トヨタ クラウンハイブリッドの相場価格・値段

トヨタ クラウンハイブリッド

1955年の誕生以来、「安心」・「信頼」といった伝統を積み重ね、正統派セダンとして進化してきた14代目となるクラウン。「ロイヤル」シリーズ、「アスリート」シリーズ、環境を考慮した「クラウンハイブリッド」を用意。水平基調の堂々として伸びやかな低重心の基本骨格と躍動感を両立したサイドビューと、王冠をモチーフとした迫力あるフロントフェイスが、揺るぎない存在感と品格を兼ね備えたクラウン独自の個性を強調。ハイブリッドには、直噴技術D-4S搭載の2.5L直列4気筒アトキンソンサイクルエンジンと、高トルクモーターの組み合わせにより、3L車に匹敵する動力性能と優れた環境性能を両立する、FR専用ハイブリッドシステムを搭載。ラインアップは、「ロイヤル」、「アスリート」、運転席8ウェイパワーシートを標準装備した「ロイヤルサルーン」、「アスリートS」、電動式リヤサンシェードを標準装備した「ロイヤルサルーンG」、「アスリートG」、4WD車「ロイヤルFour」、「アスリートFour」、「ロイヤルサルーンFour」、「アスリートS Four」、「ロイヤルサルーンG Four」、「アスリートG Four」を設定。また特別仕様車「ロイヤルサルーン ブラックスタイル」、「ロイヤルサルーン Fourブラックスタイル」、「アスリートS ブラックスタイル」、「アスリートS Fourブラックスタイル」を設定。今回、「アスリートS」、「アスリートS Four」をベースに特別仕様車「アスリートS 空色エディション」、「アスリートS Four 空色エディション」、「アスリートS 若草色エディション」、「アスリートS Four 若草色エディション」を設定。ブラック塗装を施したフロントグリル(格子部分)やブラックスパッタリング工法で塗装を施した18インチアルミホイールなどを装備。インテリアにおいても、特別設定色「ホワイト」を本革シート表皮などに採用し、インストルメントパネルサイドとドアトリムに空色、若草色の専用ステッチを施すなど、誕生60周年の記念にふさわしい特別感を備えた仕様としている。ボディカラーにはクラウンに乗った際に感じられる「爽快感」や「開放感」を象徴する「空色」、「若草色」を設定。

測定不能です

車体価格帯
(税抜き)
118~650万円

ガリバー自動車
研究所所長

鈴木詳一

分析コメント

クラウンのハイブリッド。一般ユーザー向けではトヨタ最上級となるクラウンシリーズのハイブリッドモデル。ユーザーの環境性能への意識の高まりから現行モデルはハイブリッドモデルの方が流通が多い。登場から2年ちょっと経過し、中古車市場の流通台数が増えつつあるため、相場価格は下がりこれから購入しやすくなるだろう。リセールバリューはまだ高めだ。

所長プロフィール

福島県いわき市出身。ガリバー入社後、店長・査定部の経験を活かし「リセールバリュー」の算出、価格予測や中古車の人気傾向を中心としたデータを提供。※ガリバー自動車研究所 国内自動車市場における動向調査を行うことを目的に2000年に設立された研究調査機関。ガリバー自動車研究所では、クルマに関する人気動向、季節や行事、時事とクルマの関係性、リセールバリュー(登録商標第4888249号)などあらゆる角度から調査と分析を行い、レポートを発表しております。

※ 中古車の相場価格は平成26年11月時点のものです。変動することがあります。

※ ガソリン価格は一律150円で算出しています。

他のセダンの相場価格・値段を見る

他のボディタイプの相場価格・値段を見る