アメリカ国民が愛してやまないMLBがついに開幕しました!

去年はシカゴカブスの歴史的な優勝で幕を閉じたのは記憶に新しいところですね!

最近では敬遠の意思を示せば即座にフォアボールにできるという新ルールが導入されるという話題で持ちきりのアメリカ。

 

そこで今回はMLBならではの暗黙のルール(アンリトンルール)をご紹介!これを知ればよりMLBを楽しめる事間違いなし!?

そもそもMLBでは「対戦相手に敬意を払うこと、そして勝敗に固執しないこと」美徳とされていると言われています。

①ピッチャーは三振を取った時に派手なジェスチャーをしてはならない。

※ポストシーズンなどでは例外もあるようです。

 

②ピッチャーはデッドボールを当てたときに帽子を取って謝っては逆にその冷静な態度が痛がる相手に対し失礼にあたる

 

※日本と真逆の文化ですね。

 

③バッターはホームランを打ったときに打球がスタンドに入るまでをバッターボックスで見送っては失礼にあたる

※超一流の選手は別格のようです。

 

この他にも覚えきれない程たくさんのルールがあるのですが、それらのルールを破ったら故意四球を受ける場合があるというから驚きです!

しかも、乱闘が起こった際には傍観してはならんたいため必ず全員参加になるというルールもアメリカらしいですね。※乱闘は制止しにいく為に皆参加しなければいけないという意味だそうです。

野球ファンなら誰もが知っているアンリトンルール、ぜひ皆様も調べてみてはいかがでしょうか?(小)