Audi Q7のカタログ | LIBERALA

Catalog

Compact Hachback Audi Q7

Audi Q7 オールロードクワトロに次ぐアウディ2台目のSUVとして登場したQ7。そのコンセプトモデル「バイクスピーククワトロ・コンセプト」が発表されたのは2003年のデトロイト・モーターショー。翌々年の2005年にフランクフルトで、市販車であるQ7がお披露目された。

Audi Q7

【概要】

現在アウディが生産しているSUVで最大サイズのQ7。セダンのラインナップであるA6とA8の間に位置づけられていたために「7」という数字を付けられており、A7に先立って発表、発売されている。

フォルクスワーゲンのトゥアレグやポルシェのカイエンと共通のプラットフォームを使用しており、そのサイズは2代目のQ7で全長5090mm×全幅1985mm×全高1740mm。基本は2列、5人乗りだが、オプションで3列シートを付けることもできる。7人乗ることができる、アウディ唯一のSUVである。

日本国内でも2006年より発売されていたが、2012年、日本国内の発売ラインナップから外された。初代Q7の日本での新車発売価格は約1000万円程度からだった。海外では2009年のフェイスリフトを経て、2015年に2代目が発表されている。

Audi Q7

【試乗フィール】

フォルクスワーゲンのトゥアレグやポルシェのカイエンと同じプラットフォームを使っているというQ7。しかし実際に見てみると、Q7の方が遥かに存在感があり、大きく見える。フェイスにも、アウディらしい力強さを感じる。そんなエクステリアの仕上がりだ。

しかし走らせてみると、そのボディの大きさからは意外なほど運転しやすい。狭い道などでも大きさを負担に感じなかったのは、高くて広い視野に加え、サイドやリアの死角をカバーするための専用モニターによるところが大きいだろう。

Audi Q7

ハンドルを握ってみると操作性が高く、アウディのA3やA4といったセダンを走らせている感覚に近かった。特にステアリング操作に対する反応が優れており、すっと方向を変えられる。小回りが利くその走りは、オンロードを重視しているという印象が強く、高級SUVらしい上品な乗り心地が味わえる。

反面、オフロード性能はあまり高いとはいえず、本格的なオフロード用SUVを求める人にはあまりお勧めできないのも事実だ。アウディのお家芸であるフルタイム4WDシステムクワトロを備えているため、雨や雪程度の悪路であれば、吸い付くような安定した走りを見せてくれるが、道なき道を行くほどの走破力はない。とはいえ、舗装されていない砂利道を進むぐらいは難なくこなすので、多くの人には充分な性能だろう。

エンジンは3リッターのV型6気筒を搭載。パワーは充分だが、基本的には上品で快適な走りが中心だ。エアサスペンションの車高調整機能を「ダイナミック」にしても充分に快適だが、スポーティーさにはやや欠ける。

Model

Audi Q7

初代(2006年~2015年)

発売開始の2006年から、日本でラインナップから外れる2012年まで発売されていた初代Q7。3リッターV型6気筒エンジン、3.6リッターVR6エンジン、4.2リッターV型8気筒エンジンという3種類のモデルが日本で発売されており、走りの好みに応じてエンジンが選べる。2009年にマイナーチェンジ以降は、環境性能が更に向上している。

同一カテゴリのおクルマはこちら

Book この車種が気になる方へ。ブックディレクターがオススメする書籍はこちら。

松浦弥太郎の「男の一流品カタログ
元『暮らしの手帖』編集長、現『くらしのきほん』編集主幹、文筆家でもある松浦弥太郎による100の一流品カタログ。本当の上質を知ろうとする著者ならではの審美眼はある意味清々しく、思わず手に取りたくなるモノで溢れています。

有元葉子の道具選び
人気料理家、有元葉子が教えてくれる、本当に必要な料理道具の本。著者が徹底的に使いこなした道具だからこその説得力と、手入れの仕方にまで言及した心配りはさすがの一言。本当の上質とはなにかを教えてくれます。

焚き火大全
火と人間の歴史に始まり、技術、道具、歴史、料理方法、さらには文芸や絵画、俳句に至るまで、焚き火のすべてが集約されたユニークな1冊。この本を読んで次のキャンプに行けば一目置かれる存在になることは間違いないでしょう。