Home  >  IR情報・会社情報  >  分析編  >  直近決算のポイント

直近決算のポイント

決算短信


決算説明会資料

直近決算のポイント

平成29年2月期 決算のポイント(最終更新日:2017年5月8日)

◆小売は好調維持、買取は広告宣伝費の積み増しで微増
全直営店の小売台数は、前年同期比34.8%増の95,333台と好調を維持。展示販売店舗の新規出店が増加し、また、1店舗あたりの取扱台数も増加。一方、新車市場の低迷が続く環境のなかでガリバー店舗における買取台数の減少傾向に対応するために、広告宣伝費をはじめとする集客コストを増加。集客コストの積み増しにより、全直営店の買取台数は、186,175台と前年同期比2.9%増となったが、集客コスト対効果は低下。

◆広告宣伝費を中心に販管費が増加
販管費は、上記の広告宣伝費、採用人数増加に伴う人件費、展示販売店舗の増加に伴う店舗運営費用、新サービス展開に係る費用などが増加。

◆西オーストラリアの新車市場は低迷
西オーストラリアの新車市場は引き続き低迷が続く状況にあり、連結子会社Buick Holdings(DVG)の業績は、売上高40,596百万円、営業損失232百万円。