アメリカでの生活で、
住まいも気にされる人は多いと思います。
 
ダウンロード
 
日本においても様々なアパートメントで生活してきた私も、
アメリカのアパートメントとの仕様の違いに気づきます。
 
・照明が天井にない
照明については基本間接照明のようで、
リビングには天井照明がありません。
ですので、スタンドライトなどをいくつか用意する必要があります。
 
・玄関のドアが二重
日本でアパートメントのドアが二重は殆どないかと思います。
その分、エントランスもなく、オートロックもない所が多いので、
防犯上なのかもしれません。
 
・部屋に洗濯機がない
アパートメントのような共同住宅には、
部屋に洗濯機がありません。
その分、大体1階部分にコインランドリーがあります。
大体一人暮らしなら一週間貯めても大丈夫なサイズです。
1回$1.5程です。
ただしクォーターしか使用できない場合が多いです。
当然、1回まわすのに6枚必要です。
 
・ドアに上下二箇鍵穴がある
そのままなのですが、二箇所あることが多いです。
しかも二箇所とも同じ鍵なので、
防犯上意味があるのかなという疑問が沸いてきますが、
その分ピッキングされにくい鍵になっているようです。
沢山鍵を持ち歩かなくても良いという利点はありますね。
 
仕様は同じだけど、やっぱりそうかと感じるもの
・シャワーの水圧が弱い
・冷蔵庫の基本的なサイズが大きい
・コンロと一体型のオーブンが付いている
 
8846048083_032fbaacde_o
 
逆に意外と日本と同じような仕様だったものは、
・コンセント
変圧器などが必要なのかなと思いきや、
意外とそのまま使えます。
挿入する際に左右の向きがあるようです。
ただし、ドライヤーなどの大きな電圧が必要な電化製品を使用する場合は、
注意が必要です。
 
などなど日本とアメリカの住まいについては、
多少の違いはありますが、
そこまで大きな支障はない範囲と言えるでしょう。
 
アメリカのアパートメントを探す、借りる際の、
便利なポイント!のような親切なサイトもあるようなので、
是非参考にしてみてはいかがでしょう。