BMW 1 Seriesのカタログ | LIBERALA

Catalog

Compact Hachback BMW 1 Series

BMW 1 Series BMWが販売するハッチバック、1シリーズ。過去には2ドアクーペやカブリオレもラインナップされていたが、
クーペとカブリオレは別に2シリーズとして発売することになったため、2011年のモデルチェンジで1シリーズのラインナップから外れた。
そのため、現在は5ドアハッチバックのみの展開である。

BMW 1 Series

【概要】

1シリーズのデビューは2004年のパリサロン。その背景に、拡大するCセグメント市場を本格的に攻略しようという狙いがあったといわれている。通常、Cセグメントの車は実用性を重視しFFレイアウトが採用するが、BMWは走行性能を優先しFRレイアウトを採用している。またBMWのお家芸ともいえる直列6気筒エンジン搭載グレードも用意するなど、エントリーモデルといえども走行性能にこだわる辺りはBMWというブランドを象徴している。

その車体には、3シリーズの短縮版プラットフォームを使用。そのボディサイズは、現行の2代目118iで全長4340㎜×全幅1765㎜×全高1430㎜。サイズは初代より拡大しているが、コンパクトで扱いやすく、BMWのエントリーモデルとしてはぴったりのサイズ感である。

海外では5ドアハッチバックも販売されているが、日本では現在、3ドアハッチバックのみ。駆動方式もFRのみだが、エンジンやスタイルでグレードが数多く用意されており、新車価格は300万円程度から。

BMW 1 Series

【試乗フィール】

BMWのエントリーモデルである1シリーズだが、そのデザインも走行性能も、ちゃんとBMWらしさを備えたものに仕上がっている。そのフェイスは、他の車種にも用いられているBMW定番のデザインを採用。より深く流れるように刻まれたサイドのキャラクターラインも手伝って、よりシャープかつアクティブな印象を与えている。

インテリアも、モダンでシンプル。初代と比較するとパネルの使い方が変更されているために、より質感がアップした印象を受ける。ボディサイズが拡大しているために、車内の居住性も向上。運転席はもちろん、リアシートに大人が座っても足元、頭上とも窮屈さは感じない。乗降性も向上し、ラゲッジスペースも拡大するなど、全体的に実用性が向上している。

現2代目のエンジンラインナップは118iと120iが1.6リッター直列4気筒ターボ付き、M130iは3リッター直列6気筒ターボ付き。この1.6リッターエンジンでも、エントリーモデルとして充分すぎるほどのパワー感。8速ATも手伝って、加速は驚くほど滑らかだ。

BMW 1 Series

乗り心地は相変わらずかなり硬めだが、その硬さを活かすチューニングが施されており、決して不快ではない。むしろ、スポーティーさと快適さをうまく両立しているといっていいだろう。いたって静かで落ち着いており、路面の凸凹が自然に感じられる程度である。

それでいて、後輪駆動のすっきりとしたステアリングフィールは健在である。特にコーナリングでの俊敏な走りは、流石はBMWというべきであろう。反応はクイックだが、車体の動きはあくまで滑らかでナチュラルなので、何の心配もなく攻めていける。濡れた路面でも走行安定性が高いので、都市部での日常使いでも運転しやすく、重宝する一台に仕上がっている。

Model

BMW 1 Series

2代目(2011年~) 現行モデル

2011年に発表され、同年日本でも発売された2代目1シリーズ。海外では3ドアハッチも展開されているが、日本では5ドアハッチのみのランナップ。初代よりもボディサイズが拡大し、カーゴスペースも大きくなっている。
グレードは大きく分けて3種類。ともに1.6リッター直列4気筒ターボ付きエンジンを搭載しているが出力やトルクが異なる118iと120i、3リッター直列6気筒ターボ付きを搭載しているM130iの3グレードである。118iと120iは、その中でもエクステリアやインテリアが異なるスポーツ、スタイル、Mスポーツなどのデザインラインが用意されている。

BMW 1 Series

初代(2004年~2010年)

2004年に発売され、同年日本でも発売された初代1シリーズ。初代は5ドアハッチバックに加えて、クーペとカブリオレも1シリーズラインナップに名を連ねていた。
発売当初はハッチバックのみの展開で、1.6リッター直列4気筒エンジン、2種類の2リッターの直列4気筒エンジン搭載モデルの、計3グレードのみだったが、2005年に排気量がより大きい3リッターのものを追加。2008年に、3リッターのクーペと2リッターのカブリオレが追加された。

Book この車種が気になる方へ。ブックディレクターがオススメする書籍はこちら。

ティファニーのテーブルマナー
アメリカを代表するプレミア・ジュエラー、ティファニーが、宝石を購入した人に贈っていたテーブル・マナー・ブック。シンプルなイラストとウィットに富んだ語り口調で、テーブル・マナーを肩肘張らず教えてくれます。最後の一節までぜひ読んでみてください。

鮨12ヶ月
鮨職人の12ヶ月に密着した1冊。季節感がなくなってきた今、おいしく旬の魚を食することで感じたり知ることができるのは最上の幸せかもしれません。飾らず、真摯にネタを紹介する内容も◯。

ゼロからトースターを作ってみた
材料といっても鉄鉱石のレベルの調達から加工、組み立てまで、すべてハンドメイドでトースターを作った愛すべき若者による真の“ものづくり本”。「ニューヨーク・タイムズ」を始め、大手メディアからも注目されたほどに本気です。

Stock List