日産 ウイングロードの相場価格・値段

日産 ウイングロード

新世代M&Sクラスプラットフォームを使用し、The Metal Toy.としてクールさと遊び心を盛り込んだワゴンがウイングロード。FFとオートトルクコントロール(ATC)カップリングを採用したフルタイム4WDの駆動方式が用意される。搭載されるエンジンは直列4気筒DOHCのレギュラーガソリン仕様の3ユニット。FFモデルは150馬力/20.4kgmの2L(QR20DE型)、106馬力/14.5kgmの1.5L(QG15DE型)、4WDには122馬力/16.8kgmの1.8L(QG18DE型)が組み合わされる。QG型の2ユニットは、それぞれ1馬力/0.7kgm、7馬力/0.2kgmの出力&トルクup、燃費を向上させながらも国土交通省「超?低排出ガス」車認定を受ける。トランスミッションはフロア式ガングリップタイプ4ATと6速マニュアルモード付きCVT、5MTの3種。グレードは上からハイパーCVT-M6を搭載したスポーツグレードのZX、7インチモニター+DVDナビを装着したX、標準グレードのS、唯一5MTも選べるベーシックなGの4タイプをラインアップ。それぞれにフルエアロパーツやタイヤサイズがインチアップ(XとS)するエアロシリーズを用意する。助手席を前倒しするとテーブルに、またリクライニングも可能なリヤシートの6:4分割可倒式により、スキー板級の長物も積載可能とする。安全装備として全車にデュアルエアバッグ、EBD(電子制御制動力配分システム)付ABS、ブレーキアシスト、ロードリミッター&プリテンショナー付きシートベルト、アクティブヘッドレストを標準で装着する。新たに外装色に上品なホワイトパールやGT-R採用のシリカブレスが選べるようになった。

測定不能です

車体価格帯
(税抜き)
1~155万円

ガリバー自動車
研究所所長

鈴木詳一

分析コメント

所長プロフィール

福島県いわき市出身。ガリバー入社後、店長・査定部の経験を活かし「リセールバリュー」の算出、価格予測や中古車の人気傾向を中心としたデータを提供。※ガリバー自動車研究所 国内自動車市場における動向調査を行うことを目的に2000年に設立された研究調査機関。ガリバー自動車研究所では、クルマに関する人気動向、季節や行事、時事とクルマの関係性、リセールバリュー(登録商標第4888249号)などあらゆる角度から調査と分析を行い、レポートを発表しております。

※ 中古車の相場価格は平成26年11月時点のものです。変動することがあります。

※ ガソリン価格は一律150円で算出しています。

他のステーションワゴンの相場価格・値段を見る

他のボディタイプの相場価格・値段を見る