Ferrari F355 Berlinetta F1 Fiorano Handling PKG

Photo Gallery

    Impression

    フェラーリには いくつかのタイプがある。
    モデルの話やレイアウトデザインの話では無い
    フェラーリのあるライフスタイルの話だ。
    たとえば日常の脚にする
    また性能を愉しむため、サーキットに赴く
    あるいはマラネッロの歴史を、コレクションとして保有する
    どんな愉しみ方にも最適のフェラーリが
    存在するだろう。

    ではこのF355ベルリネッタの愉しみは 如何か。
    このモデルは1999正規輸入で
    コーンズが販売したF355のラストイヤーモデルとなっている。
    フェラーリのようなマシンは量産車と異なり
    同じモデルでも日々改良が続けられている。
    つまりこのマシンは、
    ポテンシャルの最終到達点に達したマシンの一台
    ということになるかも知れない。

    カーボンバケットシートにカラダを沈め エンジンに火を入れると、
    ロードゴーイングカーか、あるいはレーシングマシンか
    XRシャーシを備えたマシンだからか
    すぐには見分けられない躍動感が伝わってくる。
    そう、このマシンは
    サーキット走行を前提とした
    フィオラノハンドリングPKGに加えて
    サスペンションのセッティング変更
    ドリルドタイプディスクブレーキの採用
    17インチから18インチにアップさせた
    マグネシウム合金製ホイールと、
    走りを強化しているF355なのだ。

    そのうえで、手を入れたパーツの変更は
    ブレーキローター、ホース、パッド変更、
    タイミングベルとプーリー変更
    エンジンマウントと 細部まで交換。
    さらにウォーターポンプやパワステポンプを変更し
    ポジション・ライセンス、室内ランプ類をLEDへとアップグレードしている。
    つまり、すぐにでもサーキッドパドックに入ることができる
    極上レーシング・コンディションに仕上げている。

    この並々ならぬ整備は
    フェラーリ・クラシケを目指せる水準と言えるだろう。
    ただこのマシンは
    クラシケ取得レベルでありながら
    さらにサーキット走行での競り勝つ、
    リアルなポテンシャルを選んだということ。
    つまり、コレクションマシンという愉しみと
    サーキット走行で操る愉しみを持っている。

    スーパーカーの代名詞となった
    フロントのリトラクタブルヘッドライト
    空気抵抗を考えたダックテール、 レーシングマシンとスーパーカーの
    設計進化が ひとつとなっている。
    問題は、ただひとつ。
    このマシンを
    コレクションにするか、サーキットに持ち出すかだ。

    その回答の一つとしてリベラーラは提案したい。 他のマシンブランドからフェラーリに乗り換える、
    初めての方にこのF355をセレクトして頂く、
    というのはどうだろう。

    走らせて最高の傑作モデルとして
    F1由来のサーキット性能を堪能するのもよし
    またコレクションとして育て続けるのもよし
    と思うからだ。
    フェラーリというクルマ文化を味わい尽くす一台として
    この一台は孤高の頂点で輝いている。

    Specs & Equipment

    装備詳細

    モデル年式
    1999年
    登録年
    1999(平成11)年2月
    走行距離
    30,680km
    修復歴
    なし
    ビアンコアブスへ色変
    ハンドル
    左ハンドル
    車検
    2020(令和2)年6月
    排気量
    3,500cc
    乗員定員
    2名

    スペック

    ミッション
    F1マチック
    使用燃料
    ガソリン
    ドア枚数
    2ドア
    駆動方式
    MR
    型式
    E-F355B
    車両重量
    1,470kg

    オプションその他

    • 革シート
    • パワーステアリング
    • パワーウィンドウ
    • エアバッグ運転席
    • アルミホイール
    • ABS
    • 正規輸入車
    • 定期点検記録簿
    • フィオラノハンドリング パッケージ
    • Sportsカーボンバケットシート
    • XRシャーシ
    • Fスモール/ライセンス/室内ルームランプLEDへ変更
    • ピレリー P-Zero 4本変更
    • ブレーキ.ローター・ホース・パッド全変更
    • タイミングベルト/プーリーASSY変更
    • エンジンマウント一式変更
    • ウォーターポンプ/パワステポンプ変更済
    • clutch残量80%, 20%使用
    • コーンズサービスセンターによる重整備実施
    • ルームランプ,ライセンスプレート類LEDアップグレード
    • 全長4,250mm 全幅1,900mm 全高1,170mm
    • エンジン 3,495cc V型8気筒DOHC
    • 最大出力 279kW(380ps)/8,200rpm 最大トルク 359.9N・m(36.7kgf·m)/5800rpm
    • ホイールベース 2,450mm トレッド前/後 1,515/1,615mm