スマートフォン専用サイトはこちら

2007年3月のお得な車の買い替えは、リセールバリューに注目!買って得する車はこんな車

値下がりしにくいクルマランキング発表

値下がりしないクルマとはリセールバリューの高いクルマです。
「リセールバリュー」つまり再販価格のことです。
新車で購入し、3年後の再販価格は車種によって数十万円開くこともあります。

新車で同じ200万円のクルマA、クルマB
「3年後の価格」 は?


車種別リセールバリュー

かしこい車選びのために、リセールバリューに注目!買って得する車はこんな車。
リセールバリューランキング:スポーツカー特集!

 卒業シーズンを迎え暖かい春の足音が聞こえてきましたね。そう、これからが本格的なドライブシーズンの到来です。オープンカーやスポーツカーは居住性を犠牲にする反面、ドライブして楽しいクルマが殆ど。  最近は輸入車が中心のラインアップとなっていますが、その分味のあるクルマが多くなっています。スタイル・走り・価格など選択肢が沢山あるので、クルマ選びの楽しみも増えるというものです。この春に思い切ってスポーツカーを選択してみてはいかがでしょうか。

07/03/01更新

リセールバリューランキング

リセールバリュー指標
A

1位ミニ ミニ

ミニ ミニ

モデルチェンジ直前のミニ・コンバーチブルが1位!

 3HBモデルのクーパー/クーパーSがフルモデルチェンジされましたが、コンバーチブルモデルは先代のまま。それでも高いリセールバリューを維持しているのはミニの人気の高さが一時のモノではないことの証明です。  また、新型もエンジンなど手が加えられていますが、スタイルは先代モデルを踏襲し変化が少ないことも先代の人気の下落を食い止めています。常に高い人気を維持するミニだからこそお得なカーライフが送れるというものです。この春最もおススメの1台です。

おすすめグレード

車種名・グレード 年式 代表色 新車時価格(メーカー希望小売価格<税込み>) リセールバリュー
クーパー S コンバーチブル H19   346万円 55%〜61%
リセールバリュー指標
A

2位ポルシェ 911

ポルシェ 911

ポルシェ。憧れのスポーツカーは中古車でも人気

 ポルシェといえば世界中のレースでの栄冠を勝ち取った生粋のスポーツカーです。その実績は世界中に沢山のファンを作り、もちろん日本でも沢山のファンたちがいます。  ポルシェのリセールバリューが高いのは、多くのファンたちが新車・中古車問わず常に欲しがっていることが要因です。誰でもが一目で分かる独特のスタイルは、リアエンジンという特異なレイアウトを持っていることから。また、最近ではAT比率も高まり、幅広いユーザーが手軽に乗れることも人気の高さに繋がっているようです。

おすすめグレード

車種名・グレード 年式 代表色 新車時価格(メーカー希望小売価格<税込み>) リセールバリュー
カレラS H19年   1292万円 54%〜59%
リセールバリュー指標
A

3位レクサス SC

レクサス SC

レクサス唯一のクーペがSC!

 レクサスの車種ラインアップ中、唯一のクーペボディを採用するのがこの「SC」。ベースはトヨタブランドで発売され人気だったソアラをリファインしたモデルですが、レクサスに移行してから評価が高まりリセールバリューが高くなっています。  レクサスはLSの発売以降販売台数も上昇し、デビュー当時以上に注目が集まるブランドとなりました。その、注目の高さが高いリセールバリューを後押しているともいえそうです。

おすすめグレード

車種名・グレード 年式 代表色 新車時価格(メーカー希望小売価格<税込み>) リセールバリュー
430 H19年   680万円 53%〜59%

その他ランキング

※クリックすると当該車両の在庫一覧を表示します

順位 車種名・グレード 年式 代表色 新車時価格(メーカー希望小売価格<税込み>) リセールバリュー 指標
4
ポルシェケイマンS H19年   783万円 53%〜59%
A
5
マツダRX−8 タイプ S H19年   289.8万円 52%〜58%
A
6
マツダロードスター NR−A H19年   230万円 49%〜58%
A
7
BMW6シリーズ 650i H19年   1097万円 52%〜57%
A
8
日産フェアレディ Z バージョンST H19年   395.9万円 52%〜57%
A
9
メルセデス・ベンツSLKクラス SLK350 H19年   714万円 52%〜56%
A
10
ホンダS2000 H19年   378万円 46%〜54%
B

今週の注目車

日産 スカイライン クーペ

日産 スカイライン クーペ

プレミアム・スポーツ・クーペとして注目!

 スカイライン・セダンが昨年フルモデルチェンジされ、このクーペも今年フルモデルチェンジが予定されています。GT-Rが登場すれば影に隠れてしまう感があるものの、GT-Rの3分の2〜半分程度で伝統のスカイラインの乗り味が楽しめるというのはお買いともいえます。  V35型から上質な大人のクーペとして新車の販売台数は減少。その結果、中古車市場ではタマ数が少なくリセールバリューも安定しています。

おすすめグレード

車種名・グレード 年式 代表色 新車時価格(メーカー希望小売価格<税込み>) リセールバリュー 指標
350GT プレミアム H19年   378万円 44%〜50%
B

BMW Z4 M

BMW Z4 M

ロードスター?それともクーペ?

 Z4に追加されたMモデル。軽快なハンドリングを持つ2シータースポーツにM3と同じ343馬力を発生するパワフルなエンジンの組み合わせ。Z4Mは走る楽しみを存分に味わえる存在です。  リセールバリューは控えめですが、登場から日が浅いため今後の人気アップが考えられます。また、ロードスターよりタマ数が少ないクーペモデルを選択するのもリセールバリューアップの秘訣といえるでしょう。

おすすめグレード

車種名・グレード 年式 代表色 新車時価格(メーカー希望小売価格<税込み>) リセールバリュー 指標
ロードスター H19年   837万円 43%〜46%
B