Audi A4のカタログ | LIBERALA

Catalog

Compact Sedan Audi A4

Audi A4 アウディの最量販モデルであり、主力モデルといえるA4。ヨーロッパではDセグメント、アメリカではミッドサイズと呼ばれるセグメントを牽引しつづけてきた屈指の人気モデルだ。

Audi A4

【概要】

アウディの主力であるA4。その前身は、1972年から発売されていた5人乗り4ドアリムジーネのアウディ80にまで遡る。2ドアセダン、5ドアステーションワゴンのラインナップも揃える、アウディの主力モデルであったアウディ80。発売した1972年にはカー・オブ・ザ・イヤーを獲得、その後90年代後半まで販売され、その間に3回のモデルチェンジを経た歴史あるモデルであった。

その後継ともいえるA4が発表されたのは、1994年。日本での発売は翌1995年である。A4となってからも4回のモデルチェンジを経て、現在は5代目。現在の新車のラインナップは、ベーシックな4ドアセダンと5ドアワゴン。過去には、2ドアのクーペが販売されている時期もあった。

現行モデルである5代目のサイズは、ベーシックなA4で全長4726mm×全幅1842mm×全高1427mm。モデルチェンジを重ねるごとに少しずつサイズが大きくなっており、この5代目も先代と比べて25mm長く、16mmワイドになっている。それでいて、ボディだけで最大15kgも軽量化を実現。搭載エンジンによっては最大で120kgも軽くなっている。

アウディならではの洗練されたデザインの美しさは、5代目になっても健在。2016年にモデルチェンジしたばかりの最新技術、日本の狭い道路事情でも扱いやすいサイズ感も手伝って、日本でも高い人気を誇る。新車価格にして400万円台後半からのA4やA4アバント、アウディ自慢のフルタイム4WD「クワトロ」を搭載したA4オールロードクワトロに加えて、走行性能を強化したS4やS4アバントも販売されておりこちらは約800万円程度から。

Audi A4

【試乗フィール】

近年少しずつサイズが大きくなっており、2016年のモデルチェンジでも更に長く、更にワイドになっているA4。Dセグメントと呼ばれるサイズでありながらも、堂々とした存在感を放つ仕上がりになっている。ベーシックなA4は「美しいセダン」という表現がぴったりの佇まいだ。アバントも、ワゴンでありながら流れるようなボディラインを備えており、「優雅」という表現が似合う。

その美しさを支えているのが、アウディの高いデザイン性だ。洗練されていながらも、決して悪目立ちしない。それでいて、どこか上質で機能的な一面を感じさせる仕上がりになっている。違う車種であっても、モデルチェンジをしても、一貫した「アウディらしさ」を醸し出している。

そのデザイン性は、インテリアにもいかんなく発揮されている。シンプルながら高い質感を備えたパーツが、先進性を感じさせるバーチャルコックピットと見事に調和している。ボディが大きくなったことで室内空間も拡大しており、単に足元や頭上が広くなったのみならず「ゆとり」まで上手く演出している。

Audi A4

現行の5代目A4やA4アバントに用意されているエンジンは1.4リッターおよび2リッターの直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ。搭載するエンジンによっては先代より120kg以上も軽量化されたボディも手伝い、軽やかながらも鋭い加速を見せてくれるため、高速での合流なども気持ちよく行える。それでいて乗り心地はしなやかで静か。特にサスペンションとタイヤが良い仕事をしている。アウディ独自のフルタイム4WDシステムクワトロを搭載したモデルを選べば、悪路でも高い安定性を維持してくれる。

そして着目すべきは、アウディの先進性を感じさせてくれるバーチャルコックピット。インパネ部分がカーナビになっているというと分かりやすいかもしれない。大きな視線の動きがないため、今まで以上に運転に集中できる。その他の装備やオプションも含めて、上級グレードにも劣らない充実ぶりも魅力の一つだ。

Model

Audi A4

5代目(2016~)

2015年に東京モーターショーでお披露目、2016年に日本で発売されたA4とA4アバント。発売当初は2リッターターボエンジンモデルのみの販売であったが、同年10月には1.4リッターエンジンモデルも追加。4代目よりもボディサイズか拡大したが、最大で120kg軽量化されており、燃費性能も大きく向上している。アウディTTに搭載されて注目を集めた「バーチャルコックピット」、様々なシーンで運転をサポートするドライバーアシスタンスシステム、その他の安全技術など、先進性を感じさせる装備や技術が多く搭載されている。

Audi A4

4代目(2008年~2016年)

2007年にセダンタイプのA4が、翌2008年にワゴンのA4アバントが、更に2009年にはSUVタイプのオールロードクワトロが公開された4代目。
従来モデルより約10%の軽量化を果たしたことにより、優れた加速性能や高速巡行性能を備えている。またフロントオーバーハングが短縮し、ロングホイールベース化したことで、乗り心地や歩行者保護の性能が大きく改善した。

Audi A4

3代目(2005年~2008年)

2004年に発表され、翌2005年に日本で発売された3代目。4ドアセダンに加え、ワゴンのアバントが販売されていた。カブリオレも設定されていたが、日本には正規輸入はされていない。
ルーフ以外のボディパネルを一新するなど、2代目から大幅な変更を遂げており、アウディを象徴するデザインである、大きく開いたシングルフレームグリルが特徴。環境性能と出力を両立する直噴技術搭載モデルも設定された。

Audi A4

2代目(2001年~2005年)

2000年に発表、2001年に日本でも発売された2代目A4。翌年には、ワゴンタイプのアバントとカブリオレが発売された。日本でカブリオレが発売されたのは、この2代目のみ。
プラットフォームの変更により、乗車スペースが大きく拡大したほか、ボディも初代より大型化している。アルミ一体型構造のフレームを採用したことで、走りもシャープになった。

Audi A4

S4

A4をベースにし、走行性能を強化したS4。現在のラインナップは、A4と同じく4ドアセダンのS4と5ドアワゴンのS4アバントの2種類。
現行モデルは3リッターのV6ターボエンジンを搭載しており、エンジン重量を軽くしながら、しかし出力は更に大きくなっている。8速ティプトロニック、クワトロフルタイム4WDシステムと組み合わせることで、0-100km/h加速が4.7秒(セダン・欧州仕様車測定値)という抜群の運動性能を誇っている。

Book この車種が気になる方へ。ブックディレクターがオススメする書籍はこちら。

ティファニーのテーブルマナー
アメリカを代表するプレミア・ジュエラー、ティファニーが、宝石を購入した人に贈っていたテーブル・マナー・ブック。シンプルなイラストとウィットに富んだ語り口調で、テーブル・マナーを肩肘張らず教えてくれます。最後の一節までぜひ読んでみてください。

鮨12ヶ月
鮨職人の12ヶ月に密着した1冊。季節感がなくなってきた今、おいしく旬の魚を食することで感じたり知ることができるのは最上の幸せかもしれません。飾らず、真摯にネタを紹介する内容も◯。

なぜ蝶は美しいのか
昆虫に関する一般向けの書籍も多く発表するフィリップ・ハウスによる生き生きとした描写と写真に見入ってしまう1冊。魅惑的な羽のデザインの進や多種多様な行動をリアルな視点で見せてくれる美しい写真図鑑。