スマートフォン専用サイトはこちら

2005年12月のお得な車の買い替えは、リセールバリューに注目!買って得する車はこんな車

値下がりしにくいクルマランキング発表

値下がりしないクルマとはリセールバリューの高いクルマです。
「リセールバリュー」つまり再販価格のことです。
新車で購入し、3年後の再販価格は車種によって数十万円開くこともあります。

新車で同じ200万円のクルマA、クルマB
「3年後の価格」 は?


車種別リセールバリュー

かしこい車選びのために、リセールバリューに注目!買って得する車はこんな車。
新型「ウイングロード」登場。気になるステーションワゴンのリセールナンバー1は?

 「ウイングロード」が発売され注目を集めているステーションワゴン市場。街中中心のステーションワゴンですが、本来は沢山の荷物を積んで、山へ・川へというシチュエーションが最も似合うジャンルです。もちろん生みも似合いますけどね。また、このクラスの特徴は輸入車の人気が高いこと。2位には登場したばかりのBMW・3シリーズがランクイン。人気モデルを要チェック。

05/12/01更新

リセールバリューランキング

リセールバリュー指標
S

1位スバル インプレッサ スポーツワゴン

スバル インプレッサ スポーツワゴン

男性・女性と幅広い層から支持される「ミニ」がナンバー1!

ライバルであるランサーワゴンにもスポーツモデルが追加されたインプレッサですが、セダン同様高い人気を維持しています。何より水平対抗4気筒エンジンがもたらす低重心と低速からの豊かなトルクはスポーツ走行に適しており、ステーションワゴンとはいえ別次元のクルマに仕上がっている。今年大幅なマイナーチェンジを行ったことも高評価。スパルタンな外装と走りの良さが評価された1台です。

おすすめグレード

車種名・グレード 年式 代表色 新車時価格(メーカー希望小売価格<税込み>) リセールバリュー
WRX H17年   242.6万円 57〜64%
リセールバリュー指標
S

2位BMW 3シリーズ ツーリング

BMW 3シリーズ ツーリング

人気の「SC」は「レクサス」ブランドに生まれ変わり再評価!

ステーションワゴン人気の高い欧州からやってきたBMW・3シリーズ・ツーリングは、スタイリッシュな外装と大きくなったボディによる機能性が人気のポイントです。やや大柄になったボディサイズは、そのまま室内空間の拡大にも貢献しており、ステーションワゴンの良さを十分発揮できるモデルです。また、走りの点でもアウトバーンで鍛えられたしなやかだがしっかりした足回りはBMWならでわのセッティングが施され、ステーションワゴンの中でもオススメのクルマです。

おすすめグレード

車種名・グレード 年式 代表色 新車時価格(メーカー希望小売価格<税込み>) リセールバリュー
325i ツーリング Mスポーツ H17年   586万円 57〜63%
リセールバリュー指標
S

3位ホンダ エアウェイブ

ホンダ エアウェイブ

「レクサス」の代表車種が第3位!

大型のガラス・ルーフを採用したワゴンは、コンパクトな車体に似合わず高い開放感が味わえるなどオススメのクルマです。ベースとなるのは人気車種ホンダ・フィット。小さなボディでもゆったり室内など優れたコンパクトカーです。そのフィットをベースにしたエアウェイブも同様に広い室内などが人気のポイントのようです。

おすすめグレード

車種名・グレード 年式 代表色 新車時価格(メーカー希望小売価格<税込み>) リセールバリュー
L スカイルーフ H17年   175.4万円 46〜62%

その他ランキング

※クリックすると当該車両の在庫一覧を表示します

順位 車種名・グレード 年式 代表色 新車時価格(メーカー希望小売価格<税込み>) リセールバリュー 指標
4
トヨタ マークIIブリット 2.0 iR H17年   254.1万円 51〜57%
A
5
三菱 ランサーワゴン エボリューションGT H17年   178.3万円 51〜57%
A
6
プジョー 307 SW グリフ H17年   306.6万円 49〜56%
A
7
ボルボ V70 T−5 sport H17年   645.8万円 51〜56%
A
8
トヨタ クラウン エステート アスリート G H17年   441万円 50〜56%
A
9
ボルボ V50 T−5 AWD H17年   498.8万円 50〜55%
A
10
スバル レガシィ ツーリングワゴン 2.0GT スペックB H17年   322.5万円 48〜54%
B

今週の注目車

ホンダ アコード ワゴン

ホンダ アコード ワゴン

2005年登場のメルセデス・Mクラス

ステーションワゴン人気を支えてきたのがこのアコード ワゴンとレガシィツーリングワゴンの2台。スタイルのアコードと走りのレガシィといったところですが、どちらもミドルクラスとしてこのクラスを代表するクルマです。スタイリッシュさでは今でもトップクラスのアコード ワゴン。ステーションワゴン自体の人気が下降しているため評価は低いですが、今後に注目したいモデルです。

おすすめグレード

車種名・グレード 年式 代表色 新車時価格(メーカー希望小売価格<税込み>) リセールバリュー 指標
24T スポーツP H17年   288.8万円 46〜53%
B

日産 ウイングロード

日産 ウイングロード

和製ミニ?「ミラ・ジーノ」に注目

11月に登場したばかりの新型ウイングロードは、したいるを大幅に変更しデビュー。一見小型のミニバンのようですが、立派なステーションワゴン。旧モデルよりも積載性や使い勝手が格段に向上しているとあって、ユーザーからの評価は高まりそう。しかし、アコード同様に人気が下降気味のステーションワゴンの中でリセールバリューは厳しい結果。パッケージングの良さを活かして今後の伸びに期待です。

おすすめグレード

車種名・グレード 年式 代表色 新車時価格(メーカー希望小売価格<税込み>) リセールバリュー 指標
18RX エアロ H17年   189.2万円 46〜52%
B