スマートフォン専用サイトはこちら

激安新車購入術2~3月の決算期、なぜ値引き額が大きくなるのか|中古車買取実績No.1のガリバー

購入術 新車購入時の値引き術 激安新車購入術

写真:POINT 8イメージ
POINT 8 目標達成でインセンティブが大幅に変わる。だから、大幅値引きしてでも売るのがディーラーなのだ。

2〜3月になると新車の値引きが拡大するのは、自動車メーカーやディーラー各社の決算月が3月であるためだ。この時期に1台でも多くのクルマを売ることによって、売上高や利益を多くして決算の数字を良くしたいというのが各社共通の考えだ。

特に新車ディーラーは3月までの販売実績によって、メーカーから受け取る販売奨励金の額が変わる。販売奨励金は台数を売れば売るほど加速度的に金額が多くなる仕組みなので、ディーラー各社は必至になってこの時期にクルマを売ろうとする。

販売目標に到達できるかどうかで奨励金の額が大きく変わるので、極端な場合には目標達成前の最後の1~2台はタダでやっても良いくらいになったりする。

それは少々大げさだとしても、最後の数台が売れるかどうかで奨励金の額が変わるなら、大幅値引きをしてでも台数を増やそうと考えるのは当然のこと。だから2~3月にはクルマが安くなるのだ。

写真:POINT 9イメージ
POINT 9 インセンティブが値引きの原資となる

あるディーラーの例では、通常の時期はセールスマンが所属する各営業所の所長から値引き額の決済を受けるが、2~3月になるとセールスマンが直接に常務取締役営業本部長に電話をして値引きの決済を受けるような仕組みに変えたりする。
これによって台数を売りたいクルマについては即決で大幅値引きを提示できる仕組みにしているのだ。

メーカーとしては、3月に限らずいつもクルマがたくさん売れることを望んでいるが、クルマが良く売れる3月は勝負の月になるので、通常よりも多くの販売奨励金を用意するなどしてディーラーの尻を叩くようになる。その販売奨励金が値引きの原資となってユーザーが安くクルマを買えるようになる。

200万円くらいのクルマで、通常月には20万円前後の値引きが限界というケースでも、3月になるとそれが30万円にまで拡大したりする。4月になるとまた20万円程度に値引き幅が縮小してしまうので、クルマを買うなら3月が絶対に得なのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他おすすめページ