日本とアメリカでは交通ルールが違うことがあります。

アメリカでは、「左ハンドルで右側通行」そして「ウィンカーとワイパーは日本と逆」です。もちろん、追い越し車線も日本と逆で左側になります。

また大きな違いといえば、「赤信号でも右折は可能」ということです。赤信号で曲がる前には、必ず一時停止をして安全確認をする必要がございます。

ただし、ここで注意が必要です!

38921415-a-traffic-sign-indicating-no-turn-on-red 2

 

「NO TURN ON RED」の標識がある場合は、赤信号での右折は禁止されてます。曲がるときには、辺りを見回して注意しましょう。

※ニューヨーク市内など一部の地域では、標識有無に関わらず、赤信号の右折は禁止されております。渡米時には、州の交通ルールをきちんと調べておきましょう。

そして、よく「YIELD」と書かれた標識を目にします。

619-07635151 © Masterfile Royalty-Free Model Release: No Property Release: No A traffic sign, an inverted triangle and the word Yield

 

これは「ゆずれ」という意味で、これから合流する道を走る車に優先権があります。という意味です。そのため、「YIELD」の標識の前では徐行または停止をする必要があります。

 

そして万が一、警察に捕まったときには右側に車を寄せて、警察が来るまで「車内で待機」してください。絶対に車の外に出てはいけません。銃社会であるアメリカでは、いきなり拳銃を抜かれる可能性もあるかもしれません。指示があるまでは、車内で待機しましょう。

日本と違う道路環境やルールに最初は戸惑うものです。アメリカでの運転感覚やマナーを身につけて、アメリカ生活を楽しみましょう。