「プレスリリース」の記事

ガリバー、低コストで新たなチャネル開発

このエントリーをはてなブックマークに追加

6/24(金)イオンモール富津店オープン、顧客接点の幅を拡大

株式会社ガリバーインターナショナル(本社:東京都千代田区、代表取締役会長:羽鳥兼市、以下:ガリバー)は、2011年6月24日(金)、千葉県富津市にあるイオンモール富津店内に直営店を出店いたします。
ガリバーは、販売事業を強化する中で、2010年より大型複合商業施設にてどこでも商談できる画像販売の特徴を活かしたイベントを実施するなどトライアルを行ってまいりました。そこで、大型複合商業施設には高い集客力があり、新たな顧客層との接点が設けられることがわかりました。
ガリバーの店舗は従来、交通量の多い幹線道路沿いの出店が中心でしたが、生活動線から外れたお客様には利用しにくい状況でした。しかし、複合商業施設に出店することで、お客様の生活動線の中でもガリバーのサービスが提供できるようになります。
また、大型複合商業施設などは建物や駐車場の設備が整っているため、これまでより更に設備投資を抑えられるという利点に加え、チラシなどの店舗集客コストを低減できるため、画像販売システムのメリットと合わせたローコストチャネルの展開が可能となりました。
ガリバーは、今後もビジネスモデルの強みを生かしたチャネル開発を積極的に行い、お客様の利便性向上に努めてまいります。

■ビジネスモデルを生かしたチャネル戦略
ガリバーでは、販売事業を強化する中で、ローコストで数千台の在庫を提案できる画像販売システムを柱としたビジネスモデルの特徴を生かした、新たなチャネル開発を行ってまいりました。

1.クルマの通信販売
ウェブサイトをベースとしながら、コールセンターのオペレーターがお客様と電話とメールで商談するため、お客様にご来店いただく必要がありません。
2.ショッピングモールの一角など限られた空間で中古車を提案
画像販売システムは、ノートパソコンやiPadなどモバイル端末を活用することで、ショッピングモールなど限られた空間でもお客様にクルマの乗り換え提案が可能です。

■ガリバーのビジネスモデル優位性
中古車流通の入口と出口を押さえている(買取と小売)
小規模店舗展開(画像販売により展示スペース不要)
高い在庫回転率(買い取ったクルマは約2週間で卸し現金化)

■ショッピングモール内の出店におけるガリバーのメリット
大型複合商業施設が持つ高い集客力と、新たな顧客層の開拓
通常出店よりも設備投資、チラシなどの集客コストを抑えられる(ローコストオペレーションが可能)
ショッピングモールの催事に合わせたイベントが可能

■ガリバーイオンモール富津店概要
オープン日:2011年6月24日(金)
営業時間:10時~22時※イオンモール富津店の営業時間に準じます。
場所:イオンモール富津店内1F(千葉県富津市木土地区画整理地内200街区)
※千葉県内のガリバーは23店舗展開しております。
お問い合わせ先:ガリバーイオンモール富津店 0120-99-7793

このエントリーをはてなブックマークに追加