Mercedes-Benz SL500

PRICE:
COMING SOON
Photo Gallery

    Impression

    日本の高度成長期を駆け続け
    つねに男たちが憧れるダンディズムの頂点として、
    羨望を一身に集めたマシンがある。
    メルセデス・ベンツSL500 クーペである!

    SLクーペモデルはいちばんのワル、かも知れない。
    スーツにネクタイを締めたような
    コンサバティブなスタイリングだが、
    そのイメージを裏切る
    野生のハートを持っているからだ。

    1998年モデルのSL500は、当時の新型V8を搭載し
    320PS/48.0kg・mのパワーを搭載していた。
    バックミラーにその姿を認めた瞬間、
    ドライバーたちは道を空けるワルだった。
    その情景は、クルマを知らぬ人たちには不思議なことだっただろう。

    サイドに目をやると
    SLエディションのエンブレムが輝いている。
    また脚元には当時のまま純正17インチアルミホイールが装着されている。
    眺めていると、
    懐かしさよりは確かに生きているという強い生命感を感じる。

    生命感は、磨き上げられた輝きから生まれるものではない。
    たとえば「あえて」電球のLED化を行わないなど
    いま得られる最高の純正部品ということにこだわり、
    ひとつひとつのパーツを組み上げた信念があるからだろう
    リベラーラらしい仕事で仕上げられたマシンだ。

    インテリアに目をやると
    信念をもった仕事の結晶が目にまばゆい。
    まずドライバーズシートの座面表皮と内部のアンコを純正で交換し
    純正CDチェンジャーを備えた
    オリジナルのオーディオと電動アンテナを新しく交換している。

    ウッドコンビステアリング
    ブラックレザーシート
    そしてウォールナット・ドアトリムと室内パネル!
    贅沢な天然素材を使用している。

    勿論、
    ブレーキローター・パット・ブレーキホースだけでなく、
    エンジン・ミッション・ロア&アッパーアームマウント等
    ブッシュ類は全交換を行い、パワステポンプ・ホース・ステアリングダンパーまでも交換するなど怠りは無い
    あの時代の走りを再現したい、
    ただその気持ちが純粋にこのマシンを蘇らせたのだから。

    さて、
    走りは如何だろう。 その回答は
    ステアリングを握るあなたのために、
    残しておきたい。

    Specs & Equipment

    装備詳細

    モデル年式
    1998年
    登録年
    1998(平成10)年
    走行距離
    114,099km
    修復歴
    なし
    オブシディアンブラック
    ハンドル
    左ハンドル
    車検
    2021(令和3)年11月
    排気量
    4,960cc
    乗員定員
    2名
    ワンオーナー

    スペック

    ミッション
    フロア5速AT
    使用燃料
    ガソリン
    ドア枚数
    2ドアオープン
    駆動方式
    FR
    型式
    GF-129068
    車両重量
    1,720kg

    オプションその他

    • ブラックナッパレザー
    • パワーステアリング
    • パワーウィンドウ
    • エアーバック運転席/助手席
    • 純正アルミホイール
    • ABS
    • 正規輸入車
    • 新車時保証書
    • 定期点検記録簿
    • ウッドコンビステアリング&シフトノブ
    • ウォールナット ドアトリム 室内パネル
    • ー 重整備内容 ー
    • ドライバー席座面 変更(純正レザー&クッション)
    • パワーステアリングポンプ&ホース 一式 変更
    • エンジン&ミッション&ロアアーム上下マウントブッシュ類 変更
    • ディスクローター,ブレーキホース&パッド 変更、全ホイール研磨リメイク
    • MichelinプレマシーⅣ 変更
    • 全長4,500mm 全幅1,810mm 全高1,295mm
    • エンジン 4,960cc V型8気筒DOHC