Mercedes Benz CLSのカタログ | LIBERALA

Catalog

4 Door Coupé Mercedes Benz CLS

Mercedes Benz CLS メルセデス・ベンツが2005年に発表、発売したCLSクラス。3代目Eクラスとシャシーを共有する大型セダンであり、
メルセデス・ベンツが「4ドアクーペ」と呼ぶ、4ドアハードトップ型の乗用車である。

【概要】

CLSという名前は、メルセデス・ベンツのクーペであるCLクラスと、メルセデス・ベンツのフラッグシップモデルのSクラスを組み合わせて作られており、この車がセダンではなく、クーペであるというメルセデスの強いメッセージが込められている。

かつて日本も含めた世界で流行したことがあったが、長らくそのスタイルは廃れていた4ドアハードトップスタイル。そのニッチカテゴリーを再燃させたのがCLSクラスだった。その登場で、ドイツのプレミアムブランドをはじめとする多くのメーカーが4ドアクーペに注目をするようになり、アウディのA7、BMWの6シリーズやX6、ポルシェのパナメーラ、フォルクスワーゲンのパサートCCなどに大きな影響を与えた一台であった。

2005年に発売された初代はクーペのみの展開だったが、2代目が販売中だった2012年、ステーションワゴンタイプのシューティングブレークを発表。シューティングブレークとは本来、スポーツカーやGTカーをベースに、狩猟(=shooting)用のライフルなどを積むためのカーゴスペースが追加された車を指す言葉である。この辺りにも、CLSをクーペと位置付けるというコンセプトが感じられる。

3代目Eクラスとシャシーを共有するそのボディは、CSLクーペの220dで全長4940mm×全幅1880mm×全高1415mm。クーペを名乗るCSLクラスらしく、より長く、幅広く、車高が低く仕上げられている。

日本では新車価格は約750万円程度からと、Eクラス以上、Sクラス未満の価格設定である。更に走行瀬能を強化したAMGモデルも設定されている。

【試乗フィール】

シャシーはEクラスと共通であるCLSクラス。しかしそのルックスはEクラスと比べるとワイド&ローで、全く異なるモデルのような印象を受ける。低く流れるようなルーフラインがなだらかな曲線を描きトランクへと続くフォルムは、まさしくクーペのスタイル。シューティングブレークのリアエンドに向けて絞り込まれていくようなスタイリングも、なるほどセダンをベースとした一般的なステーションワゴンとは異なる雰囲気を纏っている。

キャビンは、上質なレザーはいうにおよばず、ウッドパーツやメタルパーツをふんだんに使った、高級感がある仕上がり。ダッシュボードからリアに至るまで、統一感のある世界観でまとめたラップアラウンドデザインを採用している。シートのサイズもゆったりしており、座り心地、ホールド性とも申し分ない。この辺りは、流石はメルセデス・ベンツというべきクラス感だ。

現在の2代目CLSクラスが搭載しているエンジンは、3.5リッターV6エンジンか、4.7リッターV8ツインターボ。どちらも第三世代の直噴ターボ「ブルーダイレクト」仕様であり、高い出力でありながら、燃費を低減するという優れものである。

実際に乗ってみると、この新しい直噴ターボの滑らかな吹き上がり感が心地よく、直噴でありがちな変な雑味もないため、気持ちよくドライブができる。ナチュラルでありながらも快適で上質な乗り味を備えており、「メルセデスのクーペ」に似合う走りだろう。

カーゴスペースはクーペで451リットル、シューティングブレークが590~1550リットル。Eクラスよりはやや容量が小さいものの、クーペの容量としては及第点だろう。特にシューティングブレークは、フラットなフロアやスクエア形状が手伝って、実用性も高い。

Model

2代目(2011年~) 現行モデル

2010年に発表、2011年より日本でも発売された2代目CLSクラス。3代目SLKクラスから見られるようになった、メルセデス・ベンツの新しいデザインテイストを採用している。発売当初は4ドアクーペのみの展開だったが、2012年より「スポーツクーペツアラー」をコンセプトにした、ステーションワゴン型のシューティングブレークもラインアップに加わった。
エンジンの選択肢はAMGモデルを除くと、3.5リッターV6エンジンと4.7リッターV8ツインターボ。どちらも第三世代の直噴ターボ「ブルーダイレクト」仕様である。基本的にはFR駆動だが、CLS550シューティングブレークはフルタイム4WDシステムを搭載。

初代(2005年~2010年)

2004年にジュネーブモーターショーでお披露目され、翌2005年に発表された初代CLSクラス。4ドアクーペというコンセプトを世間に広め、多くのフォロワーを生んだ自動車史に残る一台である。Eクラスをベースとして開発されたが、キャビンなどはむしろSクラスを感じさせる高級感を備えていた。
エンジンラインナップは5.5リッターまたは5リッターのV8エンジン、または3.5リッターV6エンジンの計3種類。駆動方式はAMGシリーズも含めて全てFRである。

Book この車種が気になる方へ。ブックディレクターがオススメする書籍はこちら。

ル・コルビュジェの愛した車
ヴォアザンという名車に乗り、エコカーをデザイン、サーキットも走ったという20世紀モダニズム建築の巨匠ル・コルビュジエ、そんな彼の建築には少なからず20世紀の自動車産業の発展が影響しているようです。車を通してル・コルビュジエの創造を紐解くユニークな1冊。

SAVILE ROW
“紳士服の聖地”サヴィル・ロウの“今”を現地取材を通し、豊富な写真と共に紹介。ジェントルマンを魅了し続ける世界最高レベルのテーラリング技術を持つ職人たちの手と、生み出されるビスポーク・スーツは上質な美そのもの。

松浦弥太郎の「男の一流品カタログ」
元『暮らしの手帖』編集長、現『くらしのきほん』編集主幹、文筆家でもある松浦弥太郎による100の一流品カタログ。本当の上質を知ろうとする著者ならではの審美眼はある意味清々しく、思わず手に取りたくなるモノで溢れています。

Stock List