパッケージ
●インテリジェントライトシステム
●アダプティブハイビームアシスト
●アテンションアシスト
●アダプティブブレーキライト
●360°カメラシステム
●パーキングアシストリアビューカメラ
●サイドビューカメラ
●アクティブパーキングアシスト

Model

3代目(2011年~2015年)

2011年に発表され、翌2012年に日本でも販売された3代目Mクラス。2代目よりも全長は長くなったが、幅は少し狭く、また車高は低くなっている。
3代目はAMGを除くと、ガソリンエンジンとディーゼルエンジン各1グレードずつの展開で、ガソリン車は3.5リッターV6エンジン、ディーゼル車は3リッターV6ディーゼルターボエンジンを搭載している。

2代目(2005年~2011年)

2005年に発表された2代目Mクラス。モノコック構造を採用しており、静寂性や乗り心地に加え、質感も大きく改善されたと高く評価されている。またATは初代の5速から7速に変更された。
エンジンは5.5リッターと3.5リッターのV型8気筒エンジンに加え、3リッターV型6気筒ディーゼルターボが展開されていた。

初代(1997年~2005年)

1997年に発表、翌1998年には日本でも発売された初代Mクラス。当時主流だったアメリカ製SUVに倣い、ラダーフレームシャシーを採用していた。
発売当初はML320の1グレード設定だったが、2000年以降、ML430とML270CDIが追加された。2002年、排気量アップに伴い、ML320はML350となるなど、グレードが多い世代である。

同一カテゴリのおクルマはこちら

Book この車種が気になる方へ。ブックディレクターがオススメする書籍はこちら。

SAVILE ROW
“紳士服の聖地”サヴィル・ロウの“今”を現地取材を通し、豊富な写真と共に紹介。ジェントルマンを魅了し続ける世界最高レベルのテーラリング技術を持つ職人たちの手と、生み出されるビスポーク・スーツは上質な美そのもの。

松浦弥太郎の「男の一流品カタログ
元『暮らしの手帖』編集長、現『くらしのきほん』編集主幹、文筆家でもある松浦弥太郎による100の一流品カタログ。本当の上質を知ろうとする著者ならではの審美眼はある意味清々しく、思わず手に取りたくなるモノで溢れています。

有元葉子の道具選び
人気料理家、有元葉子が教えてくれる、本当に必要な料理道具の本。著者が徹底的に使いこなした道具だからこその説得力と、手入れの仕方にまで言及した心配りはさすがの一言。本当の上質とはなにかを教えてくれます。

Stock List