BMW X3のカタログ | LIBERALA

Catalog

SUV BMW X3

BMW X3 BMWが販売している5人乗りSUVのX3。BMWのSUVラインナップで2番目に発売されたモデルであり、X1に次いで2番目に小さいモデルである。

BMW X3

【概要】

BMWのSUVであるXシリーズで中間にあたる5人乗りのX3。そのデビューは2003年のフランクフルト・モーターショーだった。先立って発売されていた兄貴分のX5の成功と、より小型なSUVへの需要が高まっていたことを背景に発売された。

そのためX3は、X5のコンセプトを受け継いで開発されており、BMWではX3をX5と同じスポーツ・アクティビティ・ビークル(SAV)とカテゴライズしている。

コンセプトではX5の影響が強いX3だが、実質的な開発においては、3シリーズの構成部品を多数流用している。ホイールベースも3シリーズと同様だが、そのサイズは現行の2代目で全長4665mm×全幅1880mm×全高1675mmと、全高のみならず全長や全幅でも3シリーズを上回っている。比較されやすいメルセデス・ベンツのGLKやアウディのQ5と近いサイズ感である。

2011年のモデルチェンジを経て、現在販売されているのは2代目に当たる。2014年にはマイナーチェンジを施され、同じ2代目でも少し顔つきは違う。ガソリン車だけでなくクリーンディーゼルモデルも販売されており、その新車価格は600万円台から。

BMW X3

【試乗フィール】

X5でプレミアムSUVの市場を切り拓いたといっても過言ではないBMW。そのため、後を追って開発された初代X3も、サイズこそ一回り小さいものの、基本的にはX5の思想を色濃く受け継いでおり、エクステリアという点でもどこか無骨な印象があった。

その点、モデルチェンジを経た2代目は、より「プレミアム感」を感じさせるデザインになっている。綿密に計算された、繊細な仕上がり。それでいて、アウディのQ5のような完全にオンロード重視というデザインではなく、どこかワイルドな印象を作り上げている。一回り大きくなったボディも、実際のサイズ以上の存在感を放っている。

ボディが拡大したため、車内の居住性も大きく向上している。リアシートの足元、頭上とも、大柄なドイツ人でも問題ない程度の余裕はあるだろう。それでいてサイドシルは低く設定されているために、乗り降りもしやすい。インテリアもX5と比べても遜色がないレベルになっている。BMWらしくメルセデスやアウディと比べるとシンプルな印象だが、質感のある素材を使っており機能性も高い。

BMW X3

しかしBMWというブランドを背負う以上、やはり何よりも走りに注目してしまう。一般にSUVは重心が高いため、通常ならコーナーで左右に振られる感覚が見られるものである。しかしXシリーズは、視点の高さを維持しつつもロール感を抑えた走りに定評があり、特にこのX3では乗り心地に磨きが掛かっている。高速の継ぎ目や路面の凸凹の衝撃も巧みに吸収し、すっと滑らかにワインディングを走りこなしていく。高速での直進安定性も申し分ない。

エンジンラインナップはガソリンエンジンが2リッター直列4気筒ターボ付きと3リッター直列6気筒ターボ付きの2種類、加えて2リッター直列4気筒ターボのクリーンディーゼルエンジンも用意されている。BMW伝統の直列6気筒はパワー感、フィーリング、そしてエンジン音まで心地よく非の打ち所がないが、それ以外のエンジンでも充分に満足できるラインナップといえよう。2リッター直列4気筒でも街中を走る分には不足はなく、直列6気筒との差を感じるのは高速での追い越し程度だ。ディーゼルエンジンも、ディーゼル特有のノイズは響くものの、高い駆動力、そしてエコカー減税や燃料価格の差を考えると非常に魅力的である。

通常時でも550リットルのカーゴスペースを誇り、ゴルフバックを横に倒して積むことができる。可倒式のシートを採用しているため、最大で1600リットルまで拡大でき、実用性も非常に高い。2014年のマイナーチェンジによって、歩行者検知付きの衝突回避機能も装備されるなど、安全装備もさらに充実している。デザイン、走り、実用性、そして安全性。どれをとっても、このクラスの有力候補になる一台といっていいだろう。

Model

BMW X3

2代目(2011年~)

2010年に発表、日本では2011年に発売された2代目X3。全長や全幅が拡大したほか、クリーンディーゼルの導入やアイドリングストップ機構の搭載など燃費向上機能が充実したのも特徴。当初のエンジンラインナップは3リッター直列6気筒のみで、自然吸気とターボで2グレードが設定されていた。2012年から2リッター直列4気筒ターボが追加され、エントリーモデルのxDrive20iやクリーンディーゼルエンジン搭載のxDrive20dが発売された。全グレード4WD、右ハンドル、8速AT搭載である。2014年のマイナーチェンジで、ヘッドライトがキドニーグリルに直接つながるデザインに変更され、より精悍な顔立ちに。また安全装備も一部追加されている。

BMW X3

初代(2004年~2011年)

2003年に発表、2004年に日本でも発売された初代X3。
2.5リッターと3リッターの直列6気筒エンジン搭載の2グレード設定。2006年にマイナーチェンジを実施しており、最高出力や最大トルクが向上した新型エンジンを搭載。また変速機もATの5速から6速に変更されているが、2グレード設定は維持された。

同一カテゴリのおクルマはこちら

Book この車種が気になる方へ。ブックディレクターがオススメする書籍はこちら。

焚き火大全
火と人間の歴史に始まり、技術、道具、歴史、料理方法、さらには文芸や絵画、俳句に至るまで、焚き火のすべてが集約されたユニークな1冊。この本を読んで次のキャンプに行けば一目置かれる存在になることは間違いないでしょう。

人生一度は行ってみたい絶景道
表紙のどこまでも直線が続くアメリカ、モニュメントバレーへと続く道や、熊本のラピュタロードなど、世界中の厳選された美しい道を集めた写真集。見ているだけで運転を楽しんでいる自分に気づきます。

遊歩大全
1974年に出版されて以来、バックパッカー、アウトドア・ウォーカーのバイブルとして語り継がれる名著。単に歩くだけではなく、大自然を感じ、生きる歓びを語りかける著者コリン・フレッチャーの精神は、今も、そしてこれからも決して古びることはないでしょう。