スマートフォン専用サイトはこちら

2006年6月のお得な車の買い替えは、リセールバリューに注目!買って得する車はこんな車

値下がりしにくいクルマランキング発表

値下がりしないクルマとはリセールバリューの高いクルマです。
「リセールバリュー」つまり再販価格のことです。
新車で購入し、3年後の再販価格は車種によって数十万円開くこともあります。

新車で同じ200万円のクルマA、クルマB
「3年後の価格」 は?

30万円
の差?

車種別リセールバリュー

かしこい車選びのために、リセールバリューに注目!買って得する車はこんな車。
販売絶好調の「軽自動車」リセールバリューランキング公開!

売れに売れている軽自動車。コンパクトで経済性も高く、最近では安全性も高くなるなど、総合的な性能向上が販売好調の鍵のようです。今年もホンダ・ゼスト、三菱・i(アイ)、スズキ・MRワゴン、日産・モコと、各メーカーから新型車が発売されており注目が高くなっています。 その軽自動車でリセールバリューのトップに立ったのはホンダ・ゼスト。トールボディのワゴンタイプのため広い室内空間を実現。実用性が高い上に、ターボモデルの設定でスポーティな面を持つなどオールランドに活躍できるところが高いリセールバリューのポイントです。 

06/06/01更新

リセールバリューランキング

リセールバリュー指標
S

1位ホンダ ゼスト

ホンダ ゼスト

“軽スタンダード”のホンダ・ゼスト

2月登場のホンダ・ゼストはライフ・ザッツの上位に位置するホンダ軽自動車の最上級モデルとして発売されました。ゼストのラインアップは標準系とスポーツ系に分かれ、更にスポーツ系はターボとノンターボに分かれます。ライバルとなるワゴンRもターボ付きモデルが人気のように、このゼストもターボモデルが人気です。 現行軽自動車の標準ともいえるパッケージがおごられ、将来的にもリセールバリューは安定が予想されますので、今最もオススメできる軽自動車といえるでしょう。

おすすめグレード

車種名・グレード 年式 代表色 新車時価格(メーカー希望小売価格<税込み>) リセールバリュー
SPORTS W TURBO H18年   144.9万円 49%〜65%
リセールバリュー指標
S

2位ダイハツ コペン

ダイハツ コペン

“手造り”ならではの人気。ダイハツ・コペン

軽自動車唯一のスポーツモデル「コペン」。駆動方式こそFFながら、電動オープンとターボエンジン。そして2人乗りと、普通車でもなかなか実現しないパッケージの採用により、一部ファンから高い支持を得ています。 古くはホンダ・ビートやマツダ・AZ−1、スズキ・カプチーノなど、2人乗りのスポーツモデル人気が全盛だった頃とは違い、現代風にアレンジされた点が人気です。FRやMRといった本格スポーツのレイアウトは必要なく、ファッショナブル且つオープン独特の爽快感が味わえることの方が大切。エンジンが非力な軽自動車はFFで十分。いや、FFこそパッケージに優れている。そんな割り切りが人気のポイントのようです。

おすすめグレード

車種名・グレード 年式 代表色 新車時価格(メーカー希望小売価格<税込み>) リセールバリュー
アクティブトップ H18年   157.3万円 51%〜64%
リセールバリュー指標
A

3位三菱 i

三菱 i

リアミッドシップ採用のi(アイ)。ライバルにはマネできない!?

エンジンをリアミッドシップにレイアウトし、室内空間を最大限に広く取る工夫が凝らされた軽がこのi(アイ)。全長3.4m以下、全幅1.48m以下、全高2.0m以下という軽自動車の限られた寸法規格の中で、空間をどう有効に活用するかが各自動車メーカーの力の見せ所です。三菱が出した回答はこのリアミッドシップ。重量とスペースがかさむエンジンを後席フロア下に押し込むことで、室内空間の確保と衝突安全性の両立をこなすなど、割高な車両価格の設定も納得の造りです。また、可愛らしいデザインが採用できたのもこのパッケージのおかげともいえ、女性にオススメしたい1台です。

おすすめグレード

車種名・グレード 年式 代表色 新車時価格(メーカー希望小売価格<税込み>) リセールバリュー
H18年   149.1万円 43%〜62%

その他ランキング

※クリックすると当該車両の在庫一覧を表示します

順位 車種名・グレード 年式 代表色 新車時価格(メーカー希望小売価格<税込み>) リセールバリュー 指標
4
マツダ AZ ワゴン FX H18年   115.7万円 46%〜62%
A
5
スバル R1 R H18年   126万円 47%〜62%
A
6
スズキ ワゴンR RR−F H18年   150.9万円 46%〜62%
A
7
ダイハツ ムーヴ ラテ RS リミテッド H18年   159.1万円 45%〜62%
A
8
ダイハツ アトレー ワゴン カスタム ターボ RS H18年   142.8万円 47%〜61%
A
9
三菱 パジェロ ミニ VR−S H18年   164.6万円 48%〜61%
A
10
ダイハツ エッセ X H18年   92.4万円 41%〜61%
A

今週の注目車

スズキ ジムニー

スズキ ジムニー

軽ナンバー1のオフローダー「ジムニー」

ワゴンRやムーヴに存在感を奪われてしまった感のあるジムニーですが、軽のRVファンからは未だに高い支持を得ています。と、いうのも現行ジムニーは1998年に登場し今年で8年目のロングセラーモデル。通常4年〜5年でフルモデルチェンジされるライバル達よりも遥かに古くから発売されているということは、リセールバリューでは大きく不利となります。それでも最大で60%というリセールバリューというのはしっかりとそれを認めるファン層がいるからこそ。ジムニーでしか出来ない走りが魅力です。

おすすめグレード

車種名・グレード 年式 代表色 新車時価格(メーカー希望小売価格<税込み>) リセールバリュー 指標
XC H18年   158万円 46%〜60%
A

日産 モコ

日産 モコ

スズキが本流?日産が主力?

日産のモコはスズキのMRワゴンをOEM供給され販売しているモデル。しかし、トヨタ・パッソとダイハツ・ブーンの関係のように、販売が好調なのは日産・モコです。全国の日産販売網の強さが販売力に大きくっ関わっていますが、リセールバリューも同じことがいえるようです。 僅かの差とはいえ、モコの方がMRワゴンよりもリセールバリューが高いのは、単にデザインの違いだけではなく、日産のパワーの賜物ともいえるようです。

おすすめグレード

車種名・グレード 年式 代表色 新車時価格(メーカー希望小売価格<税込み>) リセールバリュー 指標
H18年   124.7万円 42%〜57%
A