Mercedes-Benz 500SL

PRICE:
COMING SOON
Photo Gallery

    Impression

    きわめてレアなマシンが現れた、
    1986年にドイツから新車で輸入されたMB 500SLだ。
    なぜ、レアなMB 500SLなのか
    500SLの三台目R107モデルといえば
    メルセデスベンツの最長生産記録18年を達成したマシンとして
    ドイツ・シュトゥットガルトのメルセデス・ベンツ・ミュージアムに
    最終車両が保管されているほど、生産台数が多い。
    しかし、このマシンは
    リベラーラが選ぶ稀少な1台なのだ。

    脚下を見て、
    すでに気づかれた御仁もおられるかと思う。
    資料の少ない稀少モデルのため、明言は避けるが
    現在、ロリンザーのコンプリートモデルと推測している。

    マンフレッド・ロリンザー時代の
    この、コンプリートモデルは
    エアロパーツをつけただけのロリンザー仕様が多く、
    純粋なるコンプリートは本国でも極めて少ない。
    このマシンのロリンザー、エアロ・アルミ・マフラーエンドは
    伊達ではないと睨んでいる、
    リベラーラは入念なる資料を取り寄せロリンザー社へ鑑定を急いでいる。
    のみならず、80年代のMB 500SL本来の性能を
    オリジナルで蘇らせようとしている。

    心臓部のオーバーホールである。
    それは、この時期のマシンは
    度重なる排ガス規制のため大幅なパワーダウンを余儀なくされ
    フェラーリもポルシェもこのメルセデスベンツでさえも、
    本来の性能を出すために苦境に立たされていた。

    そのため心臓部のオーバーホールは、
    極めてハードルが高いレストアワークとなっている。
    まだ機械式だった燃料噴射装置を完全に蘇らせる必要があるからだ。
    まず、純正部品はもちろん通常では供給されない
    内部部品を入手しなければならないこと
    そしてMERCEDES-BENZのみならず、
    当時のBOSCHのトレーニングを修得しており
    ドイツのレーシング・コンストラクター技術にも精通したメカニックと
    作業を進めなければならない。

    TO BE CONTINUDE.
    リベラーラはすでに部品調達を手配し、
    逸材なるマイスターメカニック氏と連携して
    このレストアを進めている。
    その詳細はスッタフに確認して欲しい、
    完成したらマーカス・ロリンザー氏にも報告したい。

    Specs & Equipment

    装備詳細

    モデル年式
    1986年
    登録年
    1986(昭和61)年06月
    走行距離
    km
    修復歴
    なし
    アンスラサイトグレー
    ハンドル
    左ハンドル
    車検
    2021(令和03年)12月25日
    排気量
    5,000cc
    乗員定員
    4名

    スペック

    ミッション
    フロア4AT
    使用燃料
    ガソリン
    ドア枚数
    2ドアオープン
    駆動方式
    FR
    型式
    不明
    車両重量
    1,590kg

    オプションその他

    • 革シート
    • パワーステアリング
    • パワーウィンドウ
    • ロリンザ17インチAW
    • ABS
    • ロリンザーウッドコンビステアリング制作中
    • ハードトップ別途保管