スマートフォン専用サイトはこちら

2007年4月のお得な車の買い替えは、リセールバリューに注目!買って得する車はこんな車

値下がりしにくいクルマランキング発表

値下がりしないクルマとはリセールバリューの高いクルマです。
「リセールバリュー」つまり再販価格のことです。
新車で購入し、3年後の再販価格は車種によって数十万円開くこともあります。

新車で同じ200万円のクルマA、クルマB
「3年後の価格」 は?


車種別リセールバリュー

かしこい車選びのために、リセールバリューに注目!買って得する車はこんな車。
今年も人気のミニバン特集。GWのお出かけは最新ミニバンで決まり!?

 4月を迎え卒業・就職・転勤・引越しなど慌しい季節も一段落?しかしすぐ待ちに待ったゴールデンウィークが控え本格的なドライブシーズン突入です。最近は高速道路のETC利用率が増加し、渋滞も減少していることから、長距離ドライブもかなり楽になりました。  そこで、長距離ドライブにぴったりな「ミニバン」のリセールバリューランキングをお届けします。果たして1位となったのはどのミニバン?

07/04/01更新

リセールバリューランキング

リセールバリュー指標
S

1位トヨタ エスティマ ハイブリッド

トヨタ エスティマ ハイブリッド

ミニバン人気ナンバー1のお墨付き「トヨタ・エスティマ」

 スタイリングはベースのエスティマとほぼ同じながら、専用のバンパーやFグリルの採用により独自性を演出し、進化したハイブリッドシステムが走りの良さと低燃費を実現するなど、時代に即した新世代ミニバンとなっているところが評価されているポイント。  大人数乗ることが多いミニバンならこのエスティマクラスが最もおススメ。ゆとりある室内空間は、大人6人乗車で長距離ドライブもラクラクこなせ、ミニバンとして最高のパッケージといえるでしょう。

おすすめグレード

車種名・グレード 年式 代表色 新車時価格(メーカー希望小売価格<税込み>) リセールバリュー
H19   441万円 62%〜68%
リセールバリュー指標
S

2位三菱 デリカ D:5

三菱 デリカ D:5

1月登場5台目「デリカ」はD:5!

 1月31日に登場したばかりの三菱・デリカD:5の車名の由来は5代目デリカからとったもの。SUVとミニバンのいいところをミックスさせたデリカの良さをそのまま受け継ぎ、最新の安全性を確保し登場しました。  エスティマやエルグランドにはライバルが存在するものの、このD:5にはライバルが不在。三菱の強さが際立つジャンルのクルマといえるでしょう。その結果リセールバリューも2位と上位を獲得し、オフロードでの三菱の強さが証明されました。レジャー用途なら最もおススメの1台です。

おすすめグレード

車種名・グレード 年式 代表色 新車時価格(メーカー希望小売価格<税込み>) リセールバリュー
G−Premium H19年   341.3万円 58%〜65%
リセールバリュー指標
S

3位トヨタ エスティマ

トヨタ エスティマ

ミニバン人気ナンバー1の「トヨタ・エスティマ」

 1位エスティマ ハイブリッドには若干差を付けられてしまったものの、登場1年以上のミニバンとしては大健闘の3位。さすがミニバン人気ナンバー1の実力発揮といったところです。  エスティマの人気が高いのはなんといってもそのスタイリングの良さ。いつまでたっても古さを感じさせないところが人気。もちろんミニバンに必要な居住性の高さも満足度の高いところです。

おすすめグレード

車種名・グレード 年式 代表色 新車時価格(メーカー希望小売価格<税込み>) リセールバリュー
アエラス Sパッケージ H19年   306.6万円 57%〜64%

その他ランキング

※クリックすると当該車両の在庫一覧を表示します

順位 車種名・グレード 年式 代表色 新車時価格(メーカー希望小売価格<税込み>) リセールバリュー 指標
4
メルセデス・ベンツRクラス R500 4MATIC H19年   966万円 57%〜62%
A
5
日産セレナ 20RX H19年   224.7万円 50%〜59%
A
6
ホンダステップワゴン 24Z H19年   255.2万円 49%〜58%
A
7
トヨタアルファード ハイブリット H19年   384.3万円 51%〜57%
A
8
ホンダオデッセイ アブソルート H19年   278.3万円 48%〜57%
A
9
ホンダストリーム 2.0 RSZ H19年   227.9万円 48%〜57%
A
10
トヨタアルファード MX Lエディション H19年   344.4万円 49%〜56%
A

今週の注目車

トヨタ ノア

トヨタ ノア

フルモデルチェンジ間近!? トヨタ・ノアに注目!!

 現行のトヨタ・ノアは人気モデルながらリセールバリューランキングでは下位に沈んでいます。と、いうのもノアの登場は2001年と今から6年前。やはりフェラーリなど特殊なスポーツモデル以外は古くなってくると人気は衰えてくるもの。  そんなノアも今年フルモデルチェンジが予想されるため、3年後のリセールバリューは低くなってしまうのは仕方のないところ。買うなら大幅値引きを期待するか、それとも新型デビューを待って新型を狙うか選択肢は二つです。

おすすめグレード

車種名・グレード 年式 代表色 新車時価格(メーカー希望小売価格<税込み>) リセールバリュー 指標
XEセレクション H19年   199.5万円 41%〜50%
B

トヨタ イプサム

トヨタ イプサム

今秋大幅にモデルチェンジ!? トヨタ・イプサム

 こちらのイプサムも今年フルモデルチェンジが予想される1台。ホンダ・オデッセイなど強力なライバルの存在がイプサムの影を薄くしている要因のひとつですが、次期モデルは大幅に変わることも予想されています。  手頃なボディサイズに3列シートの組み合わせはLLクラスのミニバンより窮屈なものの、実質3列目シートを殆ど使わないユーザーなら全く問題なし。扱いやすさが評価されているため、こちらも大幅値引きが購入のポイントとなるでしょう。

おすすめグレード

車種名・グレード 年式 代表色 新車時価格(メーカー希望小売価格<税込み>) リセールバリュー 指標
240s H19年   245.7万円 36%〜45%
C