トヨタ カローラの相場価格・値段

トヨタ カローラ

スタンダードセダンであるトヨタカローラは、世界140ヶ国以上で販売され、時代要請を先取りしたクルマづくりにより、21世紀をリードする乗用車として多くの人々に支持されている。直列4気筒DOHC16バルブVVT-i(連続可変バルブタイミング機構)の1.3L、1.5L、1.8Lを搭載、4速ATか5速マニュアルの設定とする。グレードは、高級シリーズとして、1.8LのLUXEL(ラグゼール)と同プレミアムエディション、それに上級「G」と標準「X」をラインアップする。ビジネスモデルとして、装備を簡略した「アシスタパッケージ」も用意される。特別仕様車X「HID 40th アニバーサリーリミテッド」はXをベースに、ディスチャージヘッドランプ、オートエアコン&プッシュ式デジタルヒーターコントロールパネルを装備するとともに、スエード調トリコットのシート&ドアトリム表皮、専用木目調パネル(インパネクラスター・センタークラスター・ドアスイッチベース)を採用し、より内装の質感を高めた魅力的な仕様としている。

前年から下降してます

車体価格帯
(税抜き)
10~100万円

ガリバー自動車
研究所所長

鈴木詳一

分析コメント

カローラは、累計販売台数4000万台以上を世界中で販売するトヨタの顔とも言える車。セダンタイプのアクシオに加え、ワゴンタイプのカローラフィールダーを揃え、自家用から社用車など幅広いユーザーにささえられている。最近では、ダウンサイズ化が進み、一時の勢いはなくなってきているか、固定ユーザーの代替えなどで成り立っている。中古車の相場価格は、現行モデルの発売から3年が経過し、お買い得なものも増えてきている。

所長プロフィール

福島県いわき市出身。ガリバー入社後、店長・査定部の経験を活かし「リセールバリュー」の算出、価格予測や中古車の人気傾向を中心としたデータを提供。※ガリバー自動車研究所 国内自動車市場における動向調査を行うことを目的に2000年に設立された研究調査機関。ガリバー自動車研究所では、クルマに関する人気動向、季節や行事、時事とクルマの関係性、リセールバリュー(登録商標第4888249号)などあらゆる角度から調査と分析を行い、レポートを発表しております。

※ 中古車の相場価格は平成26年11月時点のものです。変動することがあります。

※ ガソリン価格は一律150円で算出しています。

他のセダンの相場価格・値段を見る

他のボディタイプの相場価格・値段を見る