l

ベントレー アズールのユーザー口コミ・評価・評判

総合評価   3.7
  • 外装デザイン3.8
  • 内装デザイン4.3
  • 乗り心地3.5
  • 燃費3.5
  • 価格3.3
車体価格帯
(税抜き)
0~0万円

※ 中古車の相場価格は平成26年11月時点のものです。変動することがあります。

※ ガソリン価格は一律150円で算出しています。

この車種の中古車を探す

 ユーザーの口コミ・評価・評判

  • 30代女性
    総合評価   3.8
    • 外装デザイン:4
    • 内装デザイン:4
    • 乗り心地:4
    • 燃費:4
    • 価格:3
    長年の夢だった、アズールを手に入れました。

    私は、ずっとイギリス産のオープンカーに乗るのが夢でした。

    なかでも、アズールは私の好きなミュージシャンの愛車としても有名で生きているうちに一度は乗りたい車でした。

    中古ですが、アズールを購入できることになり夢がかなった時は心が震えました。

    乗り心地や操作性、すべてが想像していた以上のもので、モーター音も素晴らしいです。

    何よりデザインは、他のどの車よりも洗練されていてすてきだと思います。

    日本車にはなかなか無いデザインですから、道路を走っていると注目の的になるのも

    とても気持ちがいいです。

    男性のイメージが強い車ですので、女性が乗っていると驚かれますがそれも快感で、

    ぜひ私のように車を愛している女性にも乗って欲しい車だと思います。

  • 30代男性
    総合評価   3.4
    • 外装デザイン:4
    • 内装デザイン:4
    • 乗り心地:3
    • 燃費:3
    • 価格:3
    4人乗りの高級オープンカー

    イギリスの自動車メーカーのベントレーのアズールは、高級オープンカーとなっていて、初代アズールはこれまた高級車のコンチネンタルをベースに設計されたものです。

    その他有名な高級車は、ロールスロイス、ジャガーなどと並んでベントレーも非常に有名です。

    初代アズールは、顧客のオーダーを聞き入れ、トリムや機器の追加ができたので、1台ずつ車両価格が異なったと言います。

    その後、ベントレーはフォルクスワーゲンに吸収合併され、後期モデルを発表し、2代目のアズールが誕生しました。

    ベントレーのサイズは非常に大きく、重量もあるが、スピードは非常に速い車です。

    しかしベントレーは、このクラスでの車の中で、最も燃費の悪い車とされているようです。

  • 30代女性
    総合評価   3.6
    • 外装デザイン:4
    • 内装デザイン:5
    • 乗り心地:3
    • 燃費:3
    • 価格:3
    希少性の高い高級車です

    ベントレー アズールは高級感あふれる佇まいが美しいクルマです。

    全体から感じられる大人っぽく洗練された雰囲気は本当にすてきです。

    さすがはイギリスの高級車だと思いますね。

    走りに関しては、日本車のような安定感は望めないかもしれませんが。

    その点は気になるものの、意外に小回りが利きやすく女性でも十分に乗りこなせるようです。

    アズールはあまり街中でも見かけませんし、非常に目立つクルマです。

    所有することでちょっとした優越感に浸れるのではないでしょうか。

    ただ、維持費はけっこうかかるとのことですので、なかなか大変かもしれませんね。

    燃費はあまり良くないようですので、その点も購入の際に考慮したほうがよいかと思います。

  • 30代男性
    総合評価   3.8
    • 外装デザイン:3
    • 内装デザイン:4
    • 乗り心地:4
    • 燃費:4
    • 価格:4
    燃費の良さと乗り心地が光るアズール

    海外の車は、国によって特徴が異なっていたりするので、楽しく運転することができます。イギリスのベントレーに興味を持っていて、店舗で見つけたアズールを購入してみることにしました。アズールという車種は、口コミでも多くの評価を受けていて、燃費が良いところに注目しました。乗り始めてから8ヶ月ほど経過しているのですが、燃費の良さを日々実感しています。 アズールの外観については、スマートだというのが第一印象でした。運転席に座っていると、落ち着いた気持ちになることができます。前方が見やすい構造で、一般道路を走る際も安心感があります。また、本格的な走行性能を持っている車なので、高速道路などで運転するのにも向いています。

この車種の中古車を探す
一覧に戻る