シボレー シボレーカマロの相場価格・値段

シボレー シボレーカマロ

アメリカを象徴するシボレーブランドのアイコンカー「シボレーカマロ(CHEVROLET CAMARO)」。全長4840mm×全幅1915mmのボディに、3.6L V型6気筒DOHCエンジンと、6.2L V型8気筒OHVエンジンの2機種で、6速ATが組み合わされる。ラインアップは3.6Lエンジンを搭載する「LT RS」と、6.2Lを搭載の「SS RS」、初代カマロの伝統的なデザインを引き継ぎ、大胆なフォルムを持つ、スポーツモデル「コンバーチブル」の3タイプ。特別仕様車として、「LT RS」をベースに「スポーティブルー」を設定(10台限定)。今回、「LT RS」をベースに、特別仕様車「スポーティブルーII」を設定(限定5台)。新たなボディカラーのブルーベルベットメタリックとブルーインテリアとのファッショナブルなコンビネーションにより、これまでのスポーティ感に、より強いインパクトを与える存在となった。「スポーティブルー」同様、ブルーインテリア/ブルーレザーシートを採用し、スポーティ志向に仕上げられた内外装は、シボレーカマロを個性的に乗りこなしたいドライバーにぴったりなものとなっている。ハンドルは左ハンドルのみの設定。

前年から下降してます

車体価格帯
(税抜き)
30~560万円

ガリバー自動車
研究所所長

鈴木詳一

分析コメント

フォード・マスタングと並んで、アメ車人気を牽引するモデル。そのスタイルは、初代モデルのデザインをモチーフに現代風にアレンジされたアメリカンスタイルで一部ファンからの人気が高い。相場価格は登場から6年が経過しようとしており低めになってきいる。

所長プロフィール

福島県いわき市出身。ガリバー入社後、店長・査定部の経験を活かし「リセールバリュー」の算出、価格予測や中古車の人気傾向を中心としたデータを提供。※ガリバー自動車研究所 国内自動車市場における動向調査を行うことを目的に2000年に設立された研究調査機関。ガリバー自動車研究所では、クルマに関する人気動向、季節や行事、時事とクルマの関係性、リセールバリュー(登録商標第4888249号)などあらゆる角度から調査と分析を行い、レポートを発表しております。

※ 中古車の相場価格は平成26年11月時点のものです。変動することがあります。

※ ガソリン価格は一律150円で算出しています。

他のクーペ/オープンの相場価格・値段を見る

他のボディタイプの相場価格・値段を見る