Ferrari Testarossa

PRICE:
Photo Gallery

    Impression

    スーパーカーブームの代表的車種として君臨する
    フェラーリ・テスタロッサ
    当時の輝きを今なお放つ、特別な一台が現れた フェラーリ・クラシケを取得した1992年モデル
    そうラストイヤー・マシンだ。

    フェラーリ・クラシケは、
    製造から20年以上経過したマシンに対して
    フェラーリが鑑定書を発酵するシステム。 この鑑定書を得るためには、
    マシンをイタリア本社に持ち込むか、
    あるいは世界各地の認定ディーラーに持ち込み、
    フェラーリが定めた厳しい審査にパスしなければならない。

    審査は、車体番号とエンジン番号の照合から始まり
    あらゆるメカニカルパーツ、インテリア、エクステリアが
    オリジナルパーツもしくはオリジナルスペックに準拠し、
    正常に作動しているか確認する。
    つまり新車出荷時と同じコンディションでなければ、
    鑑定書は得られない。

    このマシンは、クラシケ取得のために
    エアマスユニットをオーバーホールし、
    吸入空気量を最適化させ
    EZパワーステアリングを装着したと言う。
    走行距離7,896kmというコンディションだったからこそ、
    クラシケを取得できたのだろう
    存分に走りを愉しんだマシンならこうはいからだ。

    コレクションモデルのような時間を経てきたことは、
    インテリアを見れば判る。
    使用痕がほとんどない革シート、
    そしてステアリングクラッチやギアの自然な作動
    そこには1992年当時のテスタロッサがいる。

    テスタロッサは非常に繊細なマシンだ。
    それはレーシングカーの要素が強いため、
    部品の耐久性よりも性能を最重要視したセレクトを行っているからだ。
    そこでこのマシンは、EZパワーステアリングを装着した。
    それは、絶対にハンドルの据え切りをしてはいけないマシンなので
    バックで車庫入れを考えステアリングまわりの故障を回避し
    かつ車庫入れなどを楽にするための選択だ。

    380PS/5,700rpmを出す
    水平対向180°V型12気筒エンジンが
    オーナーがイグニションを回すタイミングを待っている。
    そう、このマシンは
    新車時と同じように爆音を放つクラシケ取得済マシンなのだから。

    この20年、
    フェラーリもデジタル化により進化した。
    1992年テスタロッサは
    機械式フェラーリ最終期の完成形モデルと言えるかも知れない。
    このフェラーリの歴史を所有するオーナーは、
    誰だろう。

    Specs & Equipment

    装備詳細

    モデル年式
    1992年
    登録年
    1992年(平成4)年11月
    走行距離
    8064km
    修復歴
    なし
    ロッソコルサ
    ハンドル
    左ハンドル
    車検
    2022(令和4)年1月
    排気量
    5,000cc
    乗員定員
    2名
    ワンオーナー

    スペック

    ミッション
    5MT
    使用燃料
    ガソリン
    ドア枚数
    2ドア
    駆動方式
    MR
    型式
    E-F110J
    車両重量
    1,660kg

    オプションその他

    • 革シート
    • EZ PowerSteeringをインストール
    • パワーウィンドウ
    • アルミホイール
    • 正規輸入車
    • 新車時保証書
    • フルノーマル (クラシケ取得済み)
    • CDオーディオ
    • レザーシート
    • V12
    • ウインドウシール左右変更
    • エアマスユニットオーバーホール
    • タイミングベルト変更
    • クラッチフライホイール変更
    • エンジン及びミッションマウント一式変更
    • フューエル&ウォーターポンプ及びディストルビューター変更 他重整備etc
    • 全長4,510mm 全幅1,970mm 全高1,160mm