海外へ移住すると戸惑うのは薬の購入です。

medical_haichiyaku2

 

日本から持ってきた薬が切れてしまったら薬を現地で薬を調達することになりますがドラッグストアーに行くとたくさん種類があって更に戸惑ってしまう・・・。

 

そのような場合にざっと大まかな薬の効能の違いを把握しておくと選ぶときに便利です。

 

今日はアメリカで売られている胃薬のお話をしたいと思います。

 

 

食べ過ぎなどの場合に胃がムカムカするようになるのは胃酸が過剰に分泌されている状態でそのような場合は制酸薬が適切です。

H2ブロッカーは胃酸が出過ぎて胃の粘膜が荒れている時に適した胃薬でアメリカでは大手スーパー又はドラッグストアーには必ず置いてあるメジャーなメーカーの薬がZANTACです。ZANTACには2種類あり強さが違います。

zantac-40

ZANTAC75-40

 

 

 

次にH2ブロッカーよりも強力な胃酸分泌抑制作用を持ちその抑制作用が長時間持続するのはプロトポンプ阻害薬です。強い薬なので一日1回の服用で強力な効果が得られます。日本では保険適用上、投与日数に上限がありこのプ症状が長引き重症化した場合に処方されてる薬でオメプラゾンやオメプラゾールといった薬です。

プロトポンプ阻害薬で大手スーパーやドラッグストアで購入できるメーカーはNEXIUMPRILOSECです。

PRI

nexium-30

 

 

 

いつまで経っても症状の改善が見られない様であれば病院で診察を受けて適切な薬を早めに処方してもらうことが大切ですね。