「プレスリリース」の記事

「スポーツカー専門」の販売店を Goo-netで展開スタート!

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ガリバーインターナショナル(本社:東京都千代田区、代表取締役会長:羽鳥兼市、以下:ガリバー)は2014年11月15日(土)、Goo-netにてスポーツカーを専門として取り扱う販売店をオープン致します。

2018年2月期にグループ総販売台数40万台を目指すガリバーは、更なるターゲットユーザーの裾野拡大を目標にビジネス展開を行っています。今回「スポーツカー」の分野に注目し、 Goo-net上でスポーツカーを専門に取り扱う販売店「GT-Garage(ジーティー・ガレージ)@Gulliver」を展開致します。


S2000MR-S









<ホンダ・S2000(左図)とトヨタ・MR-S(右図)>


■スポーツカー専門販売の背景
 スポーツカーはバブル後長い間厳しい時代が続いて来たとされています。しかし、ここ数年ではトヨタ・86、スバル・BRZを始め、ダイハツ・新型コペン、マツダ・新型ロードスターが次々発売され、更にホンダはS660とNSXを開発中と、自動車メーカーにおけるスポーツカー復権の兆しが見られます。その盛り上がりに伴い、中古車市場においてもスポーツカーの好調が読み取れます。ガリバーの販売データでは、2013年1〜10月と2014年1〜10月の前後で、スポーツカー※の販売台数に約10%の増加を記録致しました。
※FR車、ターボ有り、2シーター、MT車の全4項目を満たすものとしてガリバー全社実績より算出。

 多くの中古車スポーツカーはネット上で販売されていますが、スタンダードな車種と比較して個車のコンディション差が大きく、それら個車情報の把握が容易でないため、ユーザーにとって安全・安心な選択肢が多いとは言えない状況です。今回ガリバーの提案するスポーツカーは、販売前に自社工場にて検査を実施し、ネット掲載時に詳細なコンディションを開示することで、ユーザーが安心してクルマを選ぶことを可能にいたします。


■事業内容について

【取扱い予定の車両について】
・取り扱い車両
主にS60〜H15の間に生産された、一般的にメジャーとされる国産スポーツカーです。FR車、ターボ付き、MT車などの特徴をもつ当時ならではの面白さがあります。
・通常のガリバー在庫「ドルフィネット」に掲載のスポーツカーとの違い
中古スポーツカーには、車体を個性的に改造したものや修復歴のあるものが多くあります。ガリバーの在庫検索システム「ドルフィネット」では、改造車や修復歴車の掲載はされておりません。今回は、そのような状態の車両も含めたスポーツカーの販売を行います。
※メーター改造車の取り扱いは致しません。
※基本の動力系に大きな欠陥があるクルマは取り扱い致しません。

・掲載予定車種:30〜40車種
・掲載予定台数:50〜100台


【掲載までのプロセス】
一台毎の車両コンディションをガリバーの自社工場にて点検後、車両情報としてGoo-netで公開致します。これにより、従来困難とされた個車の状態把握が可能となり、クルマのコンディションを見極めた上で安心してクルマを購入することが可能となります。



■ガリバーについて
 クルマ買取実績・中古車販売実績国内NO.1のガリバーは、2018年2月期の国内800店舗展開に向け、販売目標に40万台を設定し、様々なチャネル展開を行いながら小売り強化に注力いたします。今後、更にチャネルミックスによるグループとしてのシナジー効果が期待出来ます。
小売展開図
※2014年10月に、イオンオール木更津内のクルマを含めたライフスタイル提案店舗「HUNT(ハント)」を展開






■本件・画像データに関するお問い合わせ先                     
株式会社ガリバーインターナショナル 〒100‐6425 東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビル25階
広報担当:北川奈津子
TEL:03-5208-5501 FAX:03-5208-5511  MAIL:pr@glv.co.jp
Facebook:http://www.facebook.com/Gulliver.intl Twitter: https://twitter.com/GLV_PR


このエントリーをはてなブックマークに追加