スマートフォン専用サイトはこちら

2006年2月のお得な車の買い替えは、リセールバリューに注目!買って得する車はこんな車

値下がりしにくいクルマランキング発表

値下がりしないクルマとはリセールバリューの高いクルマです。
「リセールバリュー」つまり再販価格のことです。
新車で購入し、3年後の再販価格は車種によって数十万円開くこともあります。

新車で同じ200万円のクルマA、クルマB
「3年後の価格」 は?


車種別リセールバリュー

かしこい車選びのために、リセールバリューに注目!買って得する車はこんな車。
フレッシュマン向け!リセールバリューの高い「コンパクトカー」特集!!

2月といえばフレッシュマン達が購入するクルマの最終決定をする頃。そこで役立てて欲しいのがリセールバリューです。購入1台目からリセールバリューを意識していると、後々の買い換えを有利に進めることが出来ます。今月はフレッシュマンの購入で多い「コンパクトカー」のリセールバリューランキングをお届けします。

06/02/01更新

リセールバリューランキング

リセールバリュー指標
S

1位トヨタ bB

トヨタ bB

トヨタ式「ミュージックプレーヤー」bBがトップ!

スタイル・装備などどれをとってもユニークといえる新型bB。登場したばかりということもありますが、なんといってもそのスタイルは他車にはないオリジナリティで溢れています。しかも、そのスタイルのおかげでコンパクトなボディながら、広い室内空間を実現しており、実用性が高いところが高いリセールバリューの秘訣でしょう。ラインアップが多いトヨタだからこそ出来る奇抜なコンセプトの勝利といえます。

おすすめグレード

車種名・グレード 年式 代表色 新車時価格(メーカー希望小売価格<税込み>) リセールバリュー
Z Xバージョン H18年   163.8万円 59〜70%
リセールバリュー指標
S

2位ミニ

ミニ

男性・女性と幅広い層から支持される「ミニ」が2位!

ミニの人気のポイントは、安全性向上のため大柄になったボディでも愛くるしいスタイルを残し、他車にはない雰囲気を持ち合わせるところ。また、ワン・クーパー・クーパーSと走りのステージにあったラインアップが用意されているところです。コンパクトなボディにコンバーチブルの組み合わせ等は小さいながらも開放感を得られ人気です。モデルが変わっても人気が高い、オリジナルの味わいがチャームポイントです。

おすすめグレード

車種名・グレード 年式 代表色 新車時価格(メーカー希望小売価格<税込み>) リセールバリュー
クーパー コンバーチブル H18年   293万円 57〜65%
リセールバリュー指標
A

3位トヨタ ヴィッツ

トヨタ ヴィッツ

登場から1年、新型ヴィッツに期待

ランキング3位には2005年2月に登場した新型「ヴィッツ」が入った。現代のコンパクトカーブームの火付け役といえるクルマだけに、そのパッケージングはコンパクトカーの基本でもあり、また十分なもの。特に今回は室内が拡大されたこともあり、後発のフィットやデミオなどと比較しても実用性では差がなくなりました。そして、スタイルが一新されライバル達よりも少し先に飛び出したようです。今後もベーシックであり続けるため、リセールバリューは安定しているでしょう。

おすすめグレード

車種名・グレード 年式 代表色 新車時価格(メーカー希望小売価格<税込み>) リセールバリュー
RS H18年   159.6万円 43〜61%

その他ランキング

※クリックすると当該車両の在庫一覧を表示します

順位 車種名・グレード 年式 代表色 新車時価格(メーカー希望小売価格<税込み>) リセールバリュー 指標
4
日産 ノート 15RX H18年   156.5万円 43〜61%
A
5
トヨタ パッソ X H18年   102.9万円 41〜59%
A
6
ダイハツ ブーン 1.0 CL Fパッケージ H18年   109.2万円 42〜59%
A
7
トヨタ ポルテ 130i Cパッケージ H18年   149.1万円 40〜58%
A
8
トヨタ ラクティス G H18年   151.2万円 45〜58%
A
9
日産 キューブ 15M H18年   144.7万円 42〜57%
A
10
フォルクスワーゲン ゴルフ GTI H18年   328.7万円 49〜56%
A

今週の注目車

スズキ スイフト スポーツ

スズキ スイフト スポーツ

2006年次RJCカー・オブ・ザ・イヤー獲得!

軽自動車のイメージが強いスズキ自動車だが、このスイフトスポーツはそんなスズキのイメージを払拭できるモノ。小柄なボディではあるが、1.6リッターエンジンにより、キビキビと走りが楽しめる。自動車評論家だけではなく一般ユーザーからも評価が高いクルマです。リセールバリューの点でも、ライバルのコンパクトカーよりやや販売台数が少ないことも有利に働き、今後も安定したリセールバリューが期待出来ます。

おすすめグレード

車種名・グレード 年式 代表色 新車時価格(メーカー希望小売価格<税込み>) リセールバリュー 指標
  H18年   156.5万円 40〜56%
A

プジョー 1007

プジョー 1007

プジョーが送り出す新型コンパクト『1007』

プジョーがこの1月に発表したのがこの『1007』。電動スライドドアを両側に装備し、通常のドアに比べて乗り降りが楽に出来ることがユニークなポイント。それに加えて2トロニックというクラッチ操作不要のマニュアルミッションを搭載し、通常はオートマ。走りを楽しみたいときはステアリングかフロアのシフトでマニュアル操作で運転できるなどこのクラスにしては走りにもこだわった造りが人気を呼びそうです。

おすすめグレード

車種名・グレード 年式 代表色 新車時価格(メーカー希望小売価格<税込み>) リセールバリュー 指標
1.6 H18年   249万円 43〜51%
B