日本でもよく聞くオーガニック食品。実は本場アメリカでもその需要は大きいです。

でもオーガニック食品って他の製品とどう違うの?と聞かれると分からない方も多い事でしょう。

今回はそんな皆様に知っていて損のないマークをお教え致します!

アメリカのスーパーに行って良く見る「USDA ORGANIC」。

これは米国農務省(USDA)の認可を受けた認定機関が審査を行ない、オーガニックと認められるとこのマークを付ける事が出来ます。

ただその審査基準は非常に厳しく以下をクリアする必要があります。

●無農薬で3年以上栽培された土壌から収穫された食物であること
●遺伝子組み換え無し
●土、水も厳格な基準をクリアしていること
●家畜は有機食品を食べていること
●納屋の外へ自然環境へのアクセスがあること
●成長ホルモンや抗生物質不使用であること
●薬品を使う農家とは定められた距離を置くこと  

更にその中で全成分の95%以上をオーガニック原料で作られたものにのみ「USDA ORGANIC」を添付する事が許可されています。

 

12509929173_745f5968d3_b

 

 

 

 

 

実はこういったマークが食材を買う際には大きな助けとなります。私も肉を買う時などはよく参考にします。

以前紹介させて頂いたオーガニックスーパーの商品にはほとんどこちらのシールがついております!

ぜひ食材を買う時に何を買って良いか分からない方はこのマークを参考にしてみてはいかがでしょうか?(小)