Mercedes-Benz SL320

PRICE:
COMING SOON
Photo Gallery

    Impression

    メルセデスベンツが考える軽量スポーツを
    具現化し続けてきたシリーズ、メルセデスベンツSL
    初代が掲げたこのコンセプトを
    2代目では燃料噴射装置を主軸にエンジン性能を高め
    3代目ではより大きなエンジンが搭載できるように
    シャーシコンポーネントを変更し強靱なエンジンを積み込んだ。

    そして4代目は、
    電動ソフトトップやロールオーバーバーなど
    快適性と安全性を高め
    上位モデルからエンジン性能を高める進化を遂げた。
    4代目R129ローンチから10年以上を経たモデル末期に
    R129は時間を掛けて熟成したV6エンジンを搭載した SL320を登場させる。

    なぜ、メルセデスベンツの基幹エンジンである6気筒を
    この当時、直列からV型へと変えたのだろか。
    それはシリーズのラインアップを見れば意図がうかがい知れる
    12気筒、8気筒とV 型であり
    これまで製造コストを削減するために直列としていた6気筒をV型にしスポーツ性能を高めるのが狙いだったのだろう。
    その狙いは、最高出力を見比べれば気づく
    直列6気筒DOHCが235PS/32.8kgmに対して
    V型6気筒はSOHCながら224PS/32.1kgmと
    DOHCに遜色の無いSOHCに仕上げている。

    今の時点からSLクラスの歴史を振り返れば
    このマシンの重要さ、そして希少価値がみえてくるのではないだろうか。
    その後SLクラスは2001年に5代目R230
    2011年に6代目R231へと進化したが
    2018年には6気筒はV型を廃止し直列に切り替えるとアナウンスし
    2021年にはメルセデスAMGのモデルへとポジションを移行した
    つまり純粋なるスポーツへと正常進化を遂げるV型6気筒を
    最初に搭載したモデルですでにこのメルセデスベンツの心臓は
    もう手に入らないからである。

    メルセデスベンツSL320、2000年モデル
    直6からV6へ、メルセデスの基幹エンジンの歴史を
    大きくシフトチェンジした分岐点の時期に登場したモデル
    リベラーラがこのモデルをストックリストに加えた理由が
    お判り頂けたのでは無いだろうか。

    リベラーラは、新車当時の性能に蘇らせ
    最上のドライビングプレジャーを味わえるチャンスは
    今が最後かも知れないと思っている、
    これから私たちが、どのようなプレジャーを生み出せるか
    ご期待いただきたい。

    Specs & Equipment

    装備詳細

    モデル年式
    登録年
    2000(平成12)年4月
    走行距離
    15,000km
    修復歴
    なし
    ブリリアントシルバー
    ハンドル
    右ハンドル
    車検
    2024(令和6)年1月
    排気量
    3,200cc
    乗員定員
    2名

    スペック

    ミッション
    フロア5速AT
    使用燃料
    ガソリン
    ドア枚数
    2ドアオープン
    駆動方式
    FR
    型式
    GF-129064
    車両重量
    1kg

    オプションその他

    • カーナビ
    • 革シート
    • パワーステアリング
    • パワーウィンドウ
    • エアーバック運転席/助手席
    • アルミホイール
    • ABS
    • 正規輸入車
    • 新車時保証書
    • 定期点検記録簿
    • 全長4,500mm 全幅1,810mm 全高1,290mm
    • エンジン3,190cc V型6気筒SOHC18バルブ
    • 最大位出力224ps(165kW)/5600rpm 最大トルク32.1kg・m(314.8N・m)/3000~4800rpm
    • ホイールベース2,515mm トレッド幅前/後 1,535/1,525mm